アメリカにもボーナス制度はあるの?

アメリカにもボーナス制度はあるの?

基本的には夏と冬の年2回支給される場合が多いボーナスですが、企業によっては年1回や年3回といったところもあります。また、近年は不景気のせいもあって、もともと制度として導入していない場合も多くなりましたよね。実はこのボーナス制度、日本独特のシステムなんです。日本では1人あたり平均36万700円も貰っているそうです。では、海外のボーナスってどうなっているのでしょうか。海外のボーナス制度についてご紹介します。

続きを読む >>
スーツの慣習ーアメリカと日本ー

スーツの慣習ーアメリカと日本ー

「日本のサラリーマンはいつもスーツを着ている」「なぜ夏の暑い日にスーツを着ているのか?」。日本を訪れたことのある多くの外国人が、日本のサラリーマンに対してこのような印象を抱いています。スーツでの通勤は私たちにとっては当たり前の光景ですが、一歩海外へ出ると、そこはビジネスの場であっても、日本よりずっとカジュアルな格好の人ばかりです。

続きを読む >>
provide と give の違いについて

provide と give の違いについて

「provide」 という単語を使ったことや耳にしたことはありますか?「provide」 は基本的な動詞なので日常会話でよく使われていますが、なかなか使いづらい、使い方が分からないという人もという人も多いのではないでしょうか?

続きを読む >>
アメリカのビジネスマナー

アメリカのビジネスマナー

「郷にいれば郷に従え」という言葉があるように、海外で名刺交換をする際は、海外の作法に合わせる必要があります。今回はアメリカのビジネスマナーについてご紹介します。

続きを読む >>
特殊な時間の言い方

特殊な時間の言い方

英語で7時15分をなんと言うかすぐに分かりますか?英語では「quarter past seven」と答えます。また、「seven fifteen」と数字のみで簡単に表す方法や、「fifteen after five」と「after」と「before」を使うパターンもあります。

続きを読む >>
海外と日本の単位の取り方の違い

海外と日本の単位の取り方の違い

ダブルメジャーという言葉を聞いたことがありますか?日本ではあまり知られていませんが、これは専攻を2つ取ることです。ダブルメジャーの学生は、卒業時に2つの専攻において学士号が取得できます。学びたいことが2つ以上ある場合、ダブルメジャーの制度はありがたいですよね。

続きを読む >>
その日本語、英語でなんて言うの?

その日本語、英語でなんて言うの?

英語に直訳できない日本語フレーズ 普段日本語で使っている様々なあいさつや呼びかけ言葉。「英語でなんて言うんだろう?」と考えたことはありませんか? 今回は、ニュアンスや文化的背景を含んだあいさつや呼びかけ言葉が英語ではどのように表現されているのかに注目してみましょう。

続きを読む >>
日本とアメリカのフィギュアスケートの違い

日本とアメリカのフィギュアスケートの違い

日本でフィギュアスケートはとても人気のスポーツですよね。筋肉の質の違いもあり、ほっそりした体型のアジア人が、実は、フィギュアスケートに向いていると言われています。実際、全米選手権の出場者を見ると、アジア系が増えており、1989年からの世界選手権の女子の優勝者は、約70%がアジア系で占めています。アメリカのフィギュアスケートはどうでしょう?

続きを読む >>
幼稚園で教わる英語の歌

幼稚園で教わる英語の歌

幼稚園で教わる歌 「大きなくりの木の下で」「げんこつ山のたぬきさん」など、幼稚園で習った日本人誰もが知っている歌ってありますよね。英語教育強化の方針により、小学生から英語を取り入れるということが2013年に発表されました。それに伴い幼稚園での英語教育の導入も増えています。幼稚園での英語は、上達する・教育するというよりも英語を楽しむ、慣れ親しむというのが目的の場合が多いようです。

続きを読む >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 29