ビール好き必見!海外ではどんなビールが楽しまれてる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ではどんなビールが人気なのでしょう。何をおつまみにするんでしょうか?
日本に入ってきている輸入ビールもありますが、現地の人には飲まれているのでしょうか。海外のビールの習慣を追ってみましょう。

http://pixabay.com/en/beer-father-s-day-drink-refreshment-210197/

http://pixabay.com/en/beer-father-s-day-drink-refreshment-210197/

英語圏の定番ビール

アメリカ

「バドワイザー」「クアーズ」「ミラー」など大手の大量生産のビールは人気があります。
これに対して、小規模な醸造所が造るクラフトビールの種類も半端なく多いです。
「ペールエール」や「IPA」や「ウエストコーストスタイル」などがあり、パブやレストランではこちらが親しまれています。

https://www.flickr.com/photos/japokskee/7059735175/

https://www.flickr.com/photos/japokskee/7059735175/

イギリス

イギリスではビールをパブで飲む習慣が根付いています。多くの種類があるので迷ってしまいますよね。
エール種のビールが主流。「ロンドンプライド」「ニューカッスルブラウンエール」「ホルゴブリン」「ジョンスミス」、アイルランド産で「ギネス」も人気。
パブのグラスのサイズは「half-pint(ハーフパイント)」「pint(パイント)」

http://pixabay.com/en/ireland-guinness-beer-brewery-foam-531137/

http://pixabay.com/en/ireland-guinness-beer-brewery-foam-531137/

オーストラリア

通称VB(ヴィービー)と呼ばれる「ヴィクトリアビター」「トゥーイーズニュー」「カスケードプレミアム」、そして有名な「フォスターズ」も人気です。
味・香りともバラエティー豊かに揃っていて楽しめますよ。
パブのグラスのサイズは「midi(ミディー)」、「 schooner(スクーナー)」、「pint(パイント)」

https://www.flickr.com/photos/offchurch-tam/3415219951/

https://www.flickr.com/photos/offchurch-tam/3415219951/

カナダ

世界第5位のビール消費国。モルソン社の「カナディアン」や「ラバット・ブルー」「ラフィンドゥモンド」が人気。
パッケージが素敵なものが多いですよ。

https://www.flickr.com/photos/viajor/10004789506/

https://www.flickr.com/photos/viajor/10004789506/

ビールにはどれ?海外ならではのおつまみ

イギリスやオーストラリアでは、特にパブなどでは、あまり「ビール+食べる」という飲み方をしないのだとか。
ピーナッツか小袋に入ったクリスプ、卵のピクルスをつまんだりするくらいだそうです。
なかなかパブでは食べられないかもしれませんが、家飲みなら・・・
もちろんフィッシュアンドチップス、塩味のスコーン、タラのフィッシュボール。

アメリカには、思わずビールが進んでしまうおつまみが色々あります。
ポテトフライ、ピザ、ベーコンキャンディ、ポテトスキン、イカのカラマリ、ドイツ発祥のスナックタイプのプレッツェル。
特にベーコンキャンディポテトスキンはおうちでも作れちゃうレシピです。

http://pixabay.com/en/jause-eat-delicious-food-338498/

http://pixabay.com/en/jause-eat-delicious-food-338498/

まとめ

暑い日の一杯、お風呂上がりの一杯、居酒屋での一杯、みんなで一杯の感覚のある日本のビールの飲み方。
海外ではパブでビールを楽しむことができますが、日本のバーの雰囲気とは、また少し違います。
銘柄も、サーブの手法もこだわりがいっぱい。鮮度重視のブランドもたくさんあって、同じものでも本場で飲むのが一番!
ぜひ、現地のビール、楽しんでください。

http://pixabay.com/en/bottle-beer-beach-drink-beverage-601566/

http://pixabay.com/en/bottle-beer-beach-drink-beverage-601566/