そのファッションはアリ?ナシ? 文化の盗用問題を考えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代ファッションの多くは他の文化からの影響を受けて創作されていますが、文化の盗用 ( cultural appropriation ) という言葉が話題になっているように、どこまでが許容範囲なのか?という議論が最近もアメリカのセレブの間で起こりました。日本にいると意識しずらい問題ですが、どんなものなのか紹介しますね。

A lot of the fashion today comes from cultural influences, and because of this cultural appropriation has become a word you often hear. How far is too far? This is a conversation that has been occurring amongst even celebrities. While this isn’t a big problem in Japan, we are here to introduce it to you!


最近ソーシャルメディアによくでてくる「文化の盗用」というフレーズ。どういう意味なのでしょうか?文化の盗用とは、盗用をしている側が活用している文化の深い意味を知り得ていないときに起こるものです。もし、異国の文化に興味を持っていて、充分にその文化の背景を理解しているようであれば、問題はありませんよ。しかし、もし無知であったり、文化を勝手に自分の娯楽のために起用して神聖なる文化の意味を覆したり、不敬が働くようであればアウトです。日本は宗教によってライフスタイルが形作られている人を見る機会が少ないですし、単一民族的な社会の中で生きているので多様性を目撃することがそこまでありません。だからといって、気にしなくてもいい問題ではなく、すべての人、すべての場所においてこの問題は知っておくべきなのでチェックしてください!

Cultural appropriation has been a phrase buzzing around social media for a while now. What does it mean? Cultural appropriation occurs when the appropriator is not aware of the deep significance of the culture they’re partaking in. If they UNDERSTAND the importance of it, it’s cool, but if they’re ignorant and violating the sacred meaning of the culture, it’s not cool at all. Even though in Japan most people do not form their lifestyle around religion, and we live in a homogenous society where we are not exposed to diversity so often, it is still an issue that everyone and everywhere should be knowledgeable of.

Photo: Megumi

Photo: Megumi

Native American Culture/ネイティブ・アメリカンの文化(アメリカン・インディアン(先住民))

実はこの夏日本のポップカルチャーでも一躍ブームになっている、羽根のアクセサリー、ヘッドドレスなどインディアンっぽいインディー風のファッションがあります。いくつかの日本の若い女子向けの雑誌を見ていたところ、夏フェスとかでこれらのファッションをすることが次なるトレンドみたいです。また、多くのセレブ、フェラルやクロエ・カーダシアンなどもこのネイティブ・アメリカンのヘッドドレスの重要性を軽視し、衣装として起用していました。なぜこれがよろしくないことだったのかを見てみましょう。また、若い日本人もこの過ちをフェスでおかさないように阻止しましょう。

It’s actually becoming popular in Japan this summer to wear feathered accessories, headdresses, or something that is “tribal” looking. I saw a few Japanese magazines recommending young girls to wear headdresses to festivals because that’s the “trend”. Also, celebrities such as Pharrell and Khole Kardashian made light of the importance of this headdress by using it as a “costume”. Let’s see why this was a terrible idea and prevent Japanese girls from wearing these at festivals.

インディアン・ヘッドドレスは勇敢で力強い村のリーダーや戦士のみが被ることができたものです。ヘッドドレスについている羽根にも重要な意味が隠されています。戦士は一つ一つの羽根を勝ち取る必要があり、部族の人たちがその戦士の勇敢さを認めたときにもらえるものなのです。また、最初にもらう羽根も重要な意味を持っており、成人をしたと思われるときに与えられます。もちろん、それは単純に手渡されるのではなく、勝ち取る必要があるのです。ほとんどの場合、戦士はその羽根を入手するまでに断食や瞑想をする期間を設け、名誉高い羽根を受け取るようです。もらうたびに、部族に自身の強さを証明し、羽根をもらう必要があったのです。充分な羽根を手にしたときに、ヘッドドレスをやっとの思いで作ることができるのです。すべての羽根は、戦士によって勝ち取られたもので、一つ一つの羽根に特別な思いが込められているため、そのヘッドドレスは戦士や戦士の属する部族にとって大変象徴的な意味を持ち、神聖なるものなのです。

The Native American headdress is ONLY worn by the brave and powerful chiefs and warriors in the tribe. The feathers on the headdresses have a deep meaning to them as well. Warriors earned feathers each time the tribe felt that they acted bravely. They also got their first feather when the tribe acknowledged them entering adulthood. It’s not just given to them. They have to be earned. Most of the time, the warrior had to prepare himself to receive such an HONOR and that required fasting and meditating for days. Each time he proved himself to the tribe as a brave man, he received a feather. Once he had enough feathers, he could FINALLY make a headdress. Each feather that you can see is EARNED by the warrior and it has a special meaning to it which makes it very symbolic and sacred.

なぜ、ネイティブ・アメリカンの方たちが、このヘッドドレスや羽根をファッションや衣装として起用している人たちを見て怒るのか、その理由がわかりましたでしょうか?これほどまでに長い歴史をかけて、奥深い意味を持っているのです。そして、これが今回の文化の盗用を話す際に一番大事なポイントなのです。裏にある歴史的な背景のことを考えると、これらのヘッドドレスなどを被っている人たちが不謹慎となるのです。彼らの土地はアメリカ人によってのちに奪われるようになり、戦士たちはアメリカ人たちと自分の国を守るために戦っていたのです。(ポカホンタスを観たらだいたい歴史は分かるよ)そして、政治的に優位な立場にいた人たちがネイティブ・アメリカンたちに打ち勝って、今日、優位な立場にいる人たち(アメリカでは白人たちのことをいう)が彼らの文化を自分たちの娯楽のために起用している実態がああります・・・。それはすごく感受性がないし、不謹慎だと思いませんか?人々はネイティブ・アメリカンの文化と神聖なる意味を持つものを勝手に横取りしているのです。
私の日本人のお友達の中で、日本にいるから別に関係ないと思う人がいたら、違う国や民族の文化を単純に「かわいい・かっこいい」からといって、意味も知らずに奪い取ることはよろしくないと思います!(ここのサイトでもっといろいろわかるよ!)

Can you understand now why Native Americans will be offended when people are wearing it as fashion or a costume? It has a deep sacred and historical meaning to it and this is one of the crucial points necessary in order to discuss cultural appropriation. The history behind it makes everything inappropriate. Their land was colonized by the pilgrims and the warriors were fighting to protect their land. (Watch Pocahontas) and you get the gist of it.) You see, the pilgrims were the ones who overpowered the Native Americans, and today, the descendants of the pilgrims are the ones who are wearing what is considered to be a part of their sacred culture for fashion..? That’s insensitive and inappropriate. People are taking away from their culture and its sacred connotation.
To my fellow Japanese friends who think you are not a part of this so you can do it in Japan, appropriating a culture because it’s “cool” without knowing the significance behind it might not be a wise choice to make. (Educate yourself here)

African American Culture/アフリカ系アメリカ人の文化(黒人)

この若きハンガー・ゲームズの女優、アマンドラ・ステンバーグが、黒人文化が権力のある社会的に優位な立場にいる人たち(またもや白人たち)から奪い取られていることについて説明したビデオを観ればすべてわかります。要するに、現代のアメリカのポップカルチャーは「黒人文化」としてされているコーンロウ、ドレッドロックス、金のグリルなどを取り入れることで、クールで、トレンディーで、かっちょいい!というように魅せています。しかし、これがアメリカでいま大きな問題を抱えていて、社会的に優位的なお金持ちの人たちがこの黒人文化を起用したらクールなのに、黒人たち自身がやると「ゲトー(黒人が多くいる労働者階級の人たちのこと)」と言われてしまうのです。

Just watch the wonderful young actress from the Hunger Games, Amandla Stenberg explaining how Black culture is being taken away by the powerful (white) appropriators. Essentially, America has incorporated “Black culture” such as cornrows, dreadlocks, gold grills) and such to pop culture thereby making it cool, trendy, and dope. This is a huge problem in America because if the “privileged” do something from “Black culture” it’s COOL, but if black people do it, it’s “ghetto” .

アマンドラがビデオで言っていたことを説明してみますね。最近、カーダシアン/ジェナー家族の、カイリー・ジェナー17歳がコーンロウをしている写真をインスタに載せたことが話題になったんです。アマンドラはこれをみて、#白人女子の方がよくできる というものを流行らせました。この理由はお金持ちの白人女子が黒人文化を起用すると、トレンディでかっこよくなることが背景としてあり、黒人たちが属する文化なのに、黒人たち自身がしたらクールでなくなることを訴えています。

Let me take you through why Amandla made this video. Recently, Kardashian/Jenner clan, Kylie Jenner who, is 17, posted a picture on Instagram with cornrows. Amandla started a hashtag #whitegirlsdoitbetter BECAUSE when a rich white girl adapts something from Black culture, it becomes a trend and cool looking, but not when the people from the culture itself do it.

また、白人によって大きく支配されているポップカルチャーが、黒人女性をバックグラウンドで小道具として使って「ヒップホップ」ぽくすることや、黒人女性の体を性的にミュージックビデオなどで使うのはよろしくないと思います。(例: マイリー・サイラスのWe Can’t Stopのビデオ、テイラー・スィフトのShake it Offのビデオ)富裕層が自らの娯楽に起用すると必ず問題にもなります。

I also deeply perceive it as inappropriate when pop culture that is highly dominated by white people uses black women as props to make it more “hip-hop” or sexualizes a black female’s body within their music videos and such. (ex: Miley Cyrus’s We can’t Stop, and Taylor Swift’s Shake it Off ) This is also problematic when the privileged (white people) take it for their own entertainment

Muslim and Islam Culture/ムスリムとイスラムの文化

もうだいたい私が言いたい要点はわかってきたと思うので、ここはほんの少しだけ。またしても、クロエ・カーダシアンというセレブが文化の盗用問題で話題になりました。(いい加減学習してってば)彼女はドバイにいるときに、インスタに「ハビビ・ラブ」というキャプションをつけてニカブを顔全面に覆いかぶせて写真を載せました。彼女はファッション業界で活躍してることもあり、多くの人はこのクロエのニカブ姿をファッションの一部として使ったのではないか、と論争を巻き起こしたのです。

I assume that you get the gist of what I want to say here, so let me just touch upon this part briefly. Khloe Kardashian did it for us again to heat up the conversation of cultural appropriation. (Why won’t you learn girl?) She posted this picture on Instagram saying “Habibi Love” wearing a Niqab while she was in Dubai. Because she’s a women who works in the fashion industry, a lot of people thought that Khloe was doing it as a fashion statement.

すでに知っている人もいると思いますが、ニカブはムスリム教徒である女性にとって大変重要な文化と宗教の一部です。彼女たちが信仰しているもののために、ニカブを被ることは彼女たちのライフスタイルの一部として必須です。ですから、ファッションとして、またハロウィンの衣装として「エキゾチックだから」という理由で使うのは不謹慎です。ムスリム・イスラムの女性に対して失礼にあたるものです。

As some of you may know, Niqab are very important for Muslim women. It is something that they MUST wear everyday because that is their lifestyle and what they believe in. You cannot wear it as a fashion statement or a costume to a halloween party because it looks “exotic”. That is disrespectful towards Muslim and Islamic women, which should not be allowed to be done.

もちろん、その国の領域にいるなら、被る必要はありますが、東京にいて、かっこいいアクセサリーだと思うから被るのは、もう一度よく考えたほうがいいと思います。

Obviously, if you are in their territory and country, you may wear it. However, if you wear it in Tokyo because it’s a cool looking accessory, you may want to think twice.

Don’t be ignorant/無知ではいないこと!

Photo: Megumi

Photo: Megumi

これに限ります。最終的にはすでに言ったように、いろんな国の文化を適用したり感じたりしたい人がいるわけで、それはそれですごく素敵でクールなことだと思うんだよね!ほかの人の文化に触れたかったり、起用したりするのはなにも悪いことではありません。でも、歴史的な背景を知ることとか、神聖なる意味とかが込められている場合はバカをみないようにきちんと考えてみてね!
アメリカに行く際には、様々な文化を目の当たりにすると思いますし、最高に楽しいですよ!みなさんがなにか思いつく文化の盗用なのではないか?と思われるようなファッションとかがあれば教えてください!

This is all that matters. At the end of day, as I said, if people are adapting and nurturing other cultures, I honestly think that’s so cool and amazing.
Wanting to adapt and incorporate other cultures is dope, and there is nothing wrong with that. However, when there is a historical background or a sacred meaning to what you’re wearing, think twice and don’t be dumb about it!
Whenever you go to America, keep in mind that there are a lot of cultures that you will encounter and it’s pretty awesome! Let me know if you can think of any other fashion statements that might be forms of cultural appropriation!

~Megumi~