海外に行くなら知っておくべきテーブルマナー アジア編

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界には様々なテーブルマナーが存在します。その国ごとに独特の作法があり、日本で当たり前のことが失礼な振る舞いにもなったりします。2 回にわけて紹介していきますが、1回目はアジア編です。

Table manners vary throughout the world. Depending on the country, there are specific rules, and things that you believe are normal in Japan may be something rude in another country. We will be bringing you this in 2 parts with the first being Asia!


dining 1 copy

旅行が好きな人やこれから旅行をしようと考えている人たち、または留学を考えている人たちに向けての豆知識です!どこかの国へ行く際には必ずその国の礼儀やマナーの理解を深めて行くことが大事です。リサーチを怠けたりとか無知のままその国へ行ってしまって、現地の人を怒らせたくはないですよね。
私が知っている限り、多くの人が旅行をする際に楽しむものは食べ物です。それに従って、日本人が訪れるのが好きなトップ10の国のマナーの紹介をこれからしようと思います。始めはアジアの国に焦点をあてます。これを見る事で、そういった国を訪れる時にはちゃんと知識を持ち合わせていることになるし、少なくとも、テーブルマナーで失礼な姿を見せなくて済むよ。

For anyone who likes traveling or is planning on traveling or studying abroad, here are some tips!
It is always important to be courteous and understanding of the different mannerisms for each country you visit. The last thing you want to do is offend the locals because you were too ignorant to do a little research before visiting.
One thing that I know many people enjoy is food. So, going with that, I’m going to introduce some basic dining rules for the top 10 countries that Japanese people like visiting, this is the first installment that focuses on Asia! That way, if and when you visit, you will be prepared, at least, by not being rude at the dinner table.

Korea/韓国

korea

韓国では、スープやご飯の茶碗を手に持つことは失礼だとされています。テーブルに置いたままにしておくこと。他のアジアの国では顔に持ってくることが礼儀だとされています、我慢してくださいね。韓国ではみんなとシェアをする前菜が何皿も出てきますが、ソースに「二度つけ」することや全ての食べ物に直箸で触れることはすごく失礼なことだとされています。もし、誰かがお酒を差し出したら、拒否はしないこと、特にそれが年上の人の場合には…お酒に関しては、まず年上の人や他の人にお酒を注いでから自分のお酒を注ぐこと。もし、年上の人がお酒を注いでくれた場合、コップを両方の手で持ち上げること。これは、テーブルにある全てのものを回す場合にも同じ事が言えます。

In Korea, it is considered rude to hold bowls of soup or rice. Make sure you keep it rested on the table, even if you’re tempted to pick it up and bring it closer to your face as it is considered polite in other Asian countries. Due to the numerous communal side dishes served in Korea, it is very rude to “double dip” and touch everything while getting your food. If someone offers you an alcoholic drink, don’t refuse it, especially if it’s from an elder, as this can be quite offensive. On the topic of alcohol, make sure to always pour for others and your seniors before pouring your own drink. And if a senior pours you a drink, make sure to hold the cup with both hands, as this should be done with anything being passed around the table.

Thailand /タイ

thailand

タイ料理は私個人的にも大好物ですが、正直こういう全てのテーブルマナーについてはそこまで知りませんでした。でも、この記事はそのためにあるものでしょ?みんな学ぼう!
タイで食べる時には、全ての食べ物を小皿に取り分けるようにしましょう。おかわりは無制限ですが、自分に沢山取ってしまうと、他の人が食べれなくなる可能性が出てきて、それは失礼なので控えましょう。お箸は中華麺を食べる時にしか使われません。主に使われるものはスプーンです。フォークを使って口に食べ物を運ぶのはとても失礼なことにあたります。代わりに、フォークを左手で持ち、それを右手に持っているスプーンに食べ物を乗せるようにしましょう。また、もち米を食べる時は手で食べますが、もち米は強く押して、ソースにつけるようにしましょう。
他のアジアの国と同じように、年功序列はとても大事です。最も年上の人が食べてもいいという合図を出すまでは、食べ始めてはいけません。また、左手を使って食べたり取り分ける用具を持たないようにしましょう。左手は「汚い手」として見られています。ごめんね、左利きの人たち。

Thai food is one of my personal favorites, and I’ll be honest when I say I didn’t know all of these table manners. But this is what this article is for, right? Educating everyone!
When eating in Thailand, make sure that you take small servings of each dish. Refills are unlimited, but by taking too much for yourself could possibly prevent others from having a bite, which is rude. Chopsticks are only used for Chinese styled noodles in Thailand, and the main utensil that is used is a spoon. Never use a fork to carry food to your mouth as this is also considered rude. Instead, hold the fork in your left hand and use that to push food onto your spoon, which you’ll use to carry food to your mouth. Also, when eating sticky rice, you use your fingers by compressing the rice and dipping it in the sauce.
As most Asian countries, seniority is very important. Do not start eating until the most senior member has signaled that it is time to eat. Also, avoid using your left hand to eat or when handling communal utensils. The left hand is always considered the “dirty hand”. Sorry lefties.

Singapore /シンガポール

singapore

シンガポールはとても独特な文化が混ざり合っていて、様々な食が楽しめます。現地で食べるものはフォークとスプーンを使います。ナイフは既に食べ物が切られているケースが多いので使うことはありません。タイと同様に、フォークはスプーンに食べ物を乗せるために使い、そのスプーンを口に運びます。 お皿に盛られているご飯を食べる場合を除き、お箸は中華料理を食べる時に使います。これがスプーンを使う場合です。でも、もしご飯がお茶碗に入っている場合には、お箸を使って口にご飯を運びます。インド料理か、マレーシア料理を食べているときは、手を使いましょう。さらには、右手を使いましょう。左手は「汚れている」とみなされています。もしくはフォークかスプーンを使いましょう。
また、魚料理を食べている時は、お皿を回したりしないで、もともと置かれていたお皿の位置を変えないようにしましょう。

Singapore has a unique mix of cultures and you can experience many different cuisines. For the local dishes, you use a fork and spoon. Knives aren’t used as most of the food is cut up if necessary. Like Thailand, the fork should only be used to push food onto the spoon, which is what carries your food. Chopsticks are used for Chinese food, unless you are eating rice off of a plate. That is when you use a spoon. But, if the rice is in a bowl, use your chopsticks to shovel the rice into your mouth. When you eat Indian or Malaysian food, you may use your hands. More specifically your right hand as your left hand is tainted. Or, you will be using a fork and spoon.
Also, when you are eating fish, make sure that you do not turn the plate and eat it from the position in which the plate was placed in front of you.

これらの豆知識を使いこなせますように!こういう国へ旅行へ行くときには、マナーを守るようにね!
召し上がれ!

I hope you were able to take away from these tips! Make sure to follow these manners when you travel to these locations!
Bon appetit!

~Junko