外国人と接するときに言ってはいけない6つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学や日本で外国人の友達が出来た時、好意や親しみから何気なく言った一言が相手を傷つけたり怒らせたりすることがあります。多民族国家では常識になっていることを紹介します!

When you’re studying abroad or speaking your foreign friends in Japan, you may have said some things unintentionally that might have hurt them. Be careful with what you say!


thumb

留学をしたり、一般的に海外に訪れるとなったら気をつけておくべき事や把握しておくべき事って、少しはあるものですよね。
ある特定の言葉やある特定の行動、それから物事なんかでも、違う国や状況によっては失礼になる可能性があるんです。私はあらゆる国一つ一つについて述べる事は出来ないけど、アメリカの視点で話す事なら出来るよ、なので私がアメリカに居る時に言ってはいけないこと、やってはいけないいくつかの事をみんなに教えたいなと思います。

When it comes to studying abroad, or just visiting a foreign country in general, there are a few things that one should be aware and careful about. Certain words, certain actions, certain things can come off as extremely rude if done in the wrong country and situation. Although I cannot speak for every single country, I can at least speak for America, so I would like to put out there for you guys, a few things that you should try to avoid voicing out while in America.

“Can I touch your hair?”/髪の毛触ってもいい?

hair

これは主にアフリカ系アメリカ人向けのものになると思います。実際に、私の友達の中から、何人か日本人の留学生が何も聞かないで髪の毛を触ってきた事があるのっていう話をされた事があります。友達だし、すごく珍しい髪型をしているからって許可なしに触ったりするのは絶対に絶対にしないほうがいい。それは人のスペースを侵害している事になるよ。もし友達ならちゃんと許可を得てから、もし友達ではないのなら、そう聞くことすらもやめた方がいいよって私ならみんなに言うかも。その状況に自分を置いてみて。ランダムな見知らぬ人に髪の毛を触って欲しいとか思う?私なら嫌だなあ。

This will most likely be aimed towards someone who is African American. In fact, I have been told by a few friends who have had some of the Japanese exchange students touch their hair without really asking. Just because you are friends with someone who has unfamiliar looking hair, you should never, ever, touch their hair without permission. That is just a violation of personal space. If you are friends, then asking would be acceptable, but if you are not friends, I would strongly recommend you do not even ask.
Try putting yourself in their situation. Would you want random strangers touching your hair and feeling it? I wouldn’t.

“You’ve gained weight”/体重増えた?

weight

体重に関する発言はとにかく避けて。日本だと痩せちゃったとか太っちゃったとかを誰かに言う事って割と許容されているけど、アメリカでは非常にタブーなトピックです。痩せたよねって言われたら、そう聞いて嬉しいなと思う人も沢山いるだろうなとは思うけどその一方では、どっちも聞きたくないよっていう人も沢山いるんです。特に、その人が摂食障害とかだったら複雑ですよね。全般的に、体重は話題にするべきではないです。特に、特に特に特に!女性は体重の話題にとても敏感なので気をつけてください。もしこの先、女の子があなたに「私、太って見える?」とか「私、体重増えたように見える?」って聞いてきて、その人とすごく仲が良いっていう場合以外は、絶対に「イエス」と言わないでね。もし、生きて帰りたかったら。

Anything with weight should be avoided. While it’s commonly accepted here in Japan to mention to someone if they have lost weight or gained weight, it is a taboo subject in America. While saying you lost weight may be something that many people will enjoy hearing, some people do not like hearing this either. Especially if they have an eating disorder or a complex. In general, weight should not be discussed. Especially, especially especially especially towards women, who tend to be very sensitive about this topic.
If you are ever with a girl and she asks you “do I look fat?” or “does it look like I’ve gained weight?” unless you have established a very close bond, do not answer “yes” if you want to still return home alive.

“What’s that on your face?”/顔についてるの何?

face

体重と似ているけど、ニキビや赤みに関するコメントも控えましょう。既に相手も気づいているようなことをどうして指摘するの?これは誰もが経験することだし、これって(そうやってわざわざ指摘をする事)みんなにも嫌な思いをさせるものですよね。その人とすごく親しい関係だという場合を除いて、その人の顔にある珍しいものやニキビに関するコメントは控えましょう。それに、親しい関係だったらその人がニキビで悩んでいる事はきっとわかりきっていることでしょう。殆どの場合においてだけど、彼らからその話をして来ない限りは特別、指摘しないようにね。彼らが先に何かを言った場合には言ってもいいけど、どれだけそれが酷いかとかは言わないでね。どんなに汚く見えたとしてもだよ。自分の中に秘めて、胸の中に閉まっておくべき事だなって思います。

Similar to weight, acne and blemishes should also be left alone. Why point out something the other person is conscious about? This is something that everyone goes through, and it’s something that bothers everyone. No matter how bad it may be or if it’s an unusual sighting on someone’s face, unless you’re very close, you shouldn’t point out any acne. Also, if you’re close, then you should know by then whether or not acne bothers the person. But for the most part, just try to avoid it unless they bring it up. If they say something first, then you can, but do not talk about how horrible it is. No matter how gross it may look. Keep it to yourself and repress it deep in your chest.

“What size is your bra?”/ブラのサイズいくつ?

bra

女性ならよく聞かれること(特に他の女性から、いつもでは無いけど)、あなたのブラのサイズや胸のサイズです。確かに、アメリカに行ったら女性のバラエティー豊かな胸の大きさを目にするのって人によってはすごく珍しい事かもしれないけど、その人とすごく仲が良くない限りは、その人のカップサイズを聞くのは避けたがいいかも。それから当然ながら許可もなく触ろうとするのもダメ。男性なら、顔面を殴られたくなかったら胸について言及するのは良くないですよ。女性たちの中にも大きな胸とか小さな胸に敏感な人も数多くいます。10代から20代前半の全ての女性が体型に関してポジティブな考えを持っている訳ではありませんよね。女性が既に不安に思っている事に追い打ちをかけるような最低な人にならないでね。

A common thing to be asked as a woman (usually by other women, but not always), is the size of your bra, or breasts. While yes, you may be intrigued by the variety of sizes in America, unless you’re very close to her, you should probably avoid asking her about her cup size. And definitely avoid touching them without permission. And if you’re male, definitely stay away from touching on this subject unless you want to get punched in the face. There are women who are sensitive for having larger breasts or having smaller breasts. Not everybody is body positive in their teens to mid twenties. Don’t be the douche who only adds to these insecurities.

“How many guns do you have?”/銃何本持ってるの?

guns

この質問は私がテキサスで暮らしていた間にもかなりされた質問です。テキサスは、そうです、おそらく銃とはかなり強い繋がりのある州ではあります。でも、アメリカには拳銃保有者が居る、銃を持ち歩く人も居る、というだけであって人それぞれ一人一人が自分の拳銃を持っている、という事にはなりません。州から州と様々です。それにステレオタイプって全くもって、そんな素晴らしいものじゃないよね。一人一人が自分専用の銃を持っているだなんていう思い込みはしないでね、それから、実際にもし持っていたとしても人が銃の持ち運びをするのは禁止されているっていう法規制がある事も忘れないでね。免許が必要だしその拳銃にも登録義務があるし、そうじゃなかったら法律違反になっちゃうよ。それにその結末といったらもうかなり厳しいものになりますから。ちょっと言うとね、ここListnでも誰も銃なんて持ってないよ。一体どれだけの人が銃を持っているんだろうっていうのを知りたいなって思ったら、インターネットで調べてみて。

This is a question that I got quite often while I lived in Texas. Texas, yes, this is a state that probably does have a very strong connection to guns. But just because some people in America have guns, and some people carry them, does not mean that every single person owns a gun. It is different from state to state, and stereotypes are never that wonderful. Don’t assume that every single person owns a gun, and even if they did, know that there are laws that prohibit people from carrying guns around. Licenses are required and the gun must be registered or else it is against the law. And the consequences can be quite harsh. On a side note, no one here at Listn owns a gun. If you want to know how many people own guns, check on the internet.

“You have such big eyes!”/目、おっき〜い!

eyes

はい、アメリカは確かに大きな目の人も多いけど、こういうのは褒め言葉という風には受け取ってもらえないっていう事も知っておいた方がいいです。実際に「大きい目」とか、「高い鼻」とか、それから「彫りが深い」とかそういうのって全然、褒め言葉ではないんです。むしろ、そういう面で褒めると、まるで赤ずきんちゃんみたいに聞こえるよ。「まあ!なんてお前の目は大きいんだろう!」「まあ!なんてお前の歯は大きいんだろう!」って。で、その次にどうなるかって、大きな顎にビックリしてあなたのこと飲み込んじゃうかもしれないよ。

Yes, while many people in America may have wider eyes, this is not something you should expect to be taken as a compliment. In fact, things such as “large eyes”, “tall nose” and having “deep features” aren’t really considered to be compliments. If anything, by complimenting these aspects, you start to sound like Little Red Riding Hood. “My, what big eyes you have!” “My! What large teeth you have!” The next thing you know, they might just unhinge their large jaws and swallow you up.

ここにあるのはアメリカに行ったら気をつけた方がいいほんのちょっとの事柄。こういうのは人に対してするべきではない敏感な話題なんです。親切に応えてくれる人も居るその一方では、必ずしもみんながそうやって親切に応じてくれる訳ではないんです。視野を広げてみてね、それから人によっては聞いて欲しくない事かもしれないしっていう事を理解しようとすれば、きっと大丈夫!

These are a few things that you should be careful of when you go to America. They are sensitive topics that shouldn’t just be brought up to anyone. While there are people who will be able to respond light heartedly, not everyone will react in that way. Try to be open minded and understanding of insecurities that other people may have and everything will be a-ok!

~Junko~