海外留学や英語に興味があるなら、英語の勉強だけじゃなく海外カルチャーの勉強にも力を入れて欲しいです。なぜなら現地で友達を作るときに英文法の話なんてしないでしょう?? 音楽は最も盛り上がりやすい話題の1つです。今回は最近人気のあるイギリスのミュージシャンを紹介します。

If you’re interested in English or studying abroad, it’s good to not only study English itself but to have an understanding of the culture. Because…what will you talk about with your friends there? Music is an easy topic that everyone can contribute to. This time, we’re here to introduce to you some British musicians!



American artists tend to dominate the music charts around the world. This doesn’t mean that there aren’t great musicians in other countries though. The UK for example is full of some great talent. I’m not just talking about One Direction or Sam Smith. Only one of those is worth listening to…Anyway for those of you interested in the UK music scene or just wanting to freshen up your music library, here are some British artists you should check out!

Marina & the Diamonds / マリーナ・アンド・ザ・ダイヤモンズ


マリーナはウェールズ出身のシンガーソングライターで、ほとんどがエレクトロポップです。彼女は『The Family Jewels』、『Electra Heart』、『Froot』の曲が含まれている三つのアルバムをこれまでに出しています。彼女のアップビートな音と曲以外にも、彼女の歌詞は失恋の曲や複雑な恋愛関係を歌ったものが多いです。彼女にはクラシックなスタイルの美しさがあって、歌詞を書く際やミュージックビデオの中でも少しぐらいはキチガイになってもいいや、という人です。彼女が何を歌っているかはさて置き、人生に明かりを灯してくれること間違いなし!

Marina is a Welsh singer-songwriter that mostly deals with electropop. She has released three albums so far which consist of “The Family Jewels”, “Electra Heart”, and “Froot”. Despite the upbeat sound of her songs, she often deals with themes of heartbreak and the twists and turns of relationships. She has a classic style of beauty, and isn’t afraid to get a little weird in her music videos and song writing. Regardless of what she’s singing about, she is sure to both give you life and the feels.

Disclosure) / ディスクロージャー)


Disclosure はイギリスのエレクトロデュエットで、ハウスミュージックとシンセポップを主にやってます。また兄弟でもあるんです。2010年にデビューして、ビッグアーティストであるロード、サム・スミス、ザ・ウィーケンド、またメリー・ジェイ・ブライジなどとコラボをしています。彼らの音楽のスタイルはクラブで踊りたくなる感じが多いです。一番最新のアルバム『Carnal』は9月末にリリースされたばかりです。ノリノリになりたければ、是非 iTunes で買ってね!

Disclosure are an English electronic duo that do a lot of house music and synthpop. They also happen to be brothers. Since their debut in 2010 they have collaborated with a number of big artists including Lorde, Sam Smith, The Weeknd, and Mary J. Blige. A lot of their stuff is the sort of music you’d love to dance to in clubs. Their latest album, Carnal, just released at the end of September. Buy it off iTunes if you want to get your groove on!

Lianne La Havas

Unstoppable (Official Video)

イギリスソウルを持ってて、芯のある声の持ち主を探しているのなら Lianne La Havas を聞いてみてください。ロンドン生まれのフォーク・ソウルシンガーの Lianne は現在スタジオ・アルバム2枚も出しています。初期の頃、彼女はイギリス歌手の Paloma Faith のバックアップとして活動していましたが、Bon Iver の2011の北アメリカツアーではオープニングアクトとして一緒に回っていました。最新のアルバム『Blood』はお母さんと一緒に行ったジャマイカ旅行から生まれました。彼女のジャマイカとギリシャが混ざった血筋や自分のアイデンティティを、愛や居場所を探しながらハッキリさせたいんだという気持ちを表現しています。

If you’re looking for someone with a bit of soul, and a powerful set of vocal chords, give Lianna La Havas a listen. London-born folk and soul singer Lianne has two studio produced albums out. She started off singing as backup vocals for British singer Paloma Faith, and later was the supporting act for Bon Iver‘s North American tour in 2011. Her latest album, “Blood”, came about from a trip to Jamaica with her mother. It is an expression of her mixed Jamaican-Greek heritage and figuring out her identity through experiences of love and belonging.

Years & Years / イヤーズ・アンド・イヤーズ

King (Official Video)

Years & Years はロンドン発のシンセポップトリオです。このグループは2010年から活動していますが、去年やっとメインストリームへの進出を果たしました。デビュー・アルバム『Communion』にはイギリストップチャートまで行ったシングル2枚が含まれています。俳優としても活動しているボーカリスト、Olly Alexander はイギリスで数少ないオープンゲイとして活動しているポップスターです。キャリアの始めからオープンであり、他にもゲイの歌手に曲の中で男の代名詞を使うことをサポートしています。業界ではまだこれを受け入れることに頑張らないといけませんが、彼はこれを『Communion』のデラックスバージョンで2曲も入れました。

Years & Years is a synthpop trio hailing from London. While the group has been performing since 2010, the band didn’t achieve mainstream success until this year. Their debut studio album, Communion, features two singles that reached the top of the UK music charts. Besides being a seasoned actor, vocalist Olly Alexander is also known as being one of the few gay pop stars in the UK. He has been open since the start of his career and is a big supporter of gay singers using male pronouns in their songs. While the industry still has to learn to accept this, he managed to do this in two of his songs on the deluxe version of Communion.

Florence and the Machine / フローレンス・アンド・ザ・マシーン

Shake It Out

Florence and the Machine はインディーズのロック・バンドで、リードボーカルはかなり迫力のある人です。Florence は2007年にこの業界に入り、鳥肌が立つほどの声の持ち主です。彼らの曲はドラマチックで、失恋混じりだけど、勇気づけられる曲ばかりです。アルバムを3枚リリースして、一番最新のアルバムは今年出しました。その前のアルバム『Ceremonials』は2011年にリリースされて、水、死、と逃避をテーマにしてました。新しいアルバムは、この世界を愛し、共に生きることを知ろうというメッセージがあります。『How Big, How Blue, How Beautiful』から3曲も YouTube チャンネルにアップされていて、彼らの芸術を目で見られるように表現されています。

Florence and the Machine are an indie rock band and their lead vocalist is a force to be reckoned with. Florence has been in the industry since 2007, and has the kind of voice that gives you chills. Their songs are often dramatic, heartbreaking, and empowering all at the same time. They have produced three studio albums; the latest of which was released this year. Their prior album, Ceremonials, was released in 2011 and dealt with themes of water, death, and wanting to escape. Their new album is about trying to learn to live and love in the world. Three songs from “How Big, How Blue, How Beautiful” are featured on their YouTube channel, and piece together a visual masterpiece that truly displays their artistry.


I hope you were able to find some new favorite jams from this list. Are their any British artists you think we should check out? Let us know!

~ Thomas