英語教育に力を入れている日本の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、日本の企業も社員の英語力の向上に力を入れているようです。どんな対策で、そのようにして英語が取り入れられているのかを見ていきましょう。そしてそういう企業がなぜ英語に注目しているのかも探ってみたいと思います。

日本の企業の英語力

海外の地で、グローバルなミーティングで、多国籍参加のプレゼンテーションで、どれだけの割合の人が英語を十分に駆使できているでしょう。でも、嘆いていても仕方ありません。日本には社内の公用語を英語に統一している企業も増えているようです。日常で、しかも大切な仕事の場面でも英語に触れられることは、大変な反面、幸せなチャンスだと思います。

社内公用語を英語にした企業

「ユニクロ」(2010年開始)

店舗拠点はかなり前から世界各地で見かけられました。海外との接点はかなりあるはずです。
社員対社員だけでなく、原料や製造の分野でも海外を相手にする場面の多い業界です。

「楽天」(2012年開始)

世界一のインターネット・サービス企業になるという目標を掲げ、グローバル化戦略加速のために実施。
「世界からの優秀な人材の獲得」、「国内外の支社を含めたグループ間の情報共有・意思決定の迅速化」、「IT技術やネットビジネスにかかわる海外の最新情報の収集」が目的のようです。

「ソフトバンク」(2012年開始)

TOEIC 900点以上なら100万円、800点以上なら30万円の支給で話題になりました。ご褒美としてではなく、今後の英語スキルアップの奨励金の意味が込められているとか。携帯関連も世界各国で使われるツール。

「武田薬品工業」「双日」「アサヒビール」「シャープ」「三菱商事」「日立製作所」などなど今後もどんどん増えていくことが見込まれますね。

どんなことをして英語を上達させようとしているのか

社内公用となると「社内文書」、「社内会議」、「電子メール等のコミュニケーション」などを事始めにしている企業が多いです。

TOEIC

英語力の強化としては、TOEICの推進がまず挙げられます。
一定レベル取得の義務化、高スコア取得者には奨励金の授与、また昇格・昇給要件の1つとして導入されています。

トレーニングや講座

また時間外に「週単位の英語講座」や「早朝レッスン」が「週末短期集中セミナー」を行っていたり、
英会話学校、オンラインサービスの利用などの割引プランを福利厚生として追加している企業も見られます。
定期的にスピーキングのレベルテストを行って標準レベルのキープを目指している企業もあります。

英語に力を入れるべき理由

その企業の市場が日本だけであれば、英語の必要性はありません。でも多くの分野が海外との接点を持つことで成長や拡大を図ろうとしています。顧客のニーズを知る、協力を得る、競争相手より優るためには海外の視野も吸収することが必要です。日本の文化、慣習、ビジネスに対する姿勢、知識はもちろん悪いものではありませんが、世界の中の一部分でしかないのです。それはどこの国同じです。

日本人や日本企業の視野を広げるために
英語は世界の共通語です。英語を話せる、聞ける、読める、理解できる事がもたらす個人/企業の視野や可能性の拡大度は計り知れません。もっともっと多くの企業が自社の業務を円滑にスムーズに進めるという理由だけでなく、社員や企業の大きな成長の部分にも目を向けてくれることを祈ります。

日本の企業に世界の優秀な人材を入れるために
世界各国の優秀な人材が活躍できる企業になることができます。日本語はマイナーな言語です。この先、英語の普及度ほどに追いつくことはないでしょう。ならば、壁となっているものを取り払い、入ってきやすい環境にするのは大切ですね。

まとめ

グローバルに展開する最先端を行く企業が先手を切って、お手本を見せてくれます。
企業側も社員にとっても、始めが一番大変でしょう。
でもこの世の中にあって、英語の導入は長い目で見て、決して不利や損失にはならないと思います。