アメリカの盛大なプロポーズ、アナタはされたいですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカではコンサート会場や大げさな演出でするプロポーズが度々話題になります。しかしそれらは本当に重要なんでしょうか。過大評価されてない? という声も最近よく言われています。ちょっと考えてみませんか。

In America, there are viral videos of proposals. But, is this really important? Isn’t it over exaggerated? At least, that’s what is being said lately. Let’s think about it a bit!


今日では、結婚をしたいと思う人の数は減少していると言われています。特に最近の日本はそうですよね。でも実は、アメリカでも起きていることなんです。長年、二人の関係の間に第三者である政府を巻き込んでも何かの特権をもらえる訳ではないと信じている人が多くいます。既に完璧な関係を築いているのに、なぜ第三者を巻き込んで事態を混乱させるの?もちろん、結婚すると多くの利点があることも間違いないですが、子供を産むという事以外では、その数々の利点が結婚を信じてない人たちの考え方を変えてしまう程に良いものという訳でもありません。私の世代の間ではこれはよく見られる光景ですが、いまだバズフィードなどのトレンドプロポーズをみても、ロマンチックなプロポーズを熱望する女性が多いことも事実です。そして他には、フェイスブックで友達がフィアンセの超オーバーなプロポーズを全面に公開して、羨む女性がいることも事実です。

In this day and age, it seems as though the number of people wanting to tie the knot has decreased. Especially in Japan. But this is also happening in America. For awhile now, there have been people who do not see the perks of getting the government involved in their relationship. Why bring in a third man and complicate things when the relationship is perfect as is? Although there are definite benefits in getting married, but those benefits aren’t enough to change minds, unless they decide to have children. Even though this is becoming common amongst my generation, there are still girls who yearn for that romantic proposal they see trending on BuzzFeed. Or that overly dramatic Facebook post that their friend uploaded about her fiancé asking her hand in marriage and wishing that it was them.

Screen Shot 2015-07-23 at 4.04.17 PM

Photo: Junko

私が気づいたアメリカと日本のプロポーズにおける大きな違いは、あの手のプロポーズでも出し惜しみする事なく、そしてネット上にも出回ってしまいがち、という事です。そういったものとは反しているけど、殆どの場合、プロポーズは落ち着いた空間においてなされるものだし、そこまで大袈裟が過ぎる、というものではありません。今回は「愛」のコンセプトを結婚やソウルメイトの視点から見てみたいと思います。

One of the biggest differences I have noticed between America and Japan is the fact that proposals tend to be quite lavish and can, and often will, go viral. While most proposals tend to be kept on the down low, nothing too extravagant, for the most part.
So this time, I would like to talk about the concept of “love” through marriage and soulmates.

Wanting A Romantic Proposal/ロマンチックなプロポーズを願う人

先ほども軽く述べましたが、ロマンチックなプロポーズを夢見る女性がいるのも間違いないです。チャーミングな彼に心を奪われ、片方の膝でひざまづき、美しいダイヤモンドの指輪を手に「僕と結婚してくれますか」と言われること。私たちは年の若い頃からおとぎ話や本を通じて、人生で最も愛する人にプロポーズされて結婚することが理想と教わって来ました。私たちが向かって行くゴールなのです。だから、そのおとぎ話は結婚する前もしくは結婚をした時点で終わるのです。だって、目的が果たされた訳ですから。

As I mentioned briefly, there are still girls who dream of getting that romantic proposal. Their charming significant other sweeping them off their feet, getting down on one knee with a beautiful diamond ring in hand. “Will you marry me?” We are told from a young age through fairy tales and books that having the love of your life propose to you and getting married to them is the most ideal thing. It is the end goal we should all aim for. That is the reason why fairy tales always end before or at the wedding. Because the goal had been met.

最近、一人のユーチューバーであるタイラー・シェルトンが彼のプロポーズまでの道のりをビデオにして公開しました。7年付き合っていた彼の彼女の父親が数年前に亡くなってしまい、シェルトンは相手のお父さんに娘さんと結婚してもいいですか、と聞く機会を見失ってしまったのです。その代わりに、結婚をしても良いか、彼女の父親への手紙を通じて聞くことにして、シェルトンは彼女の全員の家族に許可を得ようとしたのです。

Recently, YouTuber Tyler Shelton, posted a video of his journey to his proposal. His girl friend of 7 years had lost her father a few years earlier, and Shelton was never able to ask him for permission to marry his daughter. Instead, Shelton then asked every member of the family for permission before continuing on to ask her father for her hand via letter.

これは私がインターネットでみた中でもかなり素敵なプロポーズだと思いますし、そのように同意する人も数多くいたからこそ、このビデオが出回ったのだと思います。ストーリー、音楽、撮影、全てをひっくるめて理想的です。こんなビデオがあるからこそ、多くの女の子たちがこのような甘くて、ロマンチックなプロポーズに興奮するのです。結婚することにあまり興味がなくても。誰かが自分のためにここまでしてくれて、喜ばせようとしてくれるその概念に恋をするのです。そこまで強く思ってくれるというその考えが素敵なのです。

There is no denying that this is one of the sweetest proposals that I have ever seen on the internet, and it seems as though many can agree, seeing that it has gone viral. The combination of the story, the music, the cinematography, everything is ideal. And because of videos like this, girls swoon over sweet and romantic proposals. Even if they don’t really care to get married. The idea that someone would go this far and put so much effort into making them happy. It’s the idea of being thought of that strongly.

ring-441783_640

Celebrity Aid/セレブの助けを求めて

それでは、今度はセレブたちのプロポーズを見てみましょう。セレブたち自身がプロポーズをするのではなく、セレブの中には、自分のファンが「大きな質問」を相手に投げかける手助けをする人たちが居ます。最近あった有名なプロポーズは2014年にあったワン・ダイレクションのコンサートであったプロポーズです。ファンがツイッターを通じて彼らに助けを求めたらしいのです。その彼が自分の彼女にプロポーズの思い出が残るようにしたいと言って、ジャスティン・ティンバレイクもカップルをステージ上にあげたことがあります。ビヨンセ、マライア・キャリーも、男性が膝をついてプロポーズする機会を設けてくれました。人気ドラマ、How I met your motherがファンのプロポーズを番組の一部に取り入れた思い出深いシーンがあったことも忘れがたいですよね。

Then we have the celebrity proposals. Not that celebrities are proposing, but some celebrities have helped their fans pop the “big question”. One of the more recent and notable proposals was at this One Direction concert in 2014. A fan reached out to the members via Twitter to ask for their help. Justin Timberlake also pulled a couple up onto stage to make this mans question more memorable than ever. Beyonce, Mariah Carey have also given way during their shows for men to get down onto their knee. And let’s not forget how the whole cast of the popular sitcom How I Met Your Mother integrated a dedicated fans proposal into their show.

プロポーズを成功させたセレブたちは数多くいます。素敵な瞬間を目の前にしつつ、かつ大好きなセレブに注目されながらのプロポーズは興奮しますよね。最近の記事で、Promposalについて書きました。ここでは、promposalsがプロポーズをする手前の課程のことを示していて、ティーンたちはプロムへ誘われるという一風変わった期待をどんどん抱いているんです。これは、実際いざプロポーズをするっていう時に更なるプレッシャーを与えてしまうだけですよね。これだけ、豪華なpromposalsを見てきたら、実際のプロポーズも豪華なものでないと、ってなるでしょう?

There have been numerous celebrities that have helped proposals succeed. Seeing these sweet moments, and seeing how it can gain the attention of your favorite celebrities, this adds to the hype of proposals. In a recent article, I wrote about promposals. I wrote about how these promposals are the pre-step to proposing, and how the expectations have been raised due to the outlandish ways many teenagers today ask their date to prom. This only adds to the pressures when it comes to the real deal. You see all these fancy promposals, so of course the actual proposal is going to be more extravagant. Right?

What is “The One”?/「運命の人」って何?

私たちは幼い時から、将来はどこかでソウルメイトと一緒になるんだよって言われてきていますよね。どこかにいるソウルメイト。でも、ちょっと一度立ち止まってどれだけの人がこの地球にいるのを考えたら・・・だいたい70億人とされていて、その中で「運命の人」一人を探さないといけないのでしょうか?非難を承知で言いますが、それが起きる可能性はかなり小さいと思いますよ。

They always tell us growing up that we are all born into this world with a soulmate out there. Somewhere. But when you stop and actually think about how many people are on this planet…out of the roughly 7.3 billion people on this planet, we’re supposed to find the one? I’m going to go out on a limb and say that the chances of that happening is quite slim.

私たちは幼い頃から人生ではたった一人の人だけを愛するんだよ、と言われています。そして運命の人に出逢ったら大きな花火が打ち上がって、なんとなくわかると言われています。もし、これが本当だとしたら、それだけ多くの人が結婚している理由は運命の人を見つけたと確信しているから一緒にいるのだろうか、と疑問に思うんです。でも、運命の人ではなかったと気づいたらそこで離婚をするという訳なのですよね。離婚が社会的に受け入られているから、多くの人は結婚を投げ出すことに抵抗が無い、ということなんですよね。それに現代では、新しいアプリや出会い系ウェブサイトもありますよね。これらの機能で、「運命の人」を簡単に探すことが出来ますよね・・・もし、それが本当に存在するならという話ですが。

We are told from a young age that we only love once. That when we find the right person, fireworks will go off and you will just know. This then leads me to wonder that if this were to be true, then does that mean that so many people are just marrying people because they believe they had found their one. But after realizing this is not the case, they get a divorce. And with divorce being more socially accepted, it’s many people are willing to let go. And then you have all the new apps and websites of this day and age. I suppose those make finding the one a bit easier, if that is the case.

Photo: Junko

Photo: Junko

Three Big Loves/3つの大きな愛

年をとればとるほど、人間は三つの大きな愛に直面すると言われます。(あるいはそれ以上、と言われる場合もありますし、どの資料を見るのかにもよります。)これら三つの愛はランダムな時に訪れると言われており、違う形や形式で巡り逢えると言われています。多分、最も思い出深い愛はあなたの初恋でしょう。この初恋は、あなたのその後の恋愛の指標になって行きますし、知らず知らずのうちに恋人との関係を比較するものにもなるかもしれないです。二つ目の愛は、結婚する時かもしれないです。これは多分多くの人に当てはまることだと思います。社会が組み立ててきた、家族を持ち完璧なライフスタイルを過ごすということが、実は最も大きな愛ではないことを知ることになるかもしれません。だから、離婚して、別々の道を歩んで、次の恋愛を探しにいく。それが三つ目の愛。この愛はもしかしたら人生の中で大切な愛になるのでしょう。それが最後の愛なのです。これは、このコンセプトを信じている人には当てはまるのではないでしょうか。

Then as we get older, we are told that humans experience three great loves in their lives (or more, depending on what source you look at). These three great loves all come at random times, in different shapes and forms. Probably the most memorable love will be your first love. This is the love that will end up being the measuring tool that you use to compare the rest of your relationships, whether you realize it or not. The second love may be the one you marry. This is probably the case for many people. You will start a family and have that picture perfect life that society has built up, until you realize one day that this isn’t the final big love. So we get divorced, we separate our ways, and wait for our next love.
The third love. Perhaps this is the love that people will stay with for the rest of their lives. The final love. At least, for those who believe in this concept.

この場合、「運命の人」とかソウルメイトが存在する訳ないのです。でも、豪華なプロポーズをしたりしても、二つ目、三つ目の恋愛にはそんなことしないかもしれないですよね。これだけ多くの刺激的なプロポーズや結婚式を見てきています。どんな厳しい道のりであっても、その相手と一生過ごすことを誓うんです。でも、この誓いを守る人たちは減ってきていますし、むしろ、この誓いを交わしたいと思う人たち自体が減ってきているのです。

If this is the case, then there can’t be “the one” nor can soulmates exist. But we still go and plan these extravagant proposals, even if we know that we won’t be doing this for our second or third loves. We build up all this hype for the proposals and weddings between two people. We all make this commitment to spend the rest of your life with them, through sickness and health. And yet, the percentage of people who keep these vows are decreasing along with the number of people who want to make these vows.

これは、大きな愛が一つではなく、三つあることに気づいて「運命の一人」を見つけることが不可能だと気づいた人が居るからなのでしょうか?もしそうならば、どうして今だに壮大なプロポーズを熱望するのでしょうか?

Could it be because we have all come to realization that finding “the one” is impossible if we have more than one love in our lives? If that’s the case then, why do we yearn and dream for these grandiose proposals?

Photo: Junko

Photo: Junko

自分たちで経験するまではわからないことなのでしょう。それまでは、元彼や元カノに自分がどれだけ価値ある人間なのかを教えてくれたことに感謝しましょう。そうしたら、もし本当にこの人だ!って思える人を見つけたら、相手がどれだけあなたが大事で、あなたも相手がどれだけ大事なのか気づくことができるでしょう。

I guess we will never know until we experience things ourselves, huh? Until then, continue to thank your ex’s for the lessons they have taught you and showed you how worthy you are. That way, when and if you do meet the one, they will know just how important you are, and you will know just how important they are.

みんなネットで出回るプロポーズについてどう思いますか?大好きなセレブの前でプロポーズされたらどうしますか?

What do you guys think about these proposals that are going viral? What would you do if you were proposed to in front of your favorite celebrity?

~Junko