あなたはベジタリアン? それともビーガン?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーガンって知っていますか?最近よく聞くようになりました。
まだ日本には少ないですが、海外にはベジタリアンやビーガンといった人たちが多くいます。
どんな制限があって、何のためにやっているのかをご紹介します。
食事制限というと他にも、宗教上の理由により食べれないものがある人もいます。その内容も見ていきましょう。

ベジタリアンとビーガンはなにが違う?

ベジタリアンは・・・
動物性食品を避け、穀物、豆類、種実類、野菜、果物を中心に摂る人のこと
一口にベジタリアンと言っても、理由や制限の程度によって、10以上の種類があります。
例えば、もちろんお肉類はベジタリアン全体が食べないとしても、乳製品は摂る人(ラクト・ベジタリアン)、卵は食べる人(オボ・ベジタリアン)や動物に関わる皮製品は使っていたりする人がいます(ビーガン以外はほぼ制限がない)。

その中の一つがビーガンです。
別名「完全ベジタリアン(菜食主義)」と呼ばれます。
他のベジタリアンの種類との一番の違いは、食事だけでなく、衣類(毛や皮)に関しても使用を避けるということでしょう。

宗教上の理由で食べれないものとは?

イスラム教
豚肉とアルコールを摂りません。

ユダヤ教
割れた蹄が無く反芻しない動物(豚、ウサギなど)
うろこの無い魚、甲殻類、貝類(ウナギ、アナゴ、エビ、カニ、タコ、イカ)

ヒンズー教
牛は神様として扱われているので食べません。
バラつきがありますが、魚、卵、アルコールを摂らない人もいます。

モルモン教
カフェイン入りの飲料(コーヒー、緑茶、紅茶)とアルコールの摂取が禁じられています。

一観道(天道)
肉、魚介類、卵、乳製品、五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、アサツキ)の摂取を避けます。

どうしてベジタリアンになるのか?

http://pixabay.com/en/fruit-vegetables-market-428055/

http://pixabay.com/en/fruit-vegetables-market-428055/

海外では、宗教的な理由や動物愛護の精神でベジタリアンをしていることが多いようです。
日本では、健康上の理由でベジタリアンになる人が多いですね。最近では、エコロジー推奨としてベジタリアンになる人もいます。

◆ベジタリアンの健康上のメリットが目的

  • 体が軽くなって疲れにくくなった
  • 気分が穏やかになり、怒らなくなった
  • 頭痛をしなくなり風邪もひかなくなった
  • 食費が安く済む
  • 便通がよくなった

◆宗教上、食事制限がある。

◆動物愛護
動物にも人間と同じ生き物としての権利を与えるという思想

◆環境保護(エコロジー)
動物の飼育で得られる食肉より、同じ土地面積に、農作物を作付けした方が、遥かに多くの人を賄う分の食料を生産できる。
飼料の生産のために使われる化石燃料や水資源も節約できる。

最後に

菜食になることに関しては、賛否両論があり、どちらがいいとは言いきれません。
あなたはどうですか?健康上に関していえば、お肉を少な目にした方が体が軽く感じる傾向があります。
一概には言えませんが、お肉好きの人と、野菜好きの人の性格や感情の傾向は見えるものです。
でも、海外にはたくさんのベジタリアン、ビーガンの人がいますし、そういう食生活の人たちとの接点も増えると思います。
理解しておいて損はないでしょう。