アメリカで人気のミュージックビデオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://www.flickr.com/photos/machechy/4139754341/

https://www.flickr.com/photos/machechy/4139754341/

みなさんもご存知のミュージックビデオ。主にポピュラー音楽のミュージシャン、グループ等の楽曲に合わせて制作される映像作品で、特に音楽作品の販促のためのものです。日本では、プロモーション・ビデオ、PV、ビデオ・クリップ、クリップと呼ばれることも多いです。洋楽のミュージックビデオを観たことがある人も多いかと思いますが、洋楽のミュージックビデオは日本のミュージックビデオとはまた違った魅力がありますよね。今回はそんな人気のミュージックビデオについてご紹介します。

アメリカで話題のミュージックビデオ

https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/6966830273/

https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/6966830273/

「Bad Blood」Taylor Swift ft. Kendrick Lamar

テイラー・スウィフトの最新アルバム「1989」からの4thシングル「バッド・ブラッド」のミュージック・ビデオが、新記録を樹立! これまで再生回数1位を誇っていた、ニッキー・ミナージュの「アナコンダ」のMV記録(1,960万回)を塗り替えたことを、音楽サイト「Vevo」が発表した。セレーナ・ゴメス、カーリー・クロス、カーラ・デルヴィーニュ、ゼンデイヤといったテイラーと親交のある人気セレブがこぞって出演しているとして公開前から話題となっていた本PV。「Vevo」によると、「バッド・ブラッド」MVは、公開から24時間で2010万回もの再生回数を記録したという。

「Bitch I’m Madonna」Madonna ft. Nicki Minaj

マドンナが新作ミュージック・ビデオにケイティ・ペリー、リタ・オラ、ニッキー・ミナージュ、ビヨンセが登場することを明らかにした。ニューシングル『ビッチ・アイ・アム・マドンナ』のミュージック・ビデオで人気アーティストが勢ぞろいすることを発表したマドンナは、全参加アーティストが揃う映画ポスター風の画像をインスタグラムに投稿したことで話題になりました。すでにビデオも公開されており、インターネットでも視聴が可能です。

「Infinity」Mariah Carey

今回のビデオでは、いまハリウッド・セレブたちも巻き込んで世界的に大流行しているマッチング・アプリをマライアが使って次々と男性たちに出会っていくという設定。最後にマライアのハートを射抜き、ドライブ・デートに誘うことに成功した犬好きのメガネ男子を、現在全米で記録的な大ヒットになっている話題のドラマ『Empire 成功の代償』に出演して人気上昇中のジャシー・スモレットが演じています。

https://www.flickr.com/photos/73014677@N05/7631768230/

https://www.flickr.com/photos/73014677@N05/7631768230/

日本とのミュージックビデオの違い

PVは確実に進化し、映画ではできないおもいきった新しい手法が試され続けています。 映画監督になりたい、という夢と同じように、PV監督になりたい、と憧れる人も多くなりました。 映画、音楽、アニメ、そしてレトロ・リスペクトといったように様々な要素をクリエイター達が選んで試せるのもPVのよさでもあります。アメリカのミュージックビデオでは、ドラッグやアルコール、過度なセクシャルシーンも日本より多くあります。アメリカでは、ミュージックビデオは若者向けに作られていることが多いためと言えます。

ミュージックビデオの時代の変化

20世紀初頭から、 「音楽と映像」 は随分研究されてました。それに対し予算を組み、音源の宣伝ツールとして世界で初めて制作されたのが、イギリスのロックバンド Queen (クイーン) の 『ボヘンミアン・ラプソディー(1975)』 と言われています。この PV は、クイーンのビジュアル的なインパクトと、彼らの肝であるライブ演奏シーンを正確に映像化し、音楽と映像のマッチングに成功しています。そしてクイーンは、このヴィジュアル・プロモーションのおかげで、当時一番旬なバンドとして世界中で認識されました。MTV とは、1980年代初頭にアメリカで設立されたケーブルテレビの音楽チャンネルです。設立してまもなく、MTV の流行は、瞬く間に世界に広がっていきました。その MTV が発信した 「若者 = 音楽映像」 という傾向は未だに引き継がれています。

おわりに

いかがでしたか?日本で大人気の歌手、安室奈美恵さんが発表した新作のミュージックビデオは、画面にタッチして観るという斬新なもので、指のタッチと動画、音楽がうまくミックスされ、海外でも話題になっているそうです。画面をタッチしながらの動画鑑賞はついついその世界に引き込まれてしまいますよね。まだまだこれからも興味深いビデオが出てきそうです。