海外で話題の出来事をお届け! Listn.me ニュース 9/15

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本であまり取り上げられない海外の話題を紹介しますよ。今日の3本は
・DVから逃れるためのお助けサービス登場
・夜の一人歩きから身を守るアプリ
・「デブに告ぐ」と題した動画で YouTuber が大炎上!
です。

This is our segment where we introduce news that hasn’t yet come to Japan! This time we talk about…
・A moving service that helps you get out of abusive relationships
・An app that will protect you while walking home alone
・”Dear Fat People”


やぁ、みんな。今回のListn ニュースなんだけど僕、Thomas が筆を執らせてもらったよ。ここ最近のタンブラー界における旬になっているアメリカのホットトピックを紹介します。

Hey folks. I, Thomas, will be taking over Listn News this time. Here are some hot topics in America for you fresh from the Tumblr-verse.

Meathead Movers / Meathead Moversという活動家たち

Slack for iOS Upload-2

恋愛って時として苦しい方向へと進んでしまう事ありますよね。付き合ってる人が思っていたような人じゃなかったりして。暴力的な恋愛なんて笑い事にもなりません。それと、その状況から抜け出すのも簡単なことではありません。暴力を受けている人がそういった関係から離れられない理由には様々なものがあります。身の安全のためかもしれないし、有毒な関係にあることすらそんな筈はないと否定さえしてしまうのかもしれませんし、もしくはお金の問題なんかもあるのかもしれませんし。この問題はアメリカ特有のものではありません。僕は日本の人気ドラマ『ラスト・フレンズ』を高校の頃に見たことあります。ドラマの中でこういった関係の人たちがいました。主人公の藍田美知留が彼氏の部屋に引っ越したのですが、彼から受ける暴力の被害者となってしまうのです。パートナーと一緒に住んでいると、このような状況から抜け出すのは特に難しくなります。

Sometimes relationships can go sour and the person you’re with isn’t who you thought they were. Abusive relationships are no joke, and getting out of them can be tricky. Many things can keep a person from leaving an abusive relationship. It can be the fear of personal safety, denial that they are in a toxic relationship, or sometimes finances. This issue is not unique to America. I remember watching popular J-drama, Last Friends, back in high school which included this type of relationship. The character, Michiru Aida, moved in with her boyfriend and then becomes a victim of domestic violence. It is especially difficult escaping this kind of situation when you live with your abusive partner.

カリフォルニアを拠点とするMeathead Moversは、このような状況に閉じ込められている被害者がそういった状況から抜け出せるための支援を無料で行っています。実は1999年からこのサポートはあったのですが、今になってネット上で広がりを見せ始め、今ではLAにまで進出しています。AaronとEvan Steed兄弟は地元のサン・ルイス・オビスポで10代の頃から活動をしています。彼らは、この状況から抜け出したいと必死で助けを求める女性や母親たちからの電話を受けるようになりましたが、依頼者は経済的にも窮地に陥っているためにそのサービスを受けるにあたって支払いをする事が出来ない、ということもありました。虐待を受けている女性たちからの申し出は何でも受けるということそれ以上に、Steed兄弟は無料で彼女たちを手助けをすることに専念しました。

California based Meathead Movers are a company that aids those trapped in these kinds of relationships and provides them with a way out for free. They’ve actually been helping people since 1999, but only now are getting a most welcomed signal boost across the interwebs as they expand their operations in the LA area. Brothers Aaron and Evan Steed started working as movers in their hometown of San Luis Obispo when they were teenagers. They would receive calls from desperate women and mothers looking to move, but unable to pay for the services because of being financially cut off. Rather than accepting whatever the abused women could offer, the Steed brothers decided to help them for free.

Meadhead Movers は活動拠点である街のDVシェルターや法律事務所とも繋がっています。これにより、その時に取ることのできる最善な方法で被害者支援をすることができますし、その資金でもってそういった被害者たちの再自立支援も可能となるのです。
どんな仕事であっても必要な人がいれば手伝う方法というのはあります。こういった活動が世界中に広がっていって、今最も助けを必要としている場所で人に惜しみない支援が行き届くようになったらいいなと僕は心から願っています。

Meathead Movers connects with a local domestic violence shelter and law enforcement in every city they operate in. This way they are best able to assist victims and provide them with resources to get them back on their feet. Regardless of what sort of work you do, everyone can find a way to help those in need. I can only hope that more moving companies and businesses around the world become this generous in providing help where it’s sorely needed.

Companion App / お供アプリ

Slack for iOS Upload-1

日本は割と安全な国ですけど、夜遅く女性一人で帰るのはたまに怖いですよね。数人で歩くのが一番良いけど、それがいつも可能とは限りませんよね。それがデートなのか、近所を歩きまわるだけなのか、危ない状況に遭遇する危険性は常にあります。それで身を守る為に警戒したりそういった護身用の道具がありますが、もし力勝負になったら、誰が助けてくれるのか?

While Japan is a relatively safe country, walking home alone at night can be a scary thing for women in many places. It’s always best to walk in groups, but sometimes this isn’t possible. Whether you’re going out on a date, or just walking around in a neighborhood you don’t know, there’s always the chance that you will end up in a dangerous situation. There are a number of precautions and personal safety devices you can use, but if you are overpowered who will be able to help you?

ミシガン大学の生徒たちが一人でいる時用に特別な護身用アプリを開発しました。殆どの人がスマホを持っているこの時代、この コンパニオンアプリは最低限の身の安全を守るにはとても最適なアプリです。一人で歩いてる時も友達に通知できますし、今どこに居るのかも教えられます。もしコースからズレていたり目的地に辿り着けていないとなった場合は、アプリでそういった状況を感知して、当事者が状況困難であれば助けを呼ぶことも出来るんです。

A few students from the University of Michigan created a new app to give you some extra protection while you’re out and about. Many people have smart phones these days, and the Companion app is a great way to keep you a little safer. The app allows you to notify your friends when you’re walking alone, so they can track your movement. If you go off course or don’t make it to your destination, they will be able to see this and call for help if you aren’t able to.

Companion – Never Walk Home Alone / 一緒にいるよ – 帰り道もう一人じゃないよ

このアプリには便利な機能もついていてます。例えば、もし少し不安に思った時なんかに友達にすぐに知らせられるボタンや、すぐに警察と繋がれるボタンなどあります。もし自分のルートから離れすぎている場合にも、ポップアップで大丈夫かどうかアプリの方から確認してくれます。そこで「大丈夫」というボタンを押さなければ、このアプリで繋がりのある友達や家族全員に通知が送られてしまいます。アプリ持っていなくても。自分の電話の中に入ってる人なら誰でもこのアプリ内のコンパニオンに設定できます。本当の解決法は女性をレイプしないように男性にちゃんと教育することだと思いますが、このアプリは身の安全のためのツールとして最高だと思います。

The app also includes some useful functions like a button to notify your friends if you’re feeling nervous about something or another one to instantly call the police. If you go too far off your route, there is a pop up that asks whether you are OK. If you are unable to hit the button saying you’re fine, all of the friends and family you are connected to in the app will be notified. You can set anyone in your phone contacts to be a companion in the app even if they don’t have it installed. While the real solution would be to teach men not to harm or rape women, this app certainly is another great tool for personal safety.

Dear Fat People / デブに告ぐ

Slack for iOS Upload-3

数週間前に Nicole Arbour っていうユーチューバーが「Dear Fat People(おデブさんたちへ)」っていう動画を出して、それが急激に広がり、物議を醸しました。彼女のチャンネルとその元になった動画へはここでは直接リンク貼りません。だって彼女の活動をビュー数とかトラフィックでサポートしたくないし。その内容を簡単にまとめると、彼女はデブな人が嫌いでデブほど恥さらしなものはこの世にはないよ、と言っています。6分間の動画中で彼女はしきりに、デブな人は怠けているだとか、デブは何やっても無駄だとかっていう発言をしているんです。デブになるのは怠けていたりだとかその食生活のせいなんだ、と彼女は一方的に決めつけちゃっているんです。

A couple of weeks ago, a Youtube video by Nicole Arbour titled “Dear Fat People” went viral. I’m not going to link to her channel or the actual video because I don’t want to support her or give her more views than she deserves. Basically the video was all about how much she dislikes fat people and that she thinks there is no such thing as fat shaming. Through the six minutes of the video she continually portrays fat people as being lazy and invalidates their struggles. She insists that it is the laziness and eating habits of fat people that makes them the way they are.

Nicole Arbourの動画は太っている人のネガティブなイメージを永きに渡って残すだろうし、デブイズム(例:race/racists/racism)をサポートして、自分の身体のイメージに悩む人や鬱病、摂食障害で苦しんでいる多くの人を傷つけたはず。多くのユーチューバーや世界中にいる人たちが彼女の痛々しい言動に対して、そのレスポンス記事だったり動画だったりをアップし始めました。特に影響力のあるフィードバックは自身の持つ体のイメージに対して辛い思いをしたという個人の経験談や、自分の体が原因となって起こったイジメなどを乗り越えてきたといった本人たちからのものでした。

Nicole Arbour’s video perpetuated negative stereotypes of fat people, supported fattism, and probably hurt countless individuals suffering from depression and eating disorders due to their body image. Many Youtubers and people from around the world started posting articles and videos in response to her harmful words. Some of the most heartfelt responses came from people that talked about their personal journey in coming to accept their bodies and all of the hate they’ve encountered because of it throughout their lives.

太っている人を恥さらしにするというのは実在する問題で、それがずっとはびこっているような世の中に僕達は住んでいます。太っている人はブサイクだ。太っている人は痩せてる人より価値がない人間だっていうような考えがあるみたいです。みんなの頭の中に入れておいて欲しいことは、この世の中には健康的な食生活を送って運動をたくさんしても、遺伝子が違うために他の人とは同じ結果を出す事が出来ないという人もいます。代謝の機能は変えられないものです。だから、色んな体や体型を受け入れるような世界を作り出すべきですよね。アンチではなく、愛を広げましょうよ。

Fat shaming is a real thing, and we live in a world that perpetuates the idea that fat is ugly and that fat people are worth less than those who aren’t. It is important to realize that some people can have a healthy diet and exercise a lot, but still not be able to get the same results as someone with different genes. No one can really change their metabolism so instead we should all work to create a world that is more accepting of all body types and spread around ideologies of love rather than hate.

みんなは、どんなニュースを最近耳にしましたか?重大な世の中の動きだとか出来事が世界中で起こっています。国内のテレビニュースや新聞だけを信用しちゃいけないよ。色んなところで自分で調べるのが一番いいよね!

What news have you heard lately? Important movements and events are happening all over the world. You can’t trust your local TV station or publications to tell you everything, so it’s good to go out and do some reading for yourself!

~Thomas