アジア系アメリカ人が経験する人種的偏見

このエントリーをはてなブックマークに追加

人種問題に関する記事の2回目はアジア系アメリカ人について。1回目では日本人が海外へ行くと経験する事柄を紹介しましたが、元々欧米社会で生まれ育ったアジア系の人々も偏見から様々な葛藤を経験しています。英語を勉強する上で是非知ってもらいたい知識です。

Our second article on racism is on Asian Americans. Our first article was about possible racism you may encounter if you go abroad, but this time we want to let you know that even when you are born and raised in Western cultures, it still happens. This is important knowledge for improving your English skills.


アジア系の人々は1800年代よりアメリカに移住をして来ました。アメリカ国内におけるアジア系アメリカ人の人口はたったの5パーセントではありますが、それは今現在、1200万人という数です。
私たちのアメリカにおける長い歴史の中でずっと、私たちは鉄道を敷いてきて、オレンジチキンを作る才能を授かり、そして数多くのくだらない人種差別にも耐えてきました。

Asian people have been immigrating to the US since the 1800s. Although Asian Americans only make up 5% of the population in the US, that’s still a total of 12 million people. Throughout our long history in the US, we’ve built their railroads, bestowed upon them the gift of orange chicken, and also had to put up with a bunch of racist bullshit.

アジア系アメリカ人の中にも様々な民族がいますが、人々は私たちみんなを同じように見てしまう傾向があり、私たちのグループにたくさんの固定概念を植えつけてきました。あなたの肌が茶色であろうが「黄色」であろうが、アメリカにいる場合、アジア人に見えれば以下のようなミクロアグレッション(差別的な言動かどうか曖昧なこと)を経験するかもしれません。

Despite the wide number of ethnicities within Asian American, people tend to think that we all look the same and have assigned a host of stereotypes to our collective group. Whether your skin is brown or “yellow”, if you look Asian, you might experience the following microagressions while in the US:

    • People assuming you’re good at math.
      数学が得意だと思われる。

math

    • People thinking you can’t drive.
      運転ができないと思われる。
    • People assuming you know a martial art.
      武術を知っていると思われる。

martial arts

    • People assuming that you can play the piano or violin.
      ピアノか、バイオリンが弾けると思われる。
    • People thinking that you eat cats or dogs.
      猫や犬を食べると思われる。

dogs

    • People thinking you can’t speak English.
      英語が喋れないと思われる。
    • People complementing you about your English even if it is your mother tongue.
      英語が母国語なのに、英語を褒められる。
    • People asking where you’re from regardless of how American your accent is.
      どれほど英語のアクセントがアメリカンアクセントであっても、必ずどこの出身なのか聞かれる。

omg

  • People still asking you where you’re from after you tell them you were born in New York.
    ニューヨークで生まれたと言っても、まだどこの出身なのか聞いてくる。
  • People feeling awkward and switching to asking where your parents are from in hopes of hearing an Asian country.
    気まずいなとは感じながらも、話題を変えてアジア圏だよという答えが来る事を期待しつつ両親は何処の出身なのか聞いて来る。

リストはどこまでも続きます。その見た目からの憶測でどの民族なのか判断して、もっと特定的な質問をしてくることもあります。ベトナム人であればネイルサロンで働いたことがあるのだろう、とか。フィリピン人なら歌うことが上手なのだろう、とか。インド人ならお見合い結婚をしたのだろう、とか。中国人なら両親がともに医者でお金持ちか中華料理屋を経営しているだろう、と思われるなど。

The list goes on and on. There are even more specific ones based on your assumed ethnicity. If you’re Vietnamese, you must work at a nail salon. If you’re Filipino, you must be good at singing. If you’re Indian, you’re probably part of an arranged marriage. If you’re Chinese, your parents are either doctors and rich or they work at a Chinese restaurant.

アジア系アメリカ人と私たちの食べ物というのは多くのアメリカ人の持つ考えの中では切っても切り話せないものです。ある民族の食べ物を口にすることで、その文化をより知った、教養を得たという感覚になります。アジアの料理とアジア人はエキゾチックで、人々をアイドルのようにまつり立てて、知らず知らずのうちに全て知っているような、もしくは盲目的な感覚に陥ってしまいがちです。これで白人のヒップスター達がダウンタウンにある美味しい韓国の焼き肉料理レストランを発見したと言いふらすことに至るわけです。まるで、現地の韓国系アメリカ人が既に知っていた訳ではないかのごとく。

Asian American people and our food are inseparable in the minds of many Americans. There is this feeling that through consuming the food of another ethnic group, you become more cultured and sophisticated. Buying into this mentality places you in the system where Asian food and Asian people are both exoticized and objectified. This can result in white hipsters columbusing the authentic Korean BBQ restaurant downtown as if actual Korean Americans didn’t know about it already.

もし、あなたが日本人で誰かに寿司が好きでしょう!とか言われたら嬉しいと思う人もいるかもしれませんが、多くのアジア系アメリカ人にとっては失礼だと感じる人もいます。でもまあ自分がどこの国の人かをきちんと当てられて、全く違うアジアの国の出身だと思われなくて良かったかもしれないけど・・・。誰かに、私ビビンバやカレーが大好き!って言ったところでその人と親友になれる訳ではありません。それって、アイリッシュ・アメリカンと会って、私じゃがいもとラッキー・チャーム好きなんですっていうのと同じことです。

If you’re Japanese and someone comes up and tells you that they love sushi, you might think this is nice of them, but for some Asian Americans this can be offensive. It’s great that they at least got your ethnicity right instead of naming something from a completely different Asian culture though. Telling someone that you love bibimbap or curry, does not mean that you’re on your way to becoming besties. It would be like meeting an Irish American and telling them that you love potatoes and Lucky Charms.

日本とは違って「エスニック料理」はアメリカではとても安いです。アメリカ人にとっての「エスニック」は、単純に第三世界の食べ物か白人のものとは違うものを示します。アジア料理を作る時だってフランス料理を作るのと同じくらいに汗水流して作られているのに、アジア料理は値段が本当に低い。安い食べ物などを目の当たりにすることで、アメリカ人たちが私たちの文化や人々を見下すこともあります。中国が何千年もかけて食のあれこれを培ってきたのにアメリカで7.95ドルで売られているのを目にすると、それに値する敬意が払われていないですよね・・・

Unlike in Japan, “ethnic food” in the US is usually very cheap. To clarify the true meaning of “ethnic” for Americans, it basically means anything that’s third world or not white. A meal at an Asian restaurant could take just as much effort to prepare as a French meal, but it can cost you next to nothing. The cheapening of our food and culture can lead other Americans to look down on our people as a whole. Thousands of years of culinary art from China doesn’t really get the respect it deserves when it’s served in a combo plate for $7.95.

アジア系アメリカ人でいると大変なことはたくさんあります。アジア側の遺伝を受け継ぎたいところだけど、アメリカにいるアジア人は別にそこまでよく見られてないことに気がつくんです。上品であるとは見られないし、私たちの文化はなんだか時代遅れだと言われる始末。私たちの歴史は教科書には載らない。アメリカで成功するには「もっとアメリカン」になるべきであり、つまり「もっと白人」らしくしないといけないんです。

Many people struggle with being Asian American. Part of you wants to embrace your Asian heritage, but then you start to notice that things aren’t all that great for Asians in America. We are seen as less refined. Our traditions are seen as backwards. Our stories don’t end up in the textbooks. The only way to succeed in the US is to become “more American”, and therefore “more white”.

もうこの時代で「犬と中国人は立ち入り禁止」と書かれてあるレストランの看板はありませんが、人種差別はまだまだアメリカの広範囲で起きています。ハッキリしないぼんやりした形で示されています。無知であるが故の質問もあったり、学校でいじめがあったり、目には見えない壁のせいで仕事に就けなかったり、仕事で出世できなかったり。この記事はこれからマイノリティーがどのような問題に直面するのか、というシリーズの第一回目でした。アメリカにある人種差別を撲滅させるためには、コミュニティー間での知識や教育を広めることから始まります。

Gone are the days where restaurants had signs saying “NO DOGS AND CHINESE ALLOWED”, but racism still permeates the US. It manifests itself in more subtle ways. It exists in ignorant questions, bullying at school, and invisible barriers that prevent people from getting hired or promoted at work. This is the first article in a series we are doing on issues people of color face. It is only through building awareness across communities that we will be able to combat racism within the US.

~ Thomas