海外で大人気「塊魂」クリエイターが仕掛ける新作 Wattam

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人ゲームクリエイター高橋慶太さんが関わるサンフランシスコのゲーム会社 Funomena は先日E3 で新作を発表しました。ゲームの魅力と彼のキャリアを解説しますよ!将来海外で仕事したいと考えいている人も必見です。

Japanese game creator, Takahashi Keita is a part of Funomena, an American game company based in San Francisco. They announced their latest creation at the E3 convention. Let’s go over the game and how awesome he is! For those who want to work abroad, this is a must read!


Wattam E3 Trailer

今年のE3イベントで、「Wattam」のE3トレーラーが紹介されました。トレーラーをみて、ゲームがなにをするものなのかが理解できないと思う人が多かったかもしれませんが、「Wattam」が出てくることをすごく楽しみにする人たちがたくさんいます。このゲームは新スタジオの「Funomena」が制作したもので、高橋慶太氏とRobin Hunickeによって設立されたものです。Robin Hunickeが制作した最も有名なゲームは「ザ・シムズ2」というものでした。そして、高橋慶太氏が制作したものは「塊魂」というものでした。塊魂はあまりはっきりしないゲームだと思われる人も多いですが、実は日本と世界各国で多くのファンがいるんです。任天堂やスクエア・エニックスなど大きなゲーム会社から生まれたゲームというわけでもないのに、アメリカでも多くのファンがいることは珍しいことです。

The trailer for Wattam was screened at this year’s E3 convention. While the trailer may leave some viewers at a loss at what the game is actually about, there are plenty of people excited about getting to play Wattam. The game is being created by a company called Funomena; which is cofounded by Keita Takahashi and Robin Hunicke. The most famous game that Robin Hunicke worked on is The Sims 2, and Keita Takahashi is the creator of Katamari Damacy. While Katamari Damacy may seem like an obscure game, it actually has a huge following both in Japan and overseas. For not coming from a major game developer like Nintendo or Square Enix, the game has a surprisingly large fan base in the US.

Katamari Forever – Official E3 Trailer [HD]

両者が出会ったのは2002年で、高橋慶太氏が塊魂を作っていて、Robin 氏がEAで働いている頃のときでした。Robin氏が彼のゲームのデモを東京ゲームショーで見たときにすごく面白おかしくかっこいいと思ったようです。ですから、彼女は彼をカリフォルニアのGCDへその年に招待し、Experimental Game Workshopの期間中にスピーチをしてほしいとお願いしたのです。高橋慶太氏が塊魂を制作する上でインスピレーションを受けたのは、みんながこの世界をくるくるっと巻いて一つの大きなボールにしてしまうことで、平和と愛が生まれるだろうという彼の考えの元から生まれたようです。彼がワークショップでしたスポーチはすごく受け手側からの評価がよく、塊魂にとって多くのポジティブなプレスが向けられたのです。ゲームが受け取ったサポート額は英語でゲームを訳すことが可能となり、アメリカのゲーム市場へ進出することもできたのです。

Keita and Robin met in 2002 when Keita was working on Katamari Damacy and Robin was working in EA. Robin saw the demo for his game at Tokyo Game Show and thought that it was so silly and cool. This convinced her to invite him to California for the Game Developers Conference (GCD) that year to give a talk during the Experimental Game Workshop. Keita’s inspiration for Katamari Damacy was his belief that the world needed to be rolled up into one big ball so we could all learn to be peaceful and love one another. Keita’s speech at the workshop was so well received that it earned Katamari Damacy a lot of positive press. The support that it received allowed the game to get the funding it needed to be translated into English and enter the American gaming market.

高橋氏とRobin氏は年々仲がよくなっていきました。両者ともお互いの言語をうまく話せるというわけではなかったのですが、彼らの会話を通してお互いのゲームに対する価値観が同じであるということを知るようになっていきました。彼らは二人の創造力を合わせて発見、フィジカルプレイ、そして楽しさというのを生み出す大切さを見つけたのです。両者は、ゲーマーたちが子供の頃に感じた感情を思い起こすことや、周りの人たちと関わることで再認識する不思議な発見をすることができるようになります。この彼らのミッションが「Funomena」という会社を設立することを促したこととなったのです。

Over the years Keita and Robin got to know each other better. Neither of them speak each other’s language perfectly, but through their conversations, they discovered that they shared a lot of common beliefs when it comes to gaming. The creative force that drives both of them is placing importance in discovery, physical play, and joyfulness. They both seek to have gamers remember childhood feelings and rediscover the sense of wonder that comes from interacting with the world around them. This mission is what prompted them to start the company Funomena.

Wattam Sneak Peek

「Wattam」は実は会社がプロデュースする2つ目のゲームとなります。高橋氏が、当時2歳であった息子と遊んでいるときに浮かんだアイディアでした。一緒に遊んでいたブロックがもしも現実世界に現れたらというのを想像したようです。この彼の気まぐれで、息子が遊んでいて楽しくなるような感覚を、ゲームをするときに感じさせたいのが彼の願いのようです。「Wattam」はフィクションの世界の中で起きるゲームで、日常生活でみられる普通の物体や生きている形たちが住人となっています。一つ一つの生き物はそれぞれの機能や目的があります。キャラクター同士との繋がりを作ることで、新しい機能が身についたり、「Wattam」の住人と出会うことができます。これらを、発見することと、無限の組み合わせを並べることで、どっぷりつかることができる世界を探検しつつ、自分たちの好奇心を駆り立てることができるのです。高橋氏とRobin氏は私たちの考え方をリセットしたいようで、伝統的な慣習を避け、ポジティブな考え方に変えたいようです。

Wattam is actually the second game that the company is producing. The idea of the game came to Keita while he was playing with his son who was two years old at the time. He envisioned that the blocks they were playing with would come to life. This sense of whimsy and the joy his son feels while playing with things is something that he wants to put into the game. Wattam is set in a fictional world which is inhabited by a bunch of ordinary objects and living shapes. Each creature has a different function and purpose. Making connections with each character will give you a different ability and help you to reunite all of the inhabitants of Wattam. Through discovering these and mixing them in an endless array of combinations, we get to awaken our curiosity while exploring this immersive world. Both Keita and Robin want to reset the way that we think, so that we avoid the conventional, and are changed in a positive way.

現実世界や大人たちの世界はとても大変なものです。ゲームをすることは子供たちのためだけ、というのはすごく悲しいことで、新しいことを発見する楽しさは老いたらそれで終わりというのも寂しいことです。親として、高橋氏は大人がゲームをすることは、子供たちがゲームをすることと同様に大事だと言っています。もし、すでに経験したことがあることや、すでに知っていることをトランスフォームし、世界を新しい視点で探検することができるなら、そこから新たな幸せを見つけることができるのではないでしょうか。「Funomena」はこの価値観を心にとめ、「Wattam」という世界観を作り 新しい発見をする冒険に出ることができます。「Wattam」のゲームプレイの最新情報や背景は今後多く知ることができるでしょう。2016年に発売されるときには、僕は絶対に買うと決めています。

The realities of the world and adult life are enough to get anyone down. It’s a sad thing to think that playing is only for children, and that the joy of discovery ends when you are older. As a parent, Keita believes that it is just as important for adults to play as it is for children to. If you’re able to transform your experience of things you already know, and explore the world through a different perspective, you can find a sense of happiness from this. Funomena takes these values to heart, and have created the world of Wattam to put you on this journey of discovery. You can look forward to updates about the gameplay and background of Wattam throughout the year. I’m definitely planning on buying the game once it gets released in 2016.

~ Thomas