some と any 、場面に応じて使い分けてる ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュアンスによって変わるsome any使い方

https://pixabay.com/en/grammar-magnifier-magnifying-glass-389907/

https://pixabay.com/en/grammar-magnifier-magnifying-glass-389907/

どちらも「何か」がある、「何か」が存在することを表現する際に使用されるもの。意味自体に大きな違いはありませんが、文章や会話の形態、またその場のシチュエーションによって、どちらを使うかが変わってきます。

文法上のルールだけではなくニュアンスによって言葉を選ぶ必要がありますので、ノン・ネイティブにとっては時に厄介な問題となることも。今回はいくつかのシチュエーションを交えながら、some とanyの使い方について見ていきましょう。

「肯定文では some 、否定文では any を使う」だけがすべてではない

https://pixabay.com/en/man-person-happy-waiter-worker-439040/

https://pixabay.com/en/man-person-happy-waiter-worker-439040/

基本的なルールとしては肯定文で some 、疑問文•否定文では any を使うと習った記憶があるかと思います。しかし実際の会話では「疑問文の場合someもanyもどちらも使う」というのが正解です。

・He has some money. 彼はいくらかのお金を持っている。
・He doesn’t have any money. 彼は少しもお金を持っていない。

この二つの文章に関しては、何の問題も無いかと思います。基本的なルールに基づいてそれぞれを使い分けるだけでOKです。ちなみに something/anything、somewhere/anywhere、somebody/anybody に関しても some/any 同様のルールが適用されます。
さて問題があるのは、疑問文で使われるsomeとany。英語版のグラマーブックの説明によると、定義はこのようになっています。

someを使う状況とは・・・
・話題にのぼっている人物や物が存在していることをすでに知っている時、または存在していると確信している時。
・疑問文においては、上記の状況を踏まえたうえで、第三者に依頼やお願い、質問をする時。

おわかりでしょうか?

裏を返して言えば、話題にのぼっている人物や物の存在を知らない時、また不確かな時にはanyを使用するということなのです。
実際に会話の例文を見てみましょう。

あなた)Hi, Can I have a turkey salad bowl, please?
ターキーサラダボウルをひとつください。

店員)Sure! Would you like something to drink? ①
かしこまりました。飲み物はいかがですか?

あなた)Do you have any decaf coffee? ②
デカフェのコーヒーを置いていますか?

店員)Of course.
はい、ありますよ。

あなた)So, I’ll have one. Can I have some sugar and whole milk, please? ③
じゃあ、それをひとつと。あと砂糖とミルクも少しもらえますか?

店員)No problem! Anything else? ④
もちろん!他に何かご注文は?

あなた)That’s all. Thank you.
それだけです。ありがとう。

①~④のsomeとanyのニュアンスの違いに気づいたでしょうか?すべて疑問文ですが、状況に応じて使い分けられています。

グラマーブックの定義に基づくと、①の「飲み物はいかがですか?」③の「砂糖とミルクをもらえますか?」は、注文があるということ、砂糖やミルクの存在を確信しているからこそsomeが使用されています。

一方②の「デカフェのコーヒはありますか?」④の「他にご注文は?」は、あるかも知れないし、ないかも知れないという存在の不確かさからanyが使用されているのです。

肯定文で使用されるany

https://pixabay.com/en/girl-headache-pain-sadness-504315/

https://pixabay.com/en/girl-headache-pain-sadness-504315/

何事にも例外が存在するのが厄介なところ。先程「否定文ではanyを使用する」と説明しました。しかし肯定文であってもanyを使用する場面が存在します。

グラマーブックの定義によると
・肯定文であってもその文章が否定の意味を持つ場合anyを使用する。
・文章中においてanyはwithout, never, hardlyとあわせて使用される。
となっています。

実際に例文を見て見ましょう。
・My boss refused to take any offers. 社長は申し出を断った。
・We won the game without any trouble. 私たちは簡単に試合に勝った。
・She never makes any excuses. 彼女は決して言い訳をしない。
・He hardly had any time. 彼はあまり時間がなかった。

最後に

グラマーブックの定義はもちろん参考になりますが、使いこなすには感覚をつかむことが近道。わかりやすい例文のニュアンスをそのまま覚えると、応用ができるようになると思います。実際にどんどん使って、英語の感覚を身につけてください