センター試験の英語の実用性

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の大学に入学するためにはセンター試験がありますが、英語は誰もが受験しなくてはいけない科目です。
でも、実際に合格のために勉強している英語は実用のための英語に繋がっているのかを見ていきたいと思います。

センター試験の英語は実用的か

全般的にこれまでの日本の英語の試験(中学、高校、センター試験)は、読むこと、聞くことの問題がほとんどだったと思います。
読んで理解したことを説明する、または聞かれて意見を返答するという「話すこと」を問われないのです。
センター試験の目的は、
大学に入学を志願する者の高等学校段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的とするもの”
となっています。ならば、高校までの勉強段階でどのようなことを、どのように身に付けてきているかが焦点になるでしょう。
発音やアクセントを含めたボキャブラリーの勉強、基礎的な文法事項をしっかりと把握すること、時事に密着した長文問題の理解、表現や単語・熟語の微妙なニュアンスの違いの把握などは知っているに越したことはありません。問題なのは、それが実用的か・・・ということですね。

日本の英語教育の問題点

テストのあり方

テストの形式はすでに指摘しました。読むことと聞くことが中心になってしまっています。点数は高く取りたいですから、おのずとそれに偏った勉強法を行うのは自然な事だと思います。基礎が大切と言われますが、日本で捉えられている「基礎」と他の非英語圏で捉えられている「基礎」に微妙なズレを感じています。中高(今では小学校)で学ぶことが簡単なものから始まって、基礎的なものであるのに、高校を卒業する時になぜ生徒たちは十分に使いこなせないのでしょう。使う習慣を学んでいないのです。

他の非英語圏との教育法の違い

海外にいると、そこらで遊んでいる10歳以下の子供たちも英語を話しています。大人としてもの凄い危機感を日本に感じています。
日本の子供たちも、海外の子供たちも、将来的には、きっと海外に飛び出して活躍したり、英語を使って仕事をすること多くなると思います。教育に関しては、大人の責任です。教えるものの教え方だと強く感じます。日本はよく静かな国民だと言われます。それは半分は褒め言葉でとれるかもしれませんが、半分は侮辱です。意見がないのではなく、言えてない場面も多いのです。ただ英語を使えないというだけで。

集中して勉強する内容

学生時代に一番勉強するのは、テストの前でしょう。遊びや部活も大切な時期ですからね。その時に勉強して5年後、10年後に効果をもたらすような教育方法が施行されなければならない時が来ているのでは?と思います。

日本の変化、改善の予兆

2014年、文部省に「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」という提案をしたのは、中央教育審議会。その中に英語教育についての改善案も含まれており、「読むこと」「聞くこと」「書くこと」「話すこと」の4技能を総合的に評価するために、TOEFLなどの外部試験を活用することも検討されているそうです。書くこと、話すことに注目されたのは大きな進歩だと思います。これにより、高校、中学、小学校の授業に変化が起きてくることを期待します。
「実践的な英語でのコミュニケーション能力」は誰よりも学ぶもの(子供たち)の将来に必須の世界になると思います。

まとめ

個人的ですが、今の日本で、英語を話せる、英語を読める、英語が聞ける、英語が書ける、そのメリットを成人を迎えるまでにどれだけ教えられているでしょうか。どのくらいの子供たちがそこに魅力を感じているでしょうか。心を伝えることもモチベーションを上げるツールだと思います。
テストで100点を取るよりも、試験に合格するよりも、英語というものは、もっともっと、しかも生涯を通じて素敵な感覚を与えてくれるものだという事を教える先生が増えればいいなと思います。