海外はレディーファーストなのに日本はメンズファースト?

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学を考えいている男性諸君にMegumi からのアドバイスです。レディーファーストがいかにアメリカで根付いているか、日本で育つと中々実感できないですよね? 彼女の経験談を聞いてみましょう!あ、女性も必見です!

For the men who are thinking about studying abroad, here’s some advice from Megumi. You can’t really understand just how much does the concept of ladies first apply in America, while you’re in Japan, right? Let’s listen to her experiences and learn! Oh, this is good for girls too!


Photo: Megooooo

Photo: Megooooo

日本に何年も住んでいるとよくわからない慣習と出会うことがあります。いくつもあるうちの一つの慣習として、日本のレディーファーストの概念がよくわからないんです。海外に行ったことがある人ならわかると思いますが、海外の人はレディーファーストをすごく大事にしているんですよね。アメリカにいる男性は女性を先に行かせることを若い年齢のときから教え込まれます。日本ではどうかって?私の弟は別に親からそういうしつけを受けていなかったので、一概に日本人の男性はレディーファーストをどうやってすればいいのかもわからない人が多いと言っても過言ではないと思います。この記事の要点は人に優しくするジェスチャーは大事ってこと!常識にとらわれないように他人に優しくしましょうよ!どう?!

Even after living in Japan for many years, I encounter things that I still find bizarre. One of those many things is the concept of ladies first in Japan. If any of you have been abroad, you might be able to tell the extreme difference in how often foreigners act on ladies first. Men in the US at least, are taught from a young age to let women go first. In Japan? I know at least my brother was not taught so from my parents, so that generally speaking, I don’t think many men in Japan even know how to act on ladies first. The take away from this article is how kind gestures always count! Think outside of the box and try to do something nice to other people!

At school/学校にて

こんなふうに思うのは私だけでしょうか・・・?日本人の男子大学生ってなんかいけ好かない・・・。別にみんながそうだと言っているわけではないですが、もうちょっとレディーファーストのこととか、女性をリスペクトしてもよくない?!って思うんですよね。4年間、大学に通っていてふと思ったのは、ドアを持ってくれた男性と一度も出会わなかったということ。ドアを持ってくれるだけだよ〜、そんな難しいことじゃないのに。だから、私が男性のためにドアを開けて持ってあげたことが何度あったことか・・・!
ある日、クラスに向かっている最中に廊下を歩いていたら前を歩いていた男性がいて、本当に近い距離で歩いていたから絶対ドアを持ってくれるだろう!と思ったんですよ。でもね、彼はなにをしたかというと、ドアを私の目の前でバタンッ!と閉めたの。そのあと、なんと彼とは同じクラスを受けていたらしく、また同時にドアの方向に向かっていたのね。私は普通にいつものように後ろに誰かきているか確認して、何人かいたからドアを持ってあげていたの。別にもうドアを持つことはまったく気にしないんだけど、誰も一度も「あ、いいよ先に行きなよ」とか「ありがとう」も言わないんだよ。何事?誰もなにも言わないの!すごく日本人の男性に失望しちゃったし、いくら他人でもなんでそんな簡単なことが言えないんだろうって思い始めたの。
これは日常的に起きていて、もう別に気に触るようにはならなくなったし、なによりも男性がなにか気の使えることをしてくることに期待をしないようにしたの。それで、ふと思ったわけ。
「やば、これ文化の違い的なやつ?」
私の作った理論ですが、実はこれ文化的背景が大きく影響していると思うんです。日本の社会は男性を敬いなさいっていう慣習があります。そうね、すごいむかつく生まれつき持つ性の役割みたいなやつを社会が私たちに自然と与えたんです。(ジェンダーバイナリーという)私たちが男性を敬う理由としては、最終的に家の大黒柱だからっていうのが一つだと思うんですよね。でも、今回は大学の学生について話していて、まだ家族を養っているわけではないけど、日本は若いうちから女性は男性の下にいなくてはいけないヒエラルキー(階級)を知らず知らず教え込んでいるんです。
女子力って言葉があるでしょ?あれは、女性が男性のためを思って、私にはこんな才能があってスキルがあるんですよ!っていうのをアピールするものなんです。女性は男性と一緒に働くのではなくて、男性のために働く。この違いわかりますか?
なんでこれまで、私がドアを持ってあげていた男性がお礼を言わなかったり、ちょっと申し訳なさそうにもしない理由がわかった気がするんです。この社会では、女性はそうするべきだからなんだって気づいたんです。私たち女性は男性を先に置かないといけなくて、自分たちより先に行かせないといけないんです。
ジェントルマンファースト?いや、メンズファーストかしら。だって、お礼も言えないようじゃ別にジェントルマンじゃないですもんね。

Is it just me who thinks that Japanese male college students are lame? No offense, but you guys should really learn what ladies first means and have some respect towards women. After being at my school for 4 years, I never encountered a guy who has held the door open for me ONCE. Guys, it’s just a door. In fact, I can’t remember how many times I’ve held the door open for guys.
I was walking down a hallway, headed to class, and there was a guy who was walking right in front of me. I honestly thought he would open the door for me because we were literally walking right by each other. But what did he do? He slams the door right in front of ME! Apparently, we took the same class and somehow we managed to get out of the class at the same time as well. I did the normal thing to look back and see if anyone was coming through, and I saw a few people so I held the door. I don’t mind doing that AT ALL, but after letting at least 3 men, including the guy who shut the door in front of me, go through the door without offering “hey, you can go ahed” or receiving a simple “thanks” would have helped but NO. NO ONE DID SO. I was disappointed in Japanese men and thought why is it so difficult for them to do something SO simple.
This happened on a daily basis to me, so later on I didn’t even bother or expect men to do something nice for me.
Then it hit me.
“Oh shit, is this a cultural thing?”
Let me tell you my theory. Indeed, I think there is some cultural background that needs to be explained. Japan is a society where men should be treated respectfully. YES, there’s some fucked up gender binary thing that society has created for us. We treat men with more respect because in the end, they are the ultimate breadwinners of the household. Even though, I am talking about college students who don’t have a family to feed yet, Japan prepares women to put their selves underneath in the hierarchy.
Why do we have the word joshiryoku? It’s to impress other men that you have the ability and skill to cater to men because basically, women are meant to work FOR men, not WITH men.
This explains to me why men never appreciated or didn’t even seem to feel bad that I was holding the door for them the whole time. This is because thats’s what women are sort of suppose to do here. We are expected to put men before us and let them go first.
Gentlemen first? More like “men first”, because if you don’t even appreciate what I do for you, then I won’t consider you a “gentlemen”.

Photo: Megoooooo

Photo: Megoooooo

At a bar/バーにて

シアトルに滞在中、社会実験みたいなのをしたんです。生まれ持った性別の社会的役割と逆のことをしてみたんです。バーに数人の友達と入る際に、後ろに男性が入ってくるのが見えたのでいつものようにドアを持ってあげたんです。もちろんアメリカだったこともあり、「持つよ」と言ってくれたのですが、私は「いや、先に行って!」と指示したんです。彼らのリアクションはおもしろいものでした。多分女性がドアを持ってあげて、しかもどうぞ先に行って!なんて言われるのは生涯予想もしていなかったことでしょう。彼らは「ワーオ!ありがとう」と驚いたようにお礼を言いました。
これはバーで起きた出来事でもあったからこそ面白いんです。アメリカ人がジェンダーの社会的役割をどのようにみているのか理解することができました。一概にいうと、バーは男性が男性らしくいられるところ。バーで女性を魅了するために、男らしくすることができる機会。反対に、女性もそういうことをしてくる男性を期待しているので、ちょっと女性らしく振舞ってみたり。例えば、髪の毛をかきわける仕草とかうるさく話すと品がないので、品よくするとか。彼らに先にどうぞ、と言った際に、わたしは密かにその男性の「男らしさ」というものを奪っていたのです。男性としての役割を果たすことができなかった脅しに捉えられたり、ちょっと攻撃的に捉える人もいたかもしれません。アメリカ人は本当に自然と男性がレディーファーストをするのでちょっと当たり前のようにしている女性が多いのも事実ですよね。ありがと!男たちよ!

In Seattle, as a social experiment, I have done something that crossed over the gender binary. I walked into a bar with a couple of my friends, and I saw a few men coming in so I held the door for them as usual. Of course, because this is in the US, they offered to hold it for me and told me “go ahead!” However, I insisted “no, you guys can go first”. Their reactions were amazing. They never in a million years will dream that a girl will hold a door for them and let alone, insisted them to go before her. They said “wow, thanks!” in a very surprising matter.
Because I did this at a bar, it made it even more interesting to see how Americans view gender roles. In general, a bar is where a man can be a man. They prove their masculinity and appeal to women that their hot and manly. On the other hand, women expect men to act so and they can act more feminine, such as stroking your hair with your hands or talking calmly to keep classy. When I offered the man to go before me, in a sense I have emasculated his gender, and maybe it was threatening or offensive in some extent. It is so natural for men to hold the door for women in the US that many of us take it for granted. Thanks dudes!

Photo: Megoooooo

Photo: Megoooooo

Don’ be Sorry/謝らなくていいよ

アジア人の固定概念で面白いものはたくさんあります。そのうちの一つに「ごめんなさい」をいいまくる、というのがあります。私は完全にこのタイプで、1日10回は言います。いつものように、シアトルの大学で男性がレディーたちに優しく接していて、リスペクトをしてくれている感覚にすごくウキウキしていて、ある日同じドアに向かって同じタイミングで入ろうとしていた男性と出会いました。もちろん、彼は私を先に行かせてくれたのですが、自然と私はそこで「ごめんなさい・・・ありがとうございます」って言ったんです。それで彼が「えー!ごめんねって言わなくていいよ!」と言ったんです。これは今までの人生のハイライトだったかもしれません。「謝らなくていいよ」は始めて聞いたセリフでした。確かにアメリカに行くときに「ごめんなさいって言わなくていいんだよ。あなたはなにもしてないんだから!」本当にその通り!なにも悪いことしてないのに!でもごめんなさいって言っちゃう。これからは、#ごめんなさいって思わなくてごめんなさい!

There’s a funny Asian stereotype that I love. We say “sorry” way too many times. As a matter of fact, I own up to that stereotype and say sorry at least 10 times a day. As usual, I was having the time of my life in Seattle because men were being very kind and respecting the ladies more than enough from what I am used to, and one day a guy and myself happened to go through the door at the same time. Of course, he let me go first and I just naturally said “sorry…thanks.” He told me “no, don’t be sorry!” That was the highlight of my life. “Don’t be sorry” was a term that I haven’t heard in my life EVER. Whenever I go the US, people will tell me “Don’t say your sorry, you haven’t done anything wrong!” SO TRUE! I haven’t done anything wrong, but I keep saying sorry! #sorrynotsorry from now on!

Stop what your doing and look around/今していることをやめて周りを見て

この記事の要点は、社会が課すジェンダーの役割なんて気にすんな!ってことと、固定概念なんて捨てて、人が喜ぶことをしましょう!ということ。
男性へ。もっとドアを持ってあげたり、女性を先に行かせて手振り素振りするとか、あとちょっとスマイルも見せてあげてごらん!わかんないよ!モテるかもしれません。レディーファーストだからじゃなくて、ジェントルマンなんだってことを女性に魅せてあげて!
女性へ。男性に人生を決められちゃだめ!あなたに人生を決める権利があって、社会とか男性からのプレッシャーで、男の人のために行動をするとかはよくないよ。彼らは赤ちゃんじゃないんだから、一人できっといろいろできると思うわ。
みんななにかレディーファーストに関するエピソードはある?またもっと日本の男性はレディーファーストをするべき?どうしてそう思う?コメントで教えてねっ!

The moral of the story is, fuck gender roles and stereotypes and do something that is nice to others! Treat others the way you want to be treated.
For guys out there, try to hold the door or let a women go before you with some hand gestures and a smile with it. Who knows, you might get more girls from that. Don’t do it because it’s “ladies first”, but do it to show that you’re a gentlemen.
For girls, don’t let a guy rule your life! YOU are in charge of your own life, so don’t feel pressured by society or men to cater to their needs. They’re not babies so they can do stuff on their own.
Any intriguing experiences that you guys had regarding ladies first? In Japan, do you think men should act on ladies first more? If so, why? Let me know in the comments below!

Photo: Megooooo

Photo: Megooooo

~Megumi~