あなたは今どこのレベル? 英語が話せるまでに経験する6つの段階

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼ日本で英語を習得した Mari による英語の学習レベル毎に取りがちな態度チェックです。あなたは今どのレベルですか? それがわかれば次のレベルで遭遇する状況にも心の準備が出来ますね!早速チェックしてみましょう。


こんにちは!ListnのMaryです!今日は英語が全く話せないところから、話せるようになるまでの態度あるあるに関してお話しさせていただきます♫これは英語だけに限らず、ネイティブじゃない言語では何でもあてはまるので絶対にみんな経験あるんじゃないかな?と思います!

【英語って本当に必要なの?段階】

Photo: Mari

Photo: Mari

英語ぜんっぜんわからない。飲み会とかにたまたま外国人がいると何気なく逃げたくなる。なるべく話しかけないでほしい。もしくは話しかけられても気にしないけど全然わからん!って感じ。「ここは日本なのに!!!!」と思う。

たぶん大抵の日本人はここの段階で、その大多数のなかに本当にいろんな人がいて、その環境から逃げたがる人、逆に全然わからないことが気にならない人、なんで日本にいるのに英語話さなきゃいけないの?と考え方は様々。わたしの知り合いに「てか実際英語っていらんくね?Google翻訳でいいし、将来いい翻訳アプリでるでしょ」という人もいた。人それぞれ!二言語はなせるのは個人的にたのしいです!わたしのスペイン語はまだこの段階…

【英語を聞くのは慣れてきた段階】

Photo: Mari

Photo: Mari

英語が聞こえてきても逃げたりはしないけど、20~30%くらいしか単語がひろえたり文脈がよみとれなくて、みんなが笑うタイミングで自分もとりあえず笑っておく。この段階の場合たいてい4~5人の輪のなかに入って話をきくスタンスでいることが多いので、わかってる感を出して同調しておく。

この段階が一番気まずい!留学中はわたしこんな感じで、現地の高校生とグループで毎日あそんでたけど基本的にみんなが何で笑ってるかよくわからずに一緒に笑ってた…けどよく笑ってたのでみんなわたしをウザがらずに一緒に遊んでくれてた。ありがとう。

【カタコトで少し話せるようになる段階】

Photo: Mari

Photo: Mari

外国人の友達ができ始めて、一対一とかで話し始める段階に起こりがち。たぶんまだ”How are you?”に対して”I’m fine. Thank you. And you?”がとっさに出てくる。ちょっとずつ話せて「なにこれ嬉しい!俺英語はなせるじゃん!」と一番ウキウキする段階。

この段階でなぜか自分は英語ができるのかもしれん!という自信がわいてくる。上には上がいるのはわかってても、この段階はなぜか一番ハッピー思想。ペラペラじゃないけど多少話せるかな!とか思う。この段階ではまだ日本語→英語や逆もしかり、なプロセスで脳内変換・翻訳しています。

【少し話せるけど言いたいことがうまく言えない段階】

Photo: Mari

Photo: Mari

文法をときどき間違ったり、発音がネイティブみたいにできなくて悔しく感じ始める頃。言いたい意図としては話せているし、相手にも一応なんとなく伝わってはいるけど、日本語で表現するよりも遥かに簡単な単語しか使えず、自分は頭悪いと思われてるんじゃないか?とも思い始める。本当はもっと考えがあるのに、もっと的確な単語で表現したいのに。。。と単語力、発音、文法表現、すべてに関して自分の欠点が見え始める段階。

ここが一番メンタルつらい。けっこうこの段階は長く続くし、努力よりも頻度や継続力で超えるしかない段階。このフェーズはわたしが20代前半を費やした大きな段階でした。外国人の友達もいるし、英語だけで1日過ごす日とかもあるのに話しながら自分で文法ミスったな、って気づいたり友達の深い恋愛相談とかキャリア相談の話はできなくて、すごく悔しかった。一番大きな壁だった気がします。ひたすら英語の映画やドラマをみました!

【ゴールは近い!けどわからない事多いぜ段階】

文法や発音も少しずつ努力しながら、まあ話せるようになってきて、毎日英語だけで過ごすのも慣れてくる段階。そして一個前の段階の、おおきな壁をのぼり切る頃に出てくる、新しい課題 ”アイデンティティ” に直面するフェーズです。それは何かというと、英語を話す自分と日本語を話す自分が性格や態度、振る舞い方などにギャップが生まれだして、自分の”素”がなんだったかわからなくなってくることです。これは普通なことで、バイリンガル・トリリンガルとかになると多重人格とまではいかなくても複数の性格をもつようになるそうです。あと思考回路がすごく速くなってきます。

この段階では、話しててほとんどわからない単語はないけど、ただときどき出てくるわからない単語があって、ときどき聞いたり、聞かないでわかるフリをしちゃったりします。今までの段階は、ずっと会話中はわからない単語だらけだったので、わからない単語をいちいち盛り上がってる会話中にきかないようなマナーを勝手に身につけるようになっていて、それが少なくなっても、聞けない癖がついています。

【もはや何も気にならない段階】

会話が100%わかって、でも本当にときどきわからない単語に出くわします。けどそれを堂々と、「ちょっと待って、それってどういう意味?」と会話の最中でも聞くことができるようになります。sarcasm(皮肉)なジョークを言ったり、外国人の異性とflirt(駆け引き)することもできるようになります。英語が当たり前になってきて、もはやどの国籍の人とでも、英語や日本語で話すのがOKで、どっちでもよくなります。この段階までは英語と日本語が脳内で混雑していても、この頃になると混ざることもなくなります。

わたしは今この段階で、まだわからない単語もたくさんあるし、文法も間違えたり単語間違えたり発音うまくできなかったりするけど、それが以前ほど大きな問題ではなくなって、「まあ相手に通じればいいな」くらいのゆるさになっています。

以上がわたしの経験です。わたしは海外に長く住んでた帰国子女とか、インターナショナルスクール行ってたとか、ハーフとかでもない、日本生まれ日本育ち(10ヶ月オーストラリアに留学)の両親日本人で、ただ単純に英語や欧米文化が好きって気持ちがつよくて英語を継続してきました。わたしの友達にも全く同じような感じでほぼネイティブの友達がいます。なのでListnをみている皆さんも絶対、この段階まではなれると思うので、これより上の段階は、、、まだわたしは未知なので上の段階に直面したら、また記事かきますね!!

Adios! (スペイン語つかいたかった)