海外で流行ってるハッシュタグ# を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッターやインスタグラムに欠かせないハッシュタグ。いまや最新の話題を追いかけるのにとても便利な機能ですよね。今回は海外で人気のあるハッシュタグを紹介します。是非検索してみてください!

A must have on Twitter and Instagram are hashtags. Now, they are useful to keep up with trends. So we decided to introduce some trending hashtags from abroad!


毎週新しいハッシュタグのトレンドが登場しますよね。どんなハッシュタグがトレンドになっているのかを知ると、その時に起きている出来事にも敏感でいられますし、世界各国の地域で、大切にされていることを知る機会にもなります。全てを把握しておくのは大変なので、最近あったいくつかのものに焦点を当てたいと思います。

It seems like every week there’s a new hashtag trending. Knowing what hashtags are trending is a great way to keep up to date on current events, and also know what is important to communities around the world. It’s hard to stay on top of all of them, so we’ll be catching you up to speed on a few recent ones.

#DontJudgeChallenge

このタグは、ビデオを通じたチャレンジであり、目的は体型をけなす人たちや、美の基準を変えるべく闘うものとして始まりました。ユーザーが短いビデオをアップロードするのですが、濃い化粧をしたり、できる限りブサイクに見せて、次の瞬間、綺麗な顔で再登場するというようなチャンレンジとなっています。ポジティブな運動になるかと思いきや、ナルシストの人たちが楽しむコンテンツとなって行ってしまったのです。いわゆる「美しい」とみなされているものとは逆である、特に、顔の欠点がある人や、眉毛が繋がっている人、肌の色などをそう簡単には払拭出来ない人たちからネガティヴな反発が数多く寄せられてしまったのです。

This tag is a video meme challenge that started up with the purpose of combating body shaming and beauty standards. It involves the user uploading a short video where they start off with heavy make up and looking as ugly as possible, then cutting to them with a clean face looking beautiful. Rather than being a positive movement, it has turned into something that feeds narcissism. It has received a lot of negative backlash; particularly from people that can’t easily wipe away their blemishes, monobrow, or skin color to become what is considered “beautiful”.

Don’t Judge Challenge Compilation – #dontjudgechallenge | BEST VINES ✔

#womenonthemap

このタグはアメリカにある活動家団体のスパークスムーブメントが始めたキャンペーンです。彼らは、女性によって支えられているオンラインの団体で、様々な世代間によって構成されており、反人種差別・ジェンダーの公正運動に火をつけようとしています。webサイトでスパークスムーブメントが記載しているように、「女性が歴史を形作らないのではなく、女性を讃えることをしないからだ」といっています。アメリカにおける問題だけではなく、世界中で男性に支配された社会に対して言えることです。#womenonthemapはグーグルのアプリ、フィールドトリップというのを使い、ここはある女性がその歴史を作り上げた場所、と言われる場所の近くを歩いている時などにスマートフォンユーザーに通知が届く仕組みになっています。投稿してくれる人たちを探しているみたいなので、もし日本人の女性で讃えるべき人がいるようであれば動画を送ってあげるといいですよ。Women on the Mapページで、彼らのウェブサイトにいくと投稿の仕方が書いてあります。

This tag is a campaign started by American activist organization, sparkmovement. They describe themselves as a girl-fueled intergenerational organization that works online to ignite an anti-racist gender justice movement. So rarely are women recognized for their achievements and contributions to society. As sparkmovement states on their website, “It’s not that women don’t make history–it’s that we don’t honor them for it.” This is not just an issue for the US, but for patriarchal countries around the world. #womenonthemap aims to use the Google application, Field Trip, to notify smart phone users when they are walking by a place where a woman made history. They’re looking for submissions, so you should send them some for Japanese women you think deserve to be honored. The Women on the Map page of their website has details on how to submit.

Women on the Map – SPARK Movement & Field Trip

#SelfieWithDaughter

このタグはインドで始まったもので、ツイッターに旋風を巻き起こしています。インドの首相ナレンドラ・モディがこのタグを始めて、国民からの支持率をあげるために努力している模様です。ジェンダーの平等に関して彼はあまりポジティブなサポートを見せておらず、性差別主義的なコメントを何度かしてネット上で炎上した経歴があります。これで、みんな彼がどれだけ娘を愛しているかに集中することができますね!彼の政治的なモチベーションはさておき、インドは男の子が生まれると賞賛される慣習があるので、娘が生まれてもよりいっそう感謝することが必要であることが証明されましたね。

This tag actually started in India and is taking Twitter by storm. Indian Prime Minister Narendra Modi started up this tag in an effort to gain more public support. He hasn’t had the best track record when it comes to supporting gender equality and has had some sexist comments he made go viral. Now everyone can focus instead on how much he loves his daughter! Regardless of his political motivations, in a countries that place a higher value on birthing boys, this tag is a great way for everyone to show appreciation for daughters.

naveen-jindal-et-sa-fille

#lovewins

2015年6月にアメリカが同性愛結婚を認めたとき、このフレーズはネット上で大爆発しました。何万人ものLGBTコミュニティの人たちや、サポーターたちがSNSで勝利を祝っていました。#lovewinsは、カップルがキスをしている写真であったり、プロポーズをしているビデオなどにタグ付けされていました。このタグは、ついにどんな人でも愛する人と結婚することが可能となり、最高裁判所から認められた人々の、集団の喜びを表すものでした。

Use of this tag skyrocketed when the US legalized same sex marriage in June of 2015. Thousands of LGBT people and supporters went on social media to celebrate the triumph. Whether it was pictures of couples kissing or videos of marriage proposals, #lovewins spread all over the internet. This tag represents the collective happiness of a community that finally had their right to love and marry whom they choose validated by the Supreme Court.

#LoveWins: Marriage Equality in the United States

#igiveadayoff

アジア圏では、多くの人たちがメイドを雇い家事や子育てを手伝ってもらう慣習があります。両親が共働きの場合、子供が実の親よりも、メイドとの親密な関係を築くのは稀なことではありません。この運動は、親たちが子供との間に築く関係というものを見過ごさないように、メイドたちに休暇を設けることを促すものです。このタグはシンガポールの、222,500人もの国内のメイドさんたちが法的に求められている休暇を取っていないことから始まったものです。

Many countries in Asia have the culture of hiring maids to help with cleaning the house and raising children. For families where both parents work, it is not uncommon for children to become closer with their maid rather than their actual parents. This campaign uses the angle of not wanting to miss out on bonding with your children to encourage employers to give their maids a day off. This tag comes from Singapore where 40% of the 222,500 domestic helper do not receive their legally required day off.

Mums and Maids #igiveadayoff

これらのハッシュタグ知っていましたか?今後くるものにも注目してみましょうね!

Did you know any of these hashtags? Keep an eye on them as they continue to grow!

~ Thomas