海外でボランティアをしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に出て人のために何かしたいという人、現地の生活を感じ、国境を越えた仲間たちと共同生活がしたみたいなど、海外ボランティアに興味のある人も多いのではないでしょうか。実際に、近年では医療や開発など、専門性が必要なボランティアがある一方、おしゃべり相手になったり、手を握ってあげる など触れ合い 重視のボランティアや、環境を守るためのボランティアなど、その種類は年々バラエティ豊かになってきています。
また、大学でも在学中に海外ボランティアをしたい人たちのための海外ボランティアサークルが作られるなどの活動がみられます。

ボランティアにも森の手入れ、動植物の保護、有機農業の応援、子ども・お年寄り・障がい者・難民等のお手伝い、遺跡発掘や城・寺の修復、学校やトイレの建設、アートづくり、村祭りの運営などです。また国家資格がある人が身を粉にして奉仕するボランティアもあれば、旅行者がちょっとお手伝いする程度のものまであります。そして、共同作業のものや個人で派遣されるもの、滞在はホームステイの場合や共同生活の場合といったように多種多様のボランティアがあります。費用も様々で、機関が一部の渡航、滞在費用を負担してくれる技術を求められるものから、渡航、滞在費用の全額負担や、英語がしゃべれない人向けのコーディネーター付き添いで海外旅行なみの費用のものまで様々です。

https://pixabay.com/en/child-boy-people-emotion-park-774063/

https://pixabay.com/en/child-boy-people-emotion-park-774063/

海外ボランティアで気をつけること

海外ボランティアにも様々な種類、タイプがあるとお話ししましたが、主に発展途上国で気をつけなければならないこととして、安全面が挙げられます。電気屋インターネットが通っていなかったり、貧困により、生きていくための盗みや犯罪が頻繁に起こることもあります。街灯がなかったり、道が整備されていないため、交通事故も頻繁に起こります。ボランティアとは自己責任で行われるものです。長期滞在になる場合、ストレスや鬱になる人が非常に多く鬱になって本国に送還される人も少なからずいるそうです。ストレスを溜めないような工夫を事前にすること、安全を確保すること、エージェントを通していても危険な目に合わないとは言い切れないということを覚えておきましょう。

https://www.flickr.com/photos/usarmyafrica/4951450810/

https://www.flickr.com/photos/usarmyafrica/4951450810/

海外ボランティアをするメリット

海外ボランティアは添乗員さんが案内してくれる観光旅行とは違い、現地の生活を肌で感じ、世界各地から集まった仲間と共に生活を共にすることが出来る、とてもステキで貴重な体験です。ボランティアを通して出会った仲間と語り合ったり、旅行をしたり、日本では絶対味わうことが出来ない経験が出来ます。また、厳しい世界の現実と向き合うことで、自分自身の幅が大きく広がるとも言われます。そして、一人一人の力は微力でも、決して無力とは違います。どんな形でもたとえ小さなことでも、誰かの役に立てるという魅力がそこにあります。

https://www.flickr.com/photos/movingmountainstrust/5050588790/

https://www.flickr.com/photos/movingmountainstrust/5050588790/

日本人として海外ボランティアに参加する心構え

海外ボランティアでは基本的に、共通語は英語で生活を共にします。知っている単語を並べたりジェスチャーをしたり、伝えようとする努力も大切です。しかし、英語力があるに越したことはないというのが現実です。渡航前になるべく英語力を高めておくことをオススメします。そして、自ら積極的に行動すればするほど新しい発見と出会いがあり、自分の成長へと繋がります。何を得るかは自分次第なので目的を持っていくことが肝心です。
自分がとらえていたボランティア像と現実に求められているボランティアのギャップを目の当たりにした、という経験者の話をよく耳にします。海外ボランティアに行って素人の私たちにできることは本当に限られているという実態を知っておきましょう。

https://www.flickr.com/photos/dfataustralianaid/10675989434/

https://www.flickr.com/photos/dfataustralianaid/10675989434/

おわりに

いかがでしたか?語学の問題、渡航費用、感染症対策など、ボランティアと言っても決して簡単ではないのが海外ボランティアです。一歩踏み出す勇気は必要ですが、自分に出来る何かが誰かの役に立つって素晴らしいことです。そしてその経験から何かを学ぶことが出来たらいいですよね。