日本とアメリカでのデート習慣の違いはあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本とアメリカのデートの違いについて

日本で「デート」と言えば、付き合っている彼氏、彼女が一緒に出掛けることを指しますが、アメリカでは違います。アメリカでは、恋人候補と軽い食事や映画に行くこともデートと言います。また、もし恋人未満でデートをする間柄であっても、ほかの異性と同時進行する人もいます。真剣な交際に至るまで、何か月も恋人未満のデートを繰り返して見極める人もいます。今回は、そんな日本とアメリカのデート事情について紹介します。

日本でいわれている一般的なデート

日本では、付き合う前のデートではプラトニックであることが真剣だとされる傾向にあります。また、告白をして相手がOKを出せば彼氏、彼女となります。

アメリカのデートではどっちが払うの?

アメリカでは男性が払うのが普通、大事と思えば払う、などと聞くこともありますが、日本同様に実際は人によって様々です。最初のデート段階で好意があれば、男性がおごることも多いようですが、複数の相手とデートを楽しんでいる間は、割り勘にすることも多いようです。その人の考え方と経済的な余裕の度合いによって決まることが多いので、愛情の度合いによって、奢られるか割り勘が決まるとは言えません。

https://www.flickr.com/photos/108099221@N02/10751626304/

https://www.flickr.com/photos/108099221@N02/10751626304/

アメリカでいわれている一般的なデート

アメリカのデートは面接と言ってもいいかも知れません。日本より、軽い気持ちで異性と出かけます。相手が一人であるとも限りません。そこを過ぎて、好意を持てば、真剣な交際へと発展します。そして、付き合っている段階になると、友達や家族に「ボーイフレンド」「ガールフレンド」としてきちんと紹介されます。「フレンド(友達)」と周りに紹介されているうちは恋人未満であるということです。恋人未満の段階でも、友達、家族に紹介されることもあるので、行動だけをみて判断しないように注意が必要です。もし恋人未満のデート期間が長すぎて待てないというのであれば、他にもデートしている人はいるのか?などとそろそろ聞いてみるのも手です。

https://www.flickr.com/photos/buenosaurus/402295188/

https://www.flickr.com/photos/buenosaurus/402295188/

アメリカのデートでしてはいけないことなど

日本では女性は控えめでいることが思慮深くて愛らしいという印象を持たれることが多いですが、アメリカでは違います。日本人特有の健気さや控えめな感じは、彼らの目には奇妙に映ることさえあります。アメリカ女性は自己主張も強く、自分の意見を堂々と発することが出来ますし、男性もそういった女性に慣れています。日本人の「言わなくても察してほしい」という感情はほとんどの場合通用しないということを覚えておきましょう。きちんと自信主張が出来きない女性は子供っぽいと思われてしまうこともあります。
ドラマや映画では「I love you」と気持ちを伝えあうシーンが多くありますが、恋人未満のデート段階でまず使うことはありません。きちんと交際が始まってからも、軽い気持ちで言うことはないので、状況を見極めて使う必要があります。また、早い段階で「I love you」というアメリカ人男性がいたら、プレイボーイの可能性があるので、気をつけた方がいいかもしれません。

https://www.flickr.com/photos/floridamemory/9101316091/

https://www.flickr.com/photos/floridamemory/9101316091/

おわりに

いかがでしたか?日本とはこんなに恋愛事情が違うんですね。知らないと誤解を招くことも多いので、外国の異性とデートをするときはこれらのことを覚えておきましょう。お付き合いするには自立した強さと異文化への理解が求められます。ほかの人と比べずに、お互い心地良いペースで関係を進めて行くことを大切にして恋人との信頼関係を確立することが大事ですね。