怖い?信じる?奇妙な海外の都市伝説

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://pixabay.com/en/trees-park-fog-mysterious-285386/

https://pixabay.com/en/trees-park-fog-mysterious-285386/

世界中に都市伝説は存在しているようです。知らなきゃよかった・・・と思ってしまうような恐怖をそそる話から、面白おかしなネタまで色々あるようです。アメリカ、ヨーロッパ、そのほかの国のおまけつきで海外の都市伝説を集めてみました。信じるか、信じないかはあなた次第!

アメリカで有名な都市伝説

https://pixabay.com/en/taxi-cab-traffic-cab-new-york-381233/

https://pixabay.com/en/taxi-cab-traffic-cab-new-york-381233/

ブラッディ―マリー

真夜中に鏡の前に立って、ブラッディ―マリーの名前を3回唱えると、鏡の中に彼女が姿を現すという話。
呼び出してしまうと、顔を引っかかれたり、発狂されたりで何らかの怪我を負うことになるという。
若くして、無念な死を遂げた女性が正体だと言われている、肝試し的な都市伝説。

消えたヒッチハイカー

乗せたはずの若い女性ヒッチハイカーが忽然と消えていた話。彼女の目的地で運転手が聞いた話によると、その女の子は数年前に亡くなったその家の娘だったのではないかと思われている。乗せた場所は事故現場だったという。

なめられる手

夜中に物音で目覚めて怖くなった少女が、そばで寝ている仲良しの愛犬に手を差し伸べると手をなめてきた。が、翌朝、その愛犬は殺されており、「人間だってなめるんだ」というメッセージが残されていたという。夜中の間に物音の場所がクローゼットの中と気付いた彼女がそのクローゼットを開けると犬が殺されていたという別説もある。

黒目の子供たち

白目のない10代の子供たちが現れ、家の中に入りたがったり、車で送ってほしいと頼んだり、水をくれとせがんだりするらしい。要求を拒否すると発狂的になり攻撃を仕掛けてくるそうだ。BEK(Black Eyed Kids)と呼ばれ、目撃者が頻発しているという。正体はいまだ解明されていない。

スーパーマンの呪い

スーパーマン役を演じた俳優の身には、必ず不幸が訪れているという話。
1951年TVドラマ『スーパーマンの冒険』の主役ジョージ・リーヴスは結婚を控えたある日射殺死体となって発見された。
1963年、スーパーマンに大統領を登場させたがケネディは射殺された
1978年映画『スーパーマン』赤ん坊時代を演じたリー・クイグリーは有機溶媒の吸入により14歳で死亡。
1980年代映画『スーパーマン』のクリストファー・リーヴは、落馬して首を骨折し、半身不随となった。

ヨーロッパで語り継がれる都市伝説

https://pixabay.com/en/neuschwanstein-castle-germany-532850/

https://pixabay.com/en/neuschwanstein-castle-germany-532850/

暗い日曜日

1933年にリリースされた曲。暗い日曜日に女性が亡くなった恋人を想い嘆いて、自殺を決意するという「自殺ソング」として知られているが、ヨーロッパをはじめ世界中で数百人にも上る人がこの曲を聞いてから
自殺をしているという。イギリスBBCはこの曲を放送禁止にした。

エミリー・サジェ

1800年代のフランス人女性教師の話。数十名の生徒たちが「サジェ先生が2人いるように見える」と言い出したため懐疑をもたらしたことが発端。のちには、生徒以外でも彼女の分身を目撃する話も出ている。

切り裂きジャック

1888年の2か月間の間にロンドンで起きた売春婦5名のバラバラ殺人事件。その後に新聞社に怪奇文が送られてくる。
手紙の内容は、切り裂きジャックは売春婦を毛嫌いしており、警察には決して捕まりはしない。犯行はまだまだ続くと予告する挑発的なものだったという。

その他の国の奇妙な都市伝説

終末の音

アポカリプティックサウンドと呼ばれ、その奇妙な重い金属の扉のような、金属同士の摩擦のような音。
どこから聞こえるのか分からないまま、世界中で耳にする人が増発していて話題になっています。

「YAP」遺伝子という特殊な遺伝子を持つ日本人

この遺伝子を持つ人は日本人にしか存在しないのだそうです。このことは貴重な古代血統とも解釈できる。
アジア人として認識されているが、隣の韓国ではこのyap遺伝子を持っている人はいないらしく、ルーツははチベットや中東の可能性があるとのこと。一方、YAP遺伝子はアイヌや沖縄にも多く40%以上の人が持っていると言われている。確定した話であれば、YEP遺伝子の持ち主は、朝鮮人や中国人というルーツ経路ではないことになる。

ディズニーの退職金は10億

ディズニーのアニメに携わる人は仕事を辞めるとき口止め料として約10億円を受け取っているという。

フォント「Wingdings」

New York City「NYC」を「Wingdings」というフォントでShiftキーを押しながら入力すると、髑髏・ダビデの星・親指を立てたマークになるのはマイクロソフト社のユダヤ人迫害思想に基づくものと言われている。

まとめ

まだその真意、実状が分かっていないものから、すでに「そんなことは実はなかった」というものまで、都市伝説は世界中でみんなの話題になり続けています。一度出てきてしまった幽霊、妖怪などの超常現象やUFOなどの話は、存在肯定をしなくても、存在否定することは難しいので、公式でなくても口々に広まり続けるのだそうです。