日本ではあり得ない!衝撃のルックス&激甘アメリカンスイーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の価値観を覆す衝撃のアメリカンスイーツ

アメリカのスーパーマーケット、ベーカリー、ケーキショップなどで販売されているお菓子をご覧になったこと、または食べてみたことはありますか? 日本ではなかなか見ることのないボリューム、色使い、そしてその衝撃的な甘さに驚かれた方も多いことでしょう。

今回は、日本のものとはかなり異なるアメリカンスイーツ&スナックに注目してみましょう。

スーパーで買えるアメリカでお馴染みのスナック菓子

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/09/26/07/43/snickers-461898_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/09/26/07/43/snickers-461898_640.jpg

甘さ控え目、健康志向をお菓子に求める日本が特殊なのか?と疑う程に、「しっかり甘く」「しっかり味が濃い」のがアメリカのスナック菓子。慣れてくるとそれが普通になる怖さがありますが、私はアメリカに住み始めた当初、その甘さに思わず震えた経験があるほどです。

チョコレート/甘いミルクチョコレートの中に、キャラメルヌガーやマシュマロ、ピーナッツバター、クリームが入っているものは大人気。

グミキャンディー/定番のクマの形をした可愛いガミーベアの他にも、なぜかよく見かけるものが幼虫の形をしたグミキャンディー。しっかりとした弾力がよりリアル感を演出。

コーンスナック&チップス/チェダーチーズ、サワークリームオニオン、コンソメ、ソルト、バター、シロップ等そのフレイバーは多種多様。これだけでもしっかり味付けされているにも関わらず、アメリカ人はさらにチーズソースやディップにつけて食べるのが大好き。チップス類の並ぶ陳列棚には、必ず別添のディップ類が同じ場所に販売されているのが普通です。

スナックスティック/スーパーレジ横に大抵陳列されており、会計待ちの間につい手にとってしまう存在のサラミスティック。細長い形態がスポーツ観戦やTV、鑑賞のお供に最適。

レッドバインズ/のど飴の原材料に必ず入っている天草=リコリス味のスナック。真っ赤と真っ黒バージョンがあるが、食感はずばりゴム!アメリカ人であっても、激しく好き嫌いがわかれるスナック。

ベーカリー&ケーキショップでお馴染みのアメリカンスイーツ

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/05/04/08/16/cake-752006_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/05/04/08/16/cake-752006_640.jpg

繊細さとは無縁のアメリカンスイーツ。その大きさや甘さに驚くことが多々ありますが、日本人の私たちが戸惑うものがその色彩。絵の具と紛うかのように鮮やかな青、紫、緑色という寒色系のクリームやスポンジは、日本ではまず見かけることのないものばかり(抹茶の緑色は別として)。

我が家の近所の大型スーパーのベーカリー部門でも、毎日のようにその衝撃のアメリカンスイーツを写真におさめる日本人観光客の姿を見かけます。

レインボーケーキ/着色料入りの生地をマーブル状に焼き上げたもの、あるいは7色に色付けしたスポンジを重ねて大きなケーキにしたもの。いずれにしても、その色彩はインパクト大。

カップケーキ/アメリカ人が大好きカップケーキ。しっかり甘い、たっぷりのアイシングはアメリカの味。アメリカのケーブルTVチャンネル、フードチャンネルでは「カップケーキ・ウォーズ」という番組も人気です。

キャラメル・アップル/縁日で見かけるリンゴ飴に似たルックス。ただしそれだけでは終わらないのがアメリカ流。チョコレートやキャラメルでどろどろにコーティングしたリンゴにマシュマロ、ナッツ、クッキー、チョコレートチップス等のトッピングをプラスする。

・番外編 スモアーズ/BBQやキャンプファイヤーには欠かせないアメリカンスイーツ。マシュマロとチョコレートを直火であぶりトロッととろけたものを、グラハムクラッカーでサンド!スターバックスのフラペチーノ新メニューにも登場し、人気を博しています。

この他にもチョコレート菓子M&Mやオレオクッキーがそのままケーキのトッピングとして使用されているのも、アメリカではよく見かける光景。日本ではあまり見かけることはないですね。

最後に

アメリカでスーパーやベーカリーに立ち寄る機会があれば、その衝撃のルックスと日本では出会えない味を話しの種にぜひ試してみてはいかがでしょうか?