世間の注目を集める「可愛い」アメリカ人ヤングセレブリティ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤングセレブのお洒落は注目の的

https://pixabay.com/en/twitter-facebook-together-292988/

https://pixabay.com/en/twitter-facebook-together-292988/

全世界に愛用者がいる写真、動画共有サイトInstagram、EyeEm、Pinterest。多くの芸能人やセレブと呼ばれる人々もプライベートな写真を投稿、発信することから、彼らのファッションやライフスタイルをチェックできる人気のSNSツールです。
そこで今回は、多くのフォロワーやファンがお洒落&コーディネートの参考にしている、「可愛い」アメリカ人ヤングセレブリティをご紹介します。

日米で異なる「可愛い」の使い方

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/23/10/55/pretty-351884_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/23/10/55/pretty-351884_640.jpg

さてお洒落ファッションアイコンをご紹介する前に、日本とアメリカとで異なる「可愛い」の定義について少しお話しておきましょう。

日本女性がよく口にする「可愛い!」という褒め言葉。小さなモノ、鮮やかな色、滑稽な様子、珍しいモノ、美しいもの。無意識のうちに多用している「可愛い~!」にはたくさんの意味が込められています。

そしてもちろん人に対しても使用される「可愛い」という言葉。赤ちゃんや子供に対してだけではなく、成人した女性に対しても日常的に使用されていますよね。年齢を重ねた女性であっても「いつまでも若く見られたい、守ってあげたい」という願望のある日本の”大人女子”にとって「可愛い」という言葉は永遠の褒め言葉のようです。

一方アメリカで使われる「可愛い」。状況、対象、性別に応じて様々な「可愛い」という意味を持つ言葉を使い分けるため、日本語のように「可愛い~!」のひとことで何となくすべて伝わるようなことは少ないように感じます。

また「セクシーだね」「ゴージャスで美しいよ」という言葉が成人女性だけではなく、ハイティーンにとっても最大の賛辞であるアメリカでは、「可愛い~!」という表現はそれほど好意を持って受け入れられません。

英語で伝える「可愛い」

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/07/11/22/05/baby-390555_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/07/11/22/05/baby-390555_640.jpg

それでは英語で「可愛い」を伝える言葉を見てみましょう。

cute/小さくて守ってあげたくなる可愛らしさ、乳幼児や動物に対して。

pretty/外見の可愛らしさに対して。

sweet /心の優しい様子等の性格の良さ、内面の可愛らしさに対して。外見に対して使っても間違いではない。

adorable/対象となる相手はcuteの使い方に近いが、それよりももっと強い気持ちが含まれる。

charming/魅力的だという意味も加わる。

ちなみに最近では、日本のアニメ、ファッション、コスプレ文化が海外におよぼす影響により、アメリカで英語表記のkawaiiを見かけることもたびたびあります。

ファッションの参考にしたい・「可愛い」アメリカ人ヤングセレブたち

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/02/13/14/38/pretty-woman-635258_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/02/13/14/38/pretty-woman-635258_640.jpg

ほんの一例でしかありませんが、アメリカの同世代の女性たちを中心にそのファッションやライフスタイルが注目を集めるヤングセレブをご紹介します。

テイラー・スウィフト(@taylorswift)/抜群のスタイルでどんなファッションも着こなしてしまうテイラー。家族や友人、ペットと一緒のプライベートタイムの写真は、時にあどけなさが見えることも。

リア・ミッシェル(@msleamichele) /Gleeのレイチェルでお馴染みのリア。健康的、そして時にセクシーな美しさが魅力。

セレーナ・ゴメス(@selenagomez)/ディズニーチャンネルの子役時代から大人へと成長中のセレーナ。童顔のためにセクシーと評されることは少ないが愛らしい雰囲気が魅力。

リリー・ローズ・メロディ・デップ(@lilyrose_depp)/ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持つリリー。二人の美貌を受け継いだその容姿は、10代とは思えぬ美しさ。

クロエ・モレッツ(@chloemoretz)/子役から美しく成長中の彼女は、10代の同世代女子たちからファッションアイコンとして注目を集める存在。

最後に

英語のネイティブでない私たちからすると「可愛い」=cuteやprettyとなりがち。しかし注目を集めるヤングセレブたちの投稿写真や動画を見ると、それだけでは彼女たちの魅力を表現するには言葉足らずであることがよくわかります。

ニュアンスまでをも含めて英語を学ぶようにすると、単に直訳するだけではない内容豊かな英語が使いこなせるようになりそうですね。