素直に愛情表現してますか? と問いかけられる動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近も取り上げたBuzzFeedで両親を失ったときのことを語る動画があります。いつか来ることに対して今できることをやろう、という気持ちにさせれらます。ちょっと重いテーマですが考えてみませんか?

Recently, BuzzFeed put up a video about losing a parent. It makes you realize that it’s something that will happen and there are things you can do now. It’s heavier than our usual content, but why not think about this a little bit?


Slack for iOS Upload-1

時間の流れは人によってそのスピードが速く感じられることがあります、私たちが予期していたよりも早くに、もう「さようなら」を告げなければならないのか…という様に。3歳であっても56歳であっても、年齢は関係の無い話です、そしてその苦しみにも変わりはありません。すぐには感じられないものです…当たり前の存在が突然居なくなるということを。心にぽっかり空いた穴。この心に空いた隙間は一生残ります。

Sometimes, time moves faster for others, and we are placed into situations where we must say our farewells long before we expected to. Whether you’re three years old or 56, it doesn’t matter, it is still painful. It doesn’t always hit right away. When someone is so constant in your life, and then they are suddenly…gone. This space that has been left in your heart. That void that will stay with you forever.

愛する人を亡くすとそれがトラウマになります。
病気でいる姿を見ること。
苦しんでいる姿を見ること。
別人のように変わっていく姿を見ること。
徐々に息絶えていく姿を見ること。
もしくは何も見ることはない、か。

It is traumatic to lose someone you love.
Seeing them sick.
Seeing them suffer.
Seeing them become someone else.
Seeing them slowly disappear.
Or you don’t see anything.

いつ私たちの愛する人が亡くなってしまうのかは、解りません。今日かもしれないし、明日かもしれない、一年後かもしれない。でも、残念ながら人生を生きていく上では避けられない現実です。

We never know when our loved ones can be taken away from us. It may be today, tomorrow, or a year from now. But, unfortunately, this is something that is going to happen in life.

私は完全にそういう現実が理解できている、とは断言出来ません。でも父親が帰ってきた時に、祖母がベッドで亡くなっていたことを知った時のあの表情は忘れられません。当時12歳だった私でしたが祖母にずっと面倒を見てもらっていました、私を甘えさせてくれたたことに対して「ありがとう」を祖母にちゃんと伝えられなかったことに、私は計り知れない程の後悔を感じました。

I can’t fully say that I can understand. But the look on my fathers face when he came home to my grandmother who had passed away in her bed, is something I cannot forget. And even at twelve years old, I felt the immense regret of not telling my grandma thank you for all the years she took care of me and spoiled me.

日頃からちゃんと親に感謝の気持ちや愛を伝えず、それを後悔をしている人の話を聞きます。もっと一緒に時間を過ごして親孝行すればよかった、と。こうすれば良かった、ああすれば良かったという様に。

There are always stories about people who talk about how much they regret not telling their parents how much they love them and how thankful they are. How they wish they would have spent more time with them. Had done this or that.

「何かを始めるのに遅すぎるということは無い」という言い伝えはあるけど、それは嘘です。遅すぎる時もあります。時間を戻して何かをやり直すことが出来ない時もあるのです。

There’s a saying that says “it’s never too late” but the thing is, that’s not true. There are times when it is too late. There are times when you can’t go back and re-do something.

お母さんやお父さんに「愛してるよ」と言うのは照れくさくて恥ずかしいことかもしれません。ウザいと感じるお姉ちゃんにさえどれだけ気に掛けているかなんていうことも言いづらいかもしれません。でも、恥と後悔を比べたら恥なんてちっぽけなものですよ。それに、正直な気持ちを声に出すことのどこが恥ずかしいの?

You might feel bashful or embarrassed to tell your mom and dad you love them. To let your annoying older sister know how much you care about her. But when you compare the weight of embarrassment to regret, I think that it’s much easier to get over being embarrassed. Plus, why is it embarrassing to admit your honest feelings to them anyways?

私は何も後悔したくないです。だから母親との関係を再生させました。だから父親とも頻繁に連絡を取っています。それは、ちゃんと私が両親のことを気に掛けているよ、ということを知っていて欲しいから。過去がどんなものであったとしても。

I don’t want to regret anything. And that’s why I rekindled and built up my relationship with my mom. That’s why I keep in contact with my dad regularly. Because I always want them to know that I care about them. No matter our past.

実際、両親のこと気に掛けているから。愛しているから。私たちが一緒に過ごす時間をもうこれ以上当たり前と思いたくないから。

Because I care about them. Because I love them. And I don’t want to take our time together for granted anymore.

あなたもね。今ある時間を無駄にしないで下さい。家族の事を知ってください。友達のこと知る時のように、家族を知ろうとしてください。過去を聞いてみたり、どんな夢があるのか、何でも。普段なら絶対にしないような質問をしてみたり。家族は大事にしないとね。

And you shouldn’t either. Don’t waste the time you have now. Get to know your family. Get to know them as if they were your friends. Ask them about their past, their dreams, anything. Ask them a question that you never would ask them regularly. Cherish your family.

~Junko~