英語文化の「皮肉 (sarcasm)」を理解できますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

文化も理解できて初めて英語が出来る!と言い張れます。皮肉はネイティブスピーカーが多用する、英語を習得する上で避けられない独特の表現文化です。皮肉を理解して、皮肉で返せるようになれば立派な英語話者です。具体的にどんなものか解説します!

As some people say, it’s once you understand culture that you are able to fully say you can speak English. Sarcasm is something that many native speakers utilize, and it is a very unique part of the English language. Being able to understand and also use sarcasm will make you an impressive English speaker. Let’s figure out exactly what sarcasm is!


Sarcasm
皮肉

ˈsɑːkaz(ə)m/
名詞

The use of irony to mock or convey contempt.
バカにする、もしくは軽蔑を表す際に用いる

slack_for_ios_upload

皮肉は、英語においては大切な一部分です。皮肉な手口でもってその真逆な事を言う事でコミュニケーションをとるという一つの方法なのです。sarcasmはironyとよく混同されます、でもironyはその逆の事を表すことです。ある時にある事柄が述べられていて、だけどある正反対の事も自然に起きている。例えばベジタリアンと称している人があまりにも空腹だったためにベーコン入りのサラダを食べている、なんていう場合はironic-皮肉的だと言えます。だけど一方で、sarcasmはウィットとユーモアが絡み合っています、そしてそういう理由(ウィットとユーモアが絡み合っているからという理由)があるので、もしそれが勘違いされてしまったりすると、時にはやや悪意のある印象を与えるものかもしれませんね。

Sarcasm is an essential part of the English language. It is a method of communicating by saying the opposite in an ironic manner. It is often confused with irony, but irony is something that signifies the reverse. It is when one thing is said, but the opposite occurs naturally. For example it’s ironic if someone who claims to be a vegetarian eats a salad with bacon on it because he was so hungry. On the other hand, sarcasm is webbed with wit and humor, and because of this, sometimes it may come off a slight bit offensive if misunderstood.

だけど何故、皮肉を理解するという事が重要なのでしょう?最初に言っておくと、皮肉は英語という言語の中に埋め込まれているものなのです。特にイギリスのユーモアでは重要要素なんですよね。英語は皮肉が染み渡っている言語です。理解しつつその知識に長けていれば、他の人からはユーモアがある人だと見てもらえるばかりでなく、社会的なスキルも持っているという証にもなるのです。皮肉をちゃんと理解していない人はすぐにその事に気付かれてしまうし、社会的にはまだまだだな、という風にも見られてしまうのです。

So why is sarcasm important to understand? As I mentioned earlier, sarcasm is embedded into the English language. It is an especially vital part of British humor. The English language is permeated with sarcasm. By understanding and having a good knowledge of it, it shows other people that you are humorous and also, that you have social skills. Those who do not have a good comprehension of sarcasm are easily noticed and are seen as socially inept.

実を言うと、皮肉は脳のトレーニングです。皮肉の発言は、自分に向けられている言葉にある、本来の直接的な部分を把握する必要があるのでかなり頭を使います。このおかげで、瞬時に考えることに慣れて、鋭くなるんです。皮肉を理解するためには、文字通り一つ一つの言葉の意味するところの経緯を追える力が無ければならないし、話し手が本当に伝えようとしている事を理解出来なければなりません。これも実際には話し手となる人たちが実際に声に出して言っている事とはかなり意味が違うものだったりする可能性もあります。

In fact, sarcasm exercises the brain. Sarcastic statements make your brain work harder to figure out the true meanings to the words that are directed at you. Because of this, we adapt by quickly thinking and becoming sharper. In order to understand sarcasm, one must be able to see past the literal meaning to each word and understand what the speaker is truly trying to communicate. This may be something completely different from what they have voiced out.

シンプルに言うと、皮肉とは嘘をつく事です。伝えようとしている事とは正反対の事を言っているという事。だからこそ、皮肉の理解に長けているという事が重要なのです。もし仮に声のトーンや皮肉を言う人たちが使う表現をちゃんと拾う事が出来ないとなると、その言葉をそのまま文字通り受け取ってしまう事になるし、その相手(皮肉を言う人たち)が一時的にちょっと失礼が行き過ぎているだけなのかな、と思ってしまう事にもなってしまいます。皮肉はわざと面白おかしくなってみたり意地悪になる事です…あるいは、その両方の場合も。まるで坂を滑り落ちるような感じです、単に言葉というだけではなくて西洋文化とも切り離せない物になっているために、今だに、こういうものを使い続けるんですから。

To put it simply, sarcasm is lying. You are saying the opposite of what you are trying to communicate. Therefore, having a good understanding of sarcasm is important. If you cannot pick up on the tone and expressions sarcastic people use, you will take their words literally and think that they are either being extremely kind or rude. Sarcasm is intended to be either funny or mean…or both. It’s a slippery slope, still, we continue to use this because it has become inextricable with not just the language but also Western culture.

ここにいくつか皮肉の用例を紹介しますが…頭に入れておいて欲しい事は、皮肉は声に出して言うからこそ面白おかしいものなのであって、ただ単に偶然そういう言葉になっているのではありません。

Here are some examples of sarcastic statements…although, please keep in mind that sarcasm is funny because it is vocalized and doesn’t come across with just the words.

「わあ!私この空港が本当に大好きだわ、自分の荷物が来るのを完全に何時間でも待てそうだから」
これは皮肉ですよね、だってこの人は荷物が来るのを空港で永遠と待ってそこに居る訳なのですし。だけどこうやってこの空港が「大好きだ」という風に言う事で「完全に何時間でも」待てそうだ、と言う事でその人たちはその逆の事をほのめかしている訳です。実際に彼らはその空港が大好きではないのです、何時間も待ちたくないのです。(大好きな人なら何時間待っても苦ではないもんね、だから私は空港が好きだっていう事だね、何時間も待ってるからね、とは表向きに言いいながら「本当は違うんだけど」という事をほのめかしている)

“Wow! I really love this airport, I could totally wait another hour for my bag to come out.”
This is sarcastic because the person waiting for their baggage at the airport has been there for a long time, and by saying how they “love” the airport and could “totally wait another hour” they are implying the opposite. That they don’t love it and doesn’t want to wait another hour.

「Kristinaって背がとってもお高いのね、オフィスではみんなを見下ろしているからね」
Kristinaは実際はオフィスでは背が一番小さいスタッフのうちの一人ですし、実際オフィスではみんなを見渡せる程の大きさではありません。椅子の上に立つっていうのならまた別の話ですけれど。(背が大きいという言葉を使って、みんなを見下している、態度がデカいという事をほのめかしている)

“Kristina is so tall, she towers over everyone in the office.”
Kristina is in fact one of the shortest people in the office and is not even close to towering over everyone in the office. Unless she stood on a chair.

「何か良くない事が起こる」「それってまさに望んでる事じゃないか!」
何かよくない事が起こってしまった、実際、そんなこと誰も望みませんよね?(明らかに望んでいた訳ではないけど、起こってしまった悪い事をさも大歓迎だよという風にふるまう)

When something bad happens “That’s just what we need!”
Something bad just happened, why do you need that? Exactly.

最初にもお話しした通り、皮肉は脳のトレーニングです。だからこそ、あなたが皮肉な人なら知性がある人としてみなされます。
そのトーンを拾うことが出来て、その言葉の裏にある本当の意味をちゃんと拾う事がで来て、その含みの中にあるユーモアをちゃんと把握出来る人。皮肉っぽい人はいつでも皮肉を言う準備ができています、人を笑わせたり、自信を持っています(それからそういう人の皮肉は広がりやすいです)。皮肉は一昔前の、誰かを口説く時の方法でもあるんですよ。小学校で子供たちが自分たちの片思いの子にいたずらするのと似ています、皮肉は(これと)似た考えです。冗談を言って、かつ相手の笑いも取ります。それから、皮肉を言える人は賞賛もされます。みんなそういう人(皮肉が上手な人)と友達になりたい、デートしたいと思うのです。何と言うか、賢くて、面白くて、それから機転も利いたら、もうこれ以上求められるものなんて無いですよね?

As I mentioned earlier, sarcasm exercises the brain. Therefore, it is often viewed that if you are sarcastic, you are intelligent. You are able to pick up on the tones, the actual meanings behind the comments, and get the humor laced in the undertone. People who are sarcastic tend to think on their toes, make you laugh, are confident (and their sarcasm is contagious). Sarcasm is also an old school way of flirting. Similar to the whole children picking on their crushes in elementary school, sarcasm is a similar idea. Joking with them and trying to get a laugh out of them. Also, sarcastic people are admired. People want to be friends with them, people want to date them. I mean, if you’re smart, funny, and quick on your feet, what more could you ask for?

ここに何人か(個人的に好きな)皮肉家な有名人を紹介します!インスタグラムやツイッターでいくつか笑えるものをフォローしましょう。

Here are some known (and my personal favorite) sarcastic celebrities! Follow them on Instagram or Twitter for some LOLs.

Aubrey Plaza/オーブリー・プラザ

彼女は私の共感できる動物なんですよ(ここを見てね)。彼女がみせる性格だけじゃなくって、一般的に言っても彼女の性格って純粋に素敵です。私のユーモアのセンスっていう話になると、彼女は本当に良く解っている人です。

She is my spirit animal (watch here). Not only the characters she plays, but her personality in general is pure gold. She has everything down to the dot when it comes to my taste in humor.

Cara Delevingne/カーラ・デルヴィーニュ

私は以前は彼女のファンで、彼女のユーモアを楽しく思っていました、だけど、それっていうのはGood Day Sacramentoでの酷い内容のインタビューに対する彼女の生意気な受け答えを聞いてからの事でした。

I was a fan before and enjoyed her humor, but this only increased after hearing her sassy response to the horrid interview she had on Good Day Sacramento.

Olivia Wilde/オリヴィア・ワイルド

もう、どうしよう。私、彼女のツイートを読むのがたまらなく大好きなんです!正直に言ってしまうと彼女のツイート画面に行くでしょ、そうすると彼女のついていない日のツイートも読めたりして、それが笑えてくるんですよ。

Oh goodness. I absolutely love reading her tweets! I honestly go to her Twitter feed just so I can read her tweets on bad days so I can laugh.

この記事で、すくなくともほんの少しでも、皮肉が解りやすくなると良いなと願っています!もし何かもっと知りたいと思う事があれば、コメント欄に残してくださいね!それから、みんなのお気に入りの皮肉っぽい人って誰ですか?みんなは皮肉を言う人ですか?

I hope this article helped clarify sarcasm at least a little bit! If you have any further questions, please leave them in the comments! Also, who is your favorite sarcastic person? Are you sarcastic?

~Junko