ややこしい!preferとwould ratherの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://farm1.staticflickr.com/51/118970265_b42657315c_o_d.jpg

https://farm1.staticflickr.com/51/118970265_b42657315c_o_d.jpg

~の方が好き、いいな、という時にこれらの表現は登場しますが、文法の形式がややこしい!
文法をしっかりマスターして、表現する場面を例文で確認していきましょう。
またwouldがなくなったratherのニュアンスの変化についてもお伝えしたいと思います。

文法の違い

preferは動詞・・・・・・・・・・・・・・・名詞または名詞句が続く

prefer A で「Aを好む」
I prefer coffee.
(コーヒーが好き)

prefer A to Bで「BよりAを好む」
I prefer coffee to tea.
(紅茶よりコーヒーが好き)

prefer to A rather than Bで「BすることよりAすることを好む」
I prefer to read rather than watch TV.
(テレビより本を読むことが好き)

would ratherは助動詞+副詞・・・・・・・・動詞が続く

would rather ~で「どちらかというとむしろ~したい、~の方がよい、~の方がまし」
I would rather eat fish.
(私は、むしろ魚を食べたい。)

would rather A than B. 「…より〜の方がしたい」
I would rather eat fish than meat.
(肉より魚の方を食べたい)

どういう風に使うの?

I prefer swimming to jogging.(ジョギングより水泳が好き)
I prefer to read rather than watch TV.(テレビより本を読むことが好き)

Would you like coffee or tea? (コーヒーか紅茶をいかが?)
I prefer coffee.(コーヒーが良いです)
I would rather drink orange juice.(オレンジジュースの方が飲みたいです)

Would you like some coffee? (コーヒーでもいかが?)
I would rather drink tea.(私は紅茶の方が飲みたいです)
I prefer tea.(紅茶が良いです)

I would rather stay home than go out. (出かけるより、家にいたい。)
I would rather go by train than by car.(車よりも列車で行きたい)
I would rather get a new computer than repair it. (パソコンを修理するより新しいものが欲しいな。)
I would rather not talk about it.(できればそのことについては話したくない)
I would rather not go.(どちらかと言えば、私は行きたくない。)

How about another cup of tea ?
No, thank you. I’d rather not.(いや、結構です。遠慮しておきます)
Would you mind if I smoked ?
I’d rather you didn’t.(吸わないでいただけたらと思います。)
これらは、『相手の気持ちを思いやった控えめな断り方』となります。

ratherだけの場合はこんな意味もある

表現①

「like、think、hope、doubt、feel、wish、guess、expect」などの動詞の前で使われ、
反対意見もあることを考慮して自分の考えを「控えめ」に表します。
この時のratherは、「かなり、相当、いくぶん、思ったより」という意味になります。

「That’s a bit excessive, isn’t it?」(ちょっとやりすぎじゃない?)
「I rather like this.」(結構気に入ってるんですが。)→本当はとても気に入っている

表現②

程度が「驚くほど」である意味を含みます。
「very」や「extremely」の代用の感じですが、ratherによって「控えめ」になるのです。

「I thought his ideas were rather good actually.」(彼の考えは実際なかなかいいと思った)
「very good」  とってもいい  →ストレート
「rather good」 なかなかいい →控えめ

「The final exam was rather easy.」(最終試験は、いくぶん簡単だった)
「very easy」  とても簡単  →ストレート
「rather easy」 いくぶん簡単 →控えめ

まとめ

いかがでしたか?
preferは主に自分のいつもの嗜好や思っていることを述べる場合が多いです。
would rather は、場面場面の気持ちを語ることが多いです。
比較の対象をたくさん見つけて練習してみましょう!