アメリカ英語とイギリス英語を比較するよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いを紹介しましたが、実は発音だけではなく意味や綴りまで違うものがあるって知ってますか?

We introduced how American English and British English have different pronunciations, but it’s not just that. The spelling is also different, did you know that?


「きちんとした英語」はなにかという質問は、世界中の英語教育で聞かれてきていることです。英語を話す人と関わるうちに、どこの国も同じ英語を話すというわけではないことに気づくでしょう。アメリカ・オーストラリア・イギリスは英語で会話をすることができますが、使い方は違ってきます。

The question of what is “proper English” is something that has been at the core of English education around the world. The more English speakers you meet, the more you realize that English is not the same in every country. People from the US, Australia, and Britain can communicate in English, but the way that they use it can be different.

banner-2304_1920

英語はイギリスが発祥地ですが、多くの共和国を中心にアメリカ国内で英語の形は変化していきました。イギリスとアメリカの国内でも、地域による方言やアクセントが違います。以下は、イギリス英語とアメリカン英語の違いを簡単に話ます。これらの違いを理解することで、違う国出身の人であること関係なく、もっとうまくコミュニケーションをとることに役立つはずです。

While the English language originated in the UK, it has uniquely changed throughout the commonwealth countries, and within the US. Even within the UK and the US, there are regional dialects and accents. This will be a brief overview of some differences between British and American English. Learning these differences will help you to better communicate and understand an English speaker regardless of where they’re from.

Words 単語

アメリカ人が呼ぶものは、イギリス人はまったく違う言い方をするかもしれません。

消しゴムを英語でどうやっていうか知っていますか?アメリカ人は「イレイサー」と言いますが、イギリス人は「ラバー」といいます。もし、アメリカ人にラバーが欲しいと言ったら、ちょっと困惑した顔をされるか、コンドームを渡されるかもしれません。適している言い回しを使うことで、気まずい状況にならないようにしましょうね。

What Americans call something can be completely different than what a British person would call it.
Do you know how to say 消しゴム in English? Americans call them erasers, but Brits call them rubbers. If you were to ask an American for a rubber, you might end up with confused looks or a condom instead. Make sure you’re using the correct term to avoid this potentially awkward situation.

condom-538602_1920

もう一つの例は、フラッシュライトです。これをアメリカ人にそのまま言ったら伝わる可能性が高く、彼らも同じくフラッシュライトといいます。しかし、イギリス人は「トーチ」と言います。アメリカ人に「トーチ」と言ったら美女と野獣で怒っている村人がたいまつを持ちながら走っているのをイメージするかもしれません。

Another example would be フラッシュライト. Saying this in katakana to an American will get your point across because they also call them flashlights. Brits however, call them torches. Saying torch to an American person will make them think about the angry villagers carrying sticks of fire in Beauty and the Beast.

友達と飲みに行っていて、一気に飲むと言われたら、アメリカ人は「チャグ・チャグ・チャグ!」と言います。アメリカの大学のパーティーに行くならこれは知っておくと便利な言葉です。イギリスでは、「ネック・イット」という言い方をします。

When you’re out drinking with friends and they tell you to 一気に飲む, you may hear Americans saying chug, chug, chug! This is a useful word to know if you go to college parties in the US. In the UK, instead they tell you to neck it.

beer-750143_1920

そこまで違いが目立つものであったり、意味がまったく異なることはそんなにありません。エレベーターvsリフト、サイドウォークvsペイブメントは理解するのは簡単ですよね。イギリス人にアメリカン英語を言っても伝わることがほとんどです。それは、多くの人がアメリカの映画やテレビを観てきているからなんです。イギリス英語を知らないアメリカ人と出会う事の方が多いです。

Some differences aren’t as extreme, and won’t have that different of a meaning. Pairs like elevator vs. lift or sidewalk vs. pavement are easy enough to figure out. A lot of the time British people will still be able to understand you even if you say an American word. This is just because many have watched popular American movies and TV shows. You’re more likely to run into Americans that won’t know the British term.

Pronunciation 発音

mouths-690957_1280

アメリカ人とイギリス人はアクセントがあるので、まったく違うように聞こえます。でもこれから紹介する言葉はそれ以上に違う意味を持っています。下のワードは同じようにスペルしていますが、発音が異なります。

Americans and Brits can sound very different because of their accents, but these words go beyond that. The following are spelled the same way, but pronounced differently.

単語 A:アメリカの発音 B:イギリスの発音

Route – A:(ラウト) B:(ルート)

Vase – A: (ヴェイス ) B: (ヴァーズ )

Aluminium – A: ( アルミナム) B: (アルミニアム )

Vitamin – A: ( ヴァイタミン) B: (ヴィタミン )

Privacy – A: ( プライヴァスィ) B: (プリヴァスィ )

Garage – A: (ガルァージ ) B: ( ギャレージ)

Research – A: (リスァーチ) B: (リースァーチ)

Spelling 綴り

dictionary-390055_1920

下のワードは、アメリカ人もイギリス人もおなじように発音しますが、違うスペルです。違うスペルのワードを書き出したり、例外を書き出すと本一冊がかけるくらいありますが、今はハイライトをした一部を紹介しますね。

For the following words, both Americans and Brits say them the same way, but spell them differently. You could write an entire book listing all of the differences or exceptions, but we’ll just highlight a few.

American “or” vs. British “our” / アメリカン「or」vs イギリス「our」

Color – Colour

Humor – Humour

Flavor – Flavour

American “er” vs. British “re”/ アメリカン「ER」vs イギリス「Re」

Center – Centre

Theater – Theatre

Fiber – Fibre

American “ize” vs. British “ise”/アメリカン「IZE」vs イギリス「ISE」

Realize – Realise

Organize – Organise

Recognize – Recognise

Differences in Past Tense Words/過去形で変わるもの

Dreamed – Dreamt

Learned – Learnt

Spilled – Spilt

Random words that are spelled differently/ランダムな単語でスペルが違うもの

Check – Cheque

Gray – Grey

Cozy – Cosy

アメリカやイギリスに行く前にすべてを勉強するよりも、コミニケーションを取ることを恐れないことが一番大事です。英語学習をする上で最も大事なことは、周りの人と会話をすることです。そのうち、アメリカン英語が、イギリス英語とどのように違うかわかってきます。もし、間違えたりしても面白い笑い話があとからできるので、いいのではないのでしょうか。

Rather than trying to study all of the differences before going to the UK or the US, what’s important is that you learn to not be afraid about communicating. The best way to learn English is by talking to the people around you. You will eventually be able to catch what makes American English different from British English. Even if you end up using the wrong word or making mistakes, at least you’ll get a good story out of it.

~ Thomas