なぜか今また注目されている名曲「トムズ・ダイナー」の秘密

このエントリーをはてなブックマークに追加

さほど音楽に詳しくなくても鼻歌のようなサビの「トゥトゥトゥール〜」という印象的なメロディを聴いたことがあるのではないでしょうか。この80年代の曲が今またアーティスト達から注目されています。今回は楽曲が作られた背景などを解説しますよ。

Even if you’re not that familiar with music, there are certain songs that you just end up humming. This song from the 80’s is still getting attention from artists now. This time, we will tell you how the song came about and what it means.


seinfeld-toms-restaurant-2880_1920x1080_43-hd

今日でも、「トムズ・ダイナー」は誰もが知っている曲です。1981年にアメリカ人のスザンヌ・ヴェガによって書かれた曲でしたが、1984年のFast Folk music magazineでリリースをされそれ以来いまでもかつてない人気を得ています。シングルとして始めはリリースされ、1987年に『Soltitude Standing』 のアルバムに含まれていました。この曲はいまではクラシックとなっていますが、オリジナルバージョンが実はそこまで知られていません。1990年にDNAというイギリスのバンドがこの歌のリミックスを作り14カ国でトップ10入りを果たすまではあまり知れ渡っていませんでした。のちに、1993年に『忘れらない人』という映画の主題歌となりました。この曲は未だに人気を持っており、近年人気のアーティストによってリメイクもされているのです。この歌の意味とメッセージについて話す前に、この曲をカバーしたアーティストや人気ある曲をサンプルとして使ったアーティストを見てみましょう。

“Tom’s Diner” has one of the most recognizable tunes in the music world today. Even though it was written by American artist Suzanne Vega in 1981, it wasn’t released until January of 1984 in the Fast Folk Musical Magazine. It was first released as a single, and later in 1987, it was included in her album Solitude Standing. Although it is a song that is classic now, the original version of this song isn’t that well known. It wasn’t until 1990 when DNA), the British group, made a remix of the song that it became well known, as it earned its place in the Top 10 in more than 14 different charts. Then it was used as the opening track for the film Untamed Heart in 1993. In fact, this song is still so popular that it is often used or remade by popular artists today. Before getting into what the song truly means and the story behind the song, let’s take a look at which artists made covers or used samples of this iconic song.

Covers/カバー

すでに述べたように、DNAはこの曲のリミックスを作っており、かなり注目を浴びることになりました。他の有名なカバーはR.E.M 、Michigan&Smily、Karhma、Kenny Blake などがあります。もっとも有名なカバーは最近のものでしょう。2015年6月に解禁された、ジョルジオ・モロダーとブリトニー・スピアーズのコラボは有名です。

As I mentioned earlier, DNA had done a remix cover of this song, which gained much attention and was quite successful. Other notable covers are done by R.E.M. live, Michigan & Smiley, Karhma, Kenny Blake, and a few others have done covers of the song, but the most notable cover is probably the most recent one. A collaboration between the musical mastermind Giorgio Moroder and Britney Spears, released June, 2015.

Samples/サンプル

様々なジャンルの中で、この曲をサンプルとして使ったアーティストはたくさんいます。WhoSampledというウェブサイトによると、61人ものアーティストが「トムズ・ダイナー」をサンプルとして使用したようです。これは、音楽業界ではもっともサンプルとして使われた曲だと言われています。下記は、サンプルとして使ったいくつかの有名なアーティストたち。

There are numbers of artists that have sampled this song within numerous genres. In fact, according to WhoSampled there are 61 different artists that have sampled “Tom’s Diner”. In fact, it could even be said that it is one of the most sampled songs in the music industry. Here are a few of the samples from notable artists:

Dopefiend’s Diner by Tupac

Right Now by Lil Kim

Tom’s Party by T-Spoon

Know That by Destiny’s Child

Juice by Drake

Centuries by Fall Out Boy

Background/ 背景

いくつかの「トムズ・ダイナー」の有名なカバーやサンプルをみたところで、次はこの歌がどのように作られたかを見てみましょう。ダイナーは、ニューヨークにある「トムズ・レストラン」というところからきています。ウィキペディアによると、ダイナーでコーヒーを頼む寂しそうな男性のことが描かれている歌のようです。周りにいる人を見て、聖堂の鐘が鳴るのに気づき、過去に一緒にピクニックに行ったある人との思い出を思い返すのです。コーヒーを飲み終わったあとに、電車に乗るためにダイナーをあとにしました。
スザンヌ・ヴェガのニューヨークタイムズの「トムズ・エッセイ」という記事によると、この歌は写真家のブライアン・ローズから影響を受けたみたいです。彼は一度彼女に、「彼は世界を一枚のガラスから見ているような気分だ」と言ったことがあるようです。トムズのレストランにいるときに、映画に似た歌を作ろうと決めたのです。彼女の今や過去の人生の物語を歌にして入れたようです。しかし、この歌はトムズのレストランのあとに名付けられたものですが、曲調の流れがうまくいくように「ダイナー」にしたようです。
なぜ彼女はアカペラのままにしたのでしょうか?ヴェガは、映画の挿入歌のような歌にしたく、後ろにはピアノが演奏されているようにしたかったようです。ピアノの弾き方がわからないことが原因で、ヴォーカルだけにしようと決めたようです。ピアノの代わりになるようなものはありません。アカペラにすることで、ここまで観衆から注目を浴びるなんて誰も想像はしていなかったでしょう。ましてや、様々なカバーやサンプルとして使われるようになるとは思ってもみなかったでしょう。

Now that we have looked at some of the covers and the famous samplings of “Tom’s Diner”, let’s take a look at how this song came to be. The diner within the song comes from Tom’s Restaurant from New York City. According to wikipedia, the song tells a story of a lonely man who drops into a diner for a cup of coffee. He watches those around him, and when the cathedral bells ring, he is reminded of an unnamed companion in which he had gone on a picnic with in the past. When he finishes his coffee, he leaves the diner and goes to catch his train.
According to Suzanne Vega, from her essay “Tom’s Essay” in New York Times, she based this song off of her photographer friend, Brian Rose, who had once told her that at times “He felt as though he saw the world through a pane of glass.” When she was at Tom’s Restaurant, she had decided to write a song that resembled a film. She took current events and real memories from her past and incorporated it into the song. Although the song is named after Tom’s Restaurant, she changed it to “diner” because it flowed better that way.
So why did she keep it a cappella? Vega had mentioned that she wanted to make it sound like a film tack, and wanted to include piano in the background. But because she did not know how to play the piano, she stuck with her vocals. Nothing can take the place of a piano. Who knew that this decision to keep it a cappella would be the hook to catching the attention of the audience? Who knew that this would lead to numerous covers and samplings used by so many artists?

Lyrics/歌詞

歌詞を見てみると、すごく単純です。また、ドラマチックな独り芝居のように歌われており、簡単に一文にすることができます。
朝、ダイナーの角の席に座っている。コーヒーを淹れてくれるのをカウンターで待っている。半分にしか淹れてくれず、なにか一言いおうと思ったときに、すでに窓のほうを向いて入ってくる人を見ている。
「いつもあえて嬉しいよ」と後ろの角にいる男性が、傘の雨水を振る女性にいう。彼がキスで挨拶をかわしているときに、わたしはミルクを注ぎながら見なかったフリをする。新聞を開いて飲んでいる最中に亡くなった俳優の記事を目にする。聞いたことがある人ではなかった。星座をみることにして、おもしろい記事を見ようとしたけど、誰かに見られている感覚になる。手を挙げて外にいる女性が中を見ている。彼女はわたしが見える?いいえ、彼女は自分の反射を見ているのでわたしが見えてない。ストッキングを引き延ばそうとしていて、スカートがめくり上がっていることに気づかないようにする。髪の毛が濡れている。この雨は朝まで続くだろうと思った、聖堂の鐘が聞こえる。あなたの声と、真夜中のピクニックを思い出す、そしてまた雨が降り出す。コーヒーを飲み終え、電車に乗らなくては。
これが歌なんです。周りにある人やものを観察しているだけでそれを歌にしたのです。新聞を読み返し、コーヒーを飲み、電車に乗るために走る。もう少し深く見てみるとこの歌は人とのつながりについて話しているのかもしれません、例えば、「挨拶のキスを交わしているときに、見ないフリをした」や「外にいる女性はわたしのことが見えるのか?いや、彼女自身の反射が見えるだけなのだろう」など。これはブライアン・ローズの言った言葉「世界をガラス一枚から見ているようだ」と関係するのではないでしょうか。自分と世界には境界線があって日常でよくある日々の行動を歌にしているだけなのです。

Taking a look at the lyrics, it is quite simple. In fact, this is written as a dramatic monologue, and can easily be written into full sentences.
I’m sitting in the morning at a diner on the corner. I’m waiting at the counter for the man to pour my coffee. He fills it only halfway, and before I even get the chance to argue, he’s looking out the window at somebody coming in.
“It’s always nice to see you” says the man behind the counter, to the woman who came in shaking her umbrella. I looked the other way as they began kissing their hellos, and pretended not to see them as I poured the milk. I opened up the paper and saw a story of an actor who had died while drinking. He wasn’t someone I had heard of. I turned to the horoscopes and looked for the funnies when I felt as if someone was watching me. So I raised my head and there’s a woman on the outside looking inside. Does she see me? No, she doesn’t really see me because she’s looking at her own reflection. I try to not notice that she’s hitching up her skirt while straightening her stockings. Her hair is getting wet. This rain is going to continue through the morning, I thought, as I listened to the bells of the cathedral. I remember your voice and the midnight picnic we once had before it began to rain. I finished my coffee, as it’s time to catch the train.
That is the song. It’s really about this person sitting at a diner and noticing the actions of the people around him. He skims the newspaper, drinks his coffee, and then runs to catch his train. But if we look a little deeper, perhaps this song is suggesting the disconnection between people. For example, “I look the other way as they are kissing their hellos, I’m pretending not to see them” or “there’s a woman on the outside looking inside, does she see me? No she does not really see me, cause she sees her own reflection”. This goes back to what she had said about Brian Rose feeling as though he sees “the world through a pane of glass”, there is this disconnection from you and the rest of the world, and that is described by the simple daily tasks that she sings of.

このキャッチーな歌にこんな背景があるとは思っていませんでしたよね。わたしは知りませんでした。しかも、この歌の歌詞自体をそこまで注意してみたことがなかったのですが、見てみてよかったです。キャッチーな歌ですが、ちょっと憂鬱な曲調で、なんでかわかりますよね。周りの人とのあいだに隔たる壁があるから悲しくて、さらに言ってしまえば世界と自分とのあいだに隔たりがあるからなんです。
この歌は知っていましたか?また好きですか?教えてください!

Who expected this catchy tune to have such a background? I surely didn’t. In fact, I had never truly taken a look at the words to this song, but I’m glad that I did. It’s a catchy song, but there’s this melancholy tune to it, and now I know why. It’s sad because of the disconnection we all have, to an extent, to the world around us.
Did you know this song? Do you like this song? Let me know!

~Junko