海外の通販サイトどんなものがある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインショッピングは利用しますか?自宅にいながら買い物、ネット上で決済まで出来て、決まった日時に配達してくれる通販は本当に便利ですよね。日本ではブランド品や、サプリメントなどの健康、美容商品の通販が人気ですが、海外ではどんなサイトが人気でしょうか。また、日本と海外の通販サイトの違いについてもご紹介します。

https://www.flickr.com/photos/jemsweb/4399649597/

https://www.flickr.com/photos/jemsweb/4399649597/

日本と海外の通販サイトの違い

まず知っておかなければならないことは、外国人の「接客に対する価値観」や「商品に対する価値観」が日本人のショッピング感覚と比べて驚くほど違うということです。日本の通販サイトは、購入前の問い合わせメールの返答や購入後の購入確認のメール連絡が早くて丁寧ですよね。そして、商品も丁寧に梱包されていて、万が一商品に不備があった場合には、謝罪とともに迅速に対応してくれます。しかし、海外では違います。少しの汚れや不具合は不良品とされないことが多く、消費者も細かく気にしない傾向にあります。郵便事情も異なり、日付指定や時間指定が出来ないことがほとんどです。

https://www.flickr.com/photos/imgeorge/537864099/

https://www.flickr.com/photos/imgeorge/537864099/

海外で人気のショッッピングサイト

「Cotton On」
1991年創業のオーストラリア発のアパレルファッションメーカーで世界800店舗(2015年現在)にてメンズ、レディース、キッズのファッションアイテムを販売しています。

「BUYMA」
ファッション通販サイト『BUYMA』(バイマ)。日本にいながら日本未入荷、海外限定モデルなど世界中の商品を購入できるソーシャルショッピングサイト。

「Etsy」
Etsyは世界で最も活発なハンドメイドのマーケットプレイスです。観るだけでも充実した気分になれる、ハンドメイドやビンテージのアイテムやアート、または資材を買うことが出来ます。また海外に出品することも可能です。

「BED BATH & BEYOND」
品数はとても見きれないくらい豊富でアメリカンなキッチン、バスアイテムやハイセンスな生活家電がなんでも揃います。アメリカとカナダなど北米を中心に店舗を展開するインテリア雑貨店のオンラインショップ。到着日数はおよそ一週間以内と配送が早いのも魅力の一つです。

https://www.flickr.com/photos/stevendepolo/3703145222/

https://www.flickr.com/photos/stevendepolo/3703145222/

オンラインでのショッピングをする率は日本と海外どちらが多い?

アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、日本はオンラインでの通販の使用率が高いと言われています。アメリカやカナダは国土が広く、都市部以外に住んでいる住民は、買い物をする場所まで遠いからということです。日本はアメリカと比較すれば国土も狭く、店舗も近くに数多くあり、すぐにお店へアクセスすることができますが、通販の利用頻度は世界で3位ほどです。複合的な背景はありますが、世界的にみても日本の通販頻度は高いと言えるでしょう。

https://www.flickr.com/photos/rubygoes/8728598954/

https://www.flickr.com/photos/rubygoes/8728598954/

おわりに

いかがでしたか?海外サイトではメール問い合わせの代わりに、ライブチャットを利用する人も多いです。ライブチャットとは、オンラインで買い物をしている消費者に対して、チャットを使って顧客サポートを行うというものです。米国と英国を対象にした調査では、なんと、全体の2/3もの消費者がオンラインチャットを使った事があると答えたそうです。日本のサイトで見ることはほとんどありませんが、近い将来日本でも採用されるかも知れませんね。