Buzz Feedの魅力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Buzz Feedってなに?

皆さん、Buzz Feedをご存知ですか?Buzz=「ウワサ話(スラングとして使われる場合)」、Feed=「供給する」という意味。その名があらわすように「この話を他の人に紹介したい」「この感動を共有したい」「こんな面白いこと知ってる!?」というように口コミで広まるような、人の注目を集める記事や思わず人に教えたくなるような情報がふんだんに詰まったメディアサイトです。

日本語版サイトの展開準備がようやく動き出したところということもあり、日本ではまだまだ知名度の低いBuzz Feed。アメリカでは多くの人がこのサイトをチェックしており、私も愛用者のひとりです。今回は、アメリカで他を圧倒する影響力を持つこのBuzz Feedの魅力についてご紹介したいと思います。

Buzz Feedの魅力

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/04/14/23/16/mobile-722946_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/04/14/23/16/mobile-722946_640.jpg

最大の特色は、様々な趣味や思考を持つ大量の読者を惹きつけるだけの多岐にわたる分野に精通した記事が豊富であること。ちなみに現在チェックしたところ、英語版サイトには31種類のジャンルが掲載されています。サイト内の記事は一日に何度も更新されますので、常に新鮮な情報を手に入れることができることも魅力のひとつと言えるでしょう。決して読者を飽きさせない、思わずサイトを開いてしまう中毒性をも秘めています。

また一つの記事のボリュームが、ちょっとした空き間時間に流し読みできる程度のものが大半というのも嬉しいポイント。TVチャンネルを次々とまわして色々な番組を見るザッピングと同じ感覚で、膨大な量の記事をパラパラとめくりながら興味のある話題を楽しむことができるのです。

グローバルな情報発信力

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/08/25/05/53/news-426893_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/08/25/05/53/news-426893_640.jpg

掲載される記事の内容は、アメリカ国内のニュースにとどまることはありません。世界各国にいる数百人の記者や編集者たちが、こぞって旬の話題を提供し続けているのです。

民族紛争や調査データに関する記事から世界情勢を学ぶ、一方世界のファッショントレンドをチェックする、またライフハック記事からお国柄や文化の違いを比較する。読者のニーズに徹底的に応え、知的好奇心を刺激するのがBuzz Feedと言えるでしょう。

Buzz Feedは英語学習にお勧め

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/05/03/11/33/english-751057_640.png

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/05/03/11/33/english-751057_640.png

英語学習初心者の方にお勧めなのが、自分の興味のあるジャンルの記事を毎日Buzz Feedでチェックすること。写真や動画を織り交ぜた記事は、どれも比較的読みやすい長さのモノばかりです。まずは英語の活字に慣れるのを目的にどんどんと読み進めてみましょう。

英語の活字を読むことに慣れてくると、英語への拒絶反応が薄くなり、多少意味のわからない単語に出会ったとしてもそれを読み飛ばしてでも全体の意味がつかめるようになることでしょう。

そして何よりも便利なのが、いつでもどこでも携帯のアプリから膨大な量の記事にアクセスできるということ。新聞や雑誌、小説をわざわざ買う手間なく身近に英語の活字に触れられる環境があるのは、英語学習を長続きさせるポイントだと思います。

最後に

ネットやメディアの発達のおかげで、世界中の情報が無料で手に入る世の中になりました。情報が氾濫する現代社会において、自分に必要なもの、正しいものを選択して解釈する必要性がより強くなりましたが、自由に様々な知識や情報を得る機会があることは素晴らしいことだと思います。

日本語版のBuzz Feedは現時点では展開されていませんが、日本に関するデータやニュース、トレンド記事は何件か見つけることができますので、機会があればぜひ読んでみてください。海外からの視点で見た日本の姿は、時に新鮮で興味深いものがありお勧めです。