定番から変わりダネまで紹介・アメリカ人が楽しむ趣味

このエントリーをはてなブックマークに追加

バラエティ豊かな趣味の数々

https://pixabay.com/en/squash-sport-man-game-racket-ball-793058/

https://pixabay.com/en/squash-sport-man-game-racket-ball-793058/

皆さんはなにか趣味をお持ちですか?アメリカ人でも趣味を持ち取り組むことは、生活にハリを与え、より人生を楽しむことができると考えられており、多くの人が思い思いの趣味を楽しんでいます。
今回はアメリカ人に人気の定番の趣味、居住環境が大きく影響する趣味、そして私が生活するハワイで人気の趣味をご紹介したいと思います。

アメリカ人定番の趣味

https://pixabay.com/en/animal-bird-catch-dog-field-gear-17760/

https://pixabay.com/en/animal-bird-catch-dog-field-gear-17760/

アメリカ人男性が週末楽しむ典型的な趣味と言えば、ビール片手にスポーツ観戦。アメリカンフットボール、バスケットボール、ベースボール、ホッケー等、年間を通して様々なスポーツの試合中継を楽しむことができるスポーツバーは社交の場でもあり、同じチームを応援する仲間が集う場でもあります。プロリーグだけではなく、大学生リーグなどの試合も地域住民の応援で盛り上がりますよ。

実際に自分で身体を動かす趣味の定番と言えば、フィットネスクラブでのトレーニングやズンバ等のスタジオプログラム。ゴルフ、ジョギングやヨガ、ピラティスも幅広い年代の愛好者の多い趣味として人気です。

また、日本ではあまり馴染みがないもので「アメリカならでは」の趣味と言えば、ガンシューティング(射撃)。お店で借りる銃で射撃を楽しむタイプから、自分の銃をガンレンジ(射撃場)に持参し、銃の手入れと自分のトレーニングを兼ねて射撃を楽しむタイプまで種類は様々です。

居住環境が影響する趣味

https://pixabay.com/en/kite-surf-jump-freestyle-sport-sea-789264/

https://pixabay.com/en/kite-surf-jump-freestyle-sport-sea-789264/

場所によって大きく環境の異なるアメリカでは、季節によってその土地ならではの趣味が存在します。海が近いエリアではマリンスポーツ、山に囲まれたエリアではトレッキングや登山、自然がいっぱいの郊外では釣りや狩猟も人気です。

雪の多いエリアではスキー、スノーボード、スノーモービルは欠かせませんし、大人の趣味として人気のスケートやアイスホッケー、フィギュアスケートは子供たちの習い事としても人気です。

ハワイで人気の趣味

https://pixabay.com/en/hawaiian-hula-dancers-aloha-stadium-377653/

https://pixabay.com/en/hawaiian-hula-dancers-aloha-stadium-377653/

海あり山ありの豊富な自然環境が整っているハワイでは、アウトドアで趣味を楽しむ人が多いように思います。
朝夕のビーチパークは趣味を楽しむ人が集う、活気あふれるスポット。サーフィン、ボディボード、ヨガ、ジョギング、グループフィットネス。日の出や日の入りを眺めながら、美しい自然のなかで趣味を満喫できるなんて幸せですね。

またハワイの文化にちなんだ趣味と言えば、フラそしてウクレレ。さらに多文化からの影響を受けてハワイに根付いたもので人気の趣味には、和太鼓、空手が挙げられます。

TVで楽しむ趣味チャンネル

https://pixabay.com/en/vegetables-knife-paprika-573961/

https://pixabay.com/en/vegetables-knife-paprika-573961/

アメリカのケーブルテレビは、チャンネルごとに一つのトピックに特化した内容を一日中放送しています。もちろん趣味に関するチャンネルもたくさん存在しますので、参考にしている人も多いです。

クッキング、スポーツ、ファッション、ホーム(DIY、ガーデニング、インテリア、リノベーション)、トラベル、映画チャンネルというように、ケーブルテレビは趣味の宝庫。

ケーブルテレビを見ていると、アメリカ人がどんなことに興味を持っているのかを伺い知ることができて面白いですよ。

最後に

日本では「仕事が忙しくて趣味の時間を持つ余裕がない」とこぼす人も多いですが、アメリカでは「仕事のせいでプライベートな時間が犠牲になるのはとんでもない」という意見を持つ人が大半です。

また仕事のオン・オフを切り替えるために、平日の仕事帰りであっても積極的に趣味のアクティビティに参加するのもお勧めだそうです。

家と仕事の往復だけではなく、何か趣味を見つけてさらに充実した生活を過ごしてみませんか?