外国の人が好む寿司ネタってなーんだ!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外では日本食というとお寿司が人気ですよね。
海外の人たちはどんな寿司ネタが好みなんでしょう。海外でお寿司は手軽に手に入るものなのか市場調査!をしてみました。

https://pixabay.com/en/sushi-japanese-delicious-asian-373588/

https://pixabay.com/en/sushi-japanese-delicious-asian-373588/

海外で好まれる寿司ネタ

最近では、日本で食べる握りのバラエティーが増えたこともあって、外国の人たちにさらに受け入れられている様子。
「生」が大丈夫な人は、日本人と同じく大好きな人が多いです!!

サーモン
ハマチ
ホタテ
マグロ
うに
エンガワ
うなぎ
タコ
アボカド
海老

海外の人が苦手な寿司ネタ

まず「生」のお魚に抵抗がある人、ベジタリアンの人はアウトですね。
あとは、馴染みのない食感があると、苦手感があるようです。

うに
イクラ
タコ
コハダ
トロ
赤貝

海外生まれの寿司ネタ

フィラデルフィアロール
ベーグル・アンド・ロックスが基になっており、生またはスモークサーモン、クリームチーズを海苔巻きにします。
きゅうり、アボカド、ネギ、玉ネギが加わることもあります。裏巻きバージョンもあり。

ハワイアンロール
アヒ・ポキ(ハワイ名物のマグロ漬け)玉子、かんぴょう、カマボコを巻いたもの。

カリフォルニアロール
アボカド、カニ、きゅうり、トビコ(またはマサゴ)を巻いたもの。裏巻きにする時はトビコ(マサゴ)を外側に乗せたり、白胡麻をまぶします。

レインボーロール
カリフォルニアロールの上にマグロ、サーモン、白身(ハマチ、タイ、アバコ、ヒラメ、オヒョウなど)エビ、アボカド、アナゴ(またはウナギ)などを乗せたもの。バリエーションはお店によって様々です。

https://pixabay.com/en/sushi-japanese-delicious-asian-373587/

https://pixabay.com/en/sushi-japanese-delicious-asian-373587/

海外で有名な寿司屋

アメリカ

「KATANA(カタナ)」
海外セレブ御用達のお店。モダンな炉端焼と豊富な寿司メニューがいただける。予約は必須!
「勝や(カツヤ)」
LAで寿司ブームを巻き起こした火付け役的お店。オリジナルメニュー満載で楽しめる。

イギリス

「Sticks n Sushi」
ロンドンで3店舗目オープンとなるお寿司と焼き鳥、串焼きがメインのレストラン。
「鮨清(すし清)」
Address:33B Walm Lane, London NW2 5SH
噂の名店と現地の邦人や地元の人にも大人気。

https://pixabay.com/en/sushi-tuna-fish-seafood-japanese-685912/

https://pixabay.com/en/sushi-tuna-fish-seafood-japanese-685912/

まとめ

もう欧米では、日本食と言えばお寿司だけではなくなるほどに、日本の味が浸透しています。
昔は生のお魚なんて!!信じられない!!と敬遠していた人たちも次第にブームに乗っかってくれています。
内陸は無理だったとしても、沿岸の地域では新鮮なお魚はとれるはず。なぜ、生のお魚を食べる文化が日本だけなのだろうと不思議になることがあります。その訳は、また調べてみることにします。
美味しいお寿司が食べたくなってきました!!!