知ってる?イギリスのパンケーキの日!

このエントリーをはてなブックマークに追加

パンケーキというと日本人は少し厚みのあるホットケーキ風のものをイメージしますが、世界には色々な種類のパンケーキがあります。
イギリスでは「ママの味」的に日常的に食べられているパンケーキ。平べったくて、少し厚めのクレープの皮のような感じです。
ふわふわというよりは、しっとりと甘く食べ応えも満点です。実はイギリスには「パンケーキの日」が存在するのです。

パンケーキデーの由来

キリスト教に関連した行事で、復活祭(イースター)の前の「四旬節(レント)」では断食に入るのでそお直前の火曜日がパンケーキの日になります。毎年、変わります。イースター前の(断食)に入る前にごちそうを食べることが許された説と、断食に入ってしまう前に戸棚に入っている卵や牛乳、砂糖をなくすためという説もあります。始まりは15世紀。さすが伝統の国ですね。
恒例行事でパンケーキレースも行われるのだとか。パンケーキを乗せたフライパンを持ってコック帽をかぶり、エプロンをかけた人々が駆け巡る風景がイギリスのあちこちの地域で見られるそうです。

イギリス人がパンケーキを好む理由

なんといってもお母さんの味、ソウルフードだから。素朴で簡単に作れる栄養価の高い食べ物だから。そしてイギリスの人たちは柔らかくて甘いものが好きだから。そして断食前の栄養補給として食されていたことから、なんとなく元気の出る!食べ物なのかもしれませんね。

http://pixabay.com/en/pancake-food-cooked-dining-meal-637505/

http://pixabay.com/en/pancake-food-cooked-dining-meal-637505/

イギリスで有名なパンケーキ店

Granger & Co.
ロンドン ノッティングヒルゲイト駅近く
いつでも戻ってきたくなるようなカジュアルさがコンセプトのお店。ふわふわのパンケーキが人気

La Petite Bretagne
ロンドン ハマースミス駅近く
温かみのあるカジュアルインテリア。フランスのパンケーキの味を再現

My Old Dutch
ロンドン ホルボーン駅近く
パンケーキ専門店。軽食系からデザート系、種類も豊富に味わえる。

まとめ

イギリスのパンケーキはとてもおいしいです。本当に素朴なのに「ママの味」になる感覚がよく分かります。
特に、家庭で焼いてもらう、焼き立ての温かいパンケーキは本当に最高なのです。
レシピを探して試してみませんか?
URL: イギリスパンケーキレシピ集