SIMフリー化で圧倒的に便利になったモバイル事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

総務省は2015年5月から日本の携帯会社に対してSIMフリー化を義務付けました。
これは海外旅行や海外滞在で現地で携帯やスマートフォンを使いたい人にとっては朗報なのです。
SIMカードを入れ替えるだけで現地利用が可能になります。
URL: SIMカード義務化 主要キャリアの対応

SIMカードで手っ取り早く使う

現地に付いたら空港やお店でSIMカードを購入します。希望額分を購入できるプリペイド式です。
SIMカードフリーになった(手続きは必要です)現在、日本で使っている携帯に、海外で購入したSIMカードを入れれば利用可能です。
通話やメッセージに掛かる料金は、各国、各携帯会社によって幅があるので、調べて置くことは必須です。

海外と日本の携帯会社の違い(プランの違い・Wifiは町でつながるのか)

SIMカードは世界のほとんどの国で使えます。
別途にプラン契約をする場合は、それぞれの国によって設定やサービスが異なります。
通話料金、パケット料金、受信・着信にも課金がある場合もあるので、事前確認はしっかり行いましょう。

SIMカードだけだと、Wifi電波のない場所でのインターネットはできません。
公共施設や飲食店(カフェやレストラン、ショップ)などでWifiパスワードを開放している所だけがWifi利用が可能です。
常時インターネット接続が必要な場合は、現地の携帯電話会社のプランに入る必要があります。

携帯ショップたくさん!!

現地で使う携帯やスマートフォンを購入する場合は電話番号取得のための契約が必要になります。
日本にあるショップの数より断然海外の方が多いでしょう。
日本では、プラン契約が必要ですが、海外では基本的に電話番号の取得のための契約料だけで済みます。

海外で日本から持っていった携帯を使うときはどうすればいいのか?

よくあるハプニングとして、日本で使っている携帯設定をそのままにして海外で使ってしまうこと。
使えてしまうのが問題でもあると思うのですが、うっかり、電話もインターネットもそのままで日本や現地との通話などに使ってしまうと、
膨大、莫大な料金が請求されてしまいます。これを一定価格にした海外用プランを持っている携帯会社もありますし、
一時的に発信・受信をしない設定にしておくのも一つの手段です。
Wifiに関しては、契約や料金に関係なく使用することができるので、ネット上のフリーメールなどで済ませることができます。

まとめ

今までずっと日本はSIMロックを固持していました。これは海外に行く人にとっても、海外から来る人にとってもとっても厄介な難点でした。
他の国々は、ずいぶん前から取り入れていたのです。やっと日本も仲間入り。
刻々と変わり続ける携帯事情。どんどん便利になってどんどん世界を近く感じられるようになるといいですね。