海外ツアーに参加する時の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年多くの人が海外ツアーに参加しています。交通機関の手段やルート、観光スポット、グルメなどお任せで手間も省けます。
国内の旅行や個人で海外に行く時とは少し勝手が違います。
ツアー中に気をつけるべきこと、前もって確認しておくべきことをご紹介します。

海外ツアーに参加する前に準備するべきもの

事前の準備はツアーであっても、個人であってもほぼ共通です。
旅行代理店を通すツアーの場合、パスポートやチケット・保険に関する手配も代理店が行ってくれるでしょう。

貴重品の確認(パスポート・ビザ・海外保険など)
飛行機内に持ち込む荷物と預ける荷物の確認
目的地の気候や風習に合わせた服装
旅程の確認(航空チケットをはじめ、時間やその他の行程)
お金に関する確認(現金・通貨・クレジットカードなど)
自分に合った常備薬(鎮痛剤・胃腸薬・風邪薬など)
スマートフォンやカメラ機器などの確認

海外ツアーのメリット・デメリット

メリット
終始ガイドが案内してくれるツアーであれば、道に迷ったり、交通機関を乗り違えたり、
知らずに怪しいスポットに足を踏み入れていたりということは少ないでしょう。
安心と安全はある程度確保されます。調べたり、交渉したりという手間も省けます。

デメリット
自分ペースで動けないというのが、最大のデメリットです。
そして、調べたり、、交渉したり、人に尋ねたりして旅行を充実させていく自由な個人旅行の醍醐味が格段に減ります。

海外ツアーに参加する際の注意点

ツアーの中身をきちんと知る。

何がパッケージの中に含まれていて、何が含まれていないかを把握する。
「ツアー」と言っても航空券と宿泊がセットになっているだけの商品のこともあります。
現地ホテルに着いたら、あとは自由に動いてくださいというものです。
また航空券・ホテルにその先の観光や食事がプラスされている商品もあります。
自分がどのタイプを選びたいのかをはっきりさせておきましょう。

自分の目的がツアーに組み込まれているか。

上記のように、ツアーのタイプも色々です。
始めから終わりまでガイド付きのツアーの場合、時間も場所も自分でコントロールできません。
観光やグルメなど、自分の本来の目的が含まれているかを確認しましょう。

団体行動です。ルールは守りましょう。

ツアーには他の旅行者も参加します。時間や規則が周知されると思います。
スムーズに行程が進行するように、みんなが心地よく旅行を楽しめるように、最低限のルールは守りましょう。

まとめ

言葉に不安があったり、知らない土地に自信がなかったりするなら「ツアー」という選択もありだと思います。
安心して外国の土地に入って、思いっきり雰囲気を五感を使って楽しめると思います。
最後にひとつ。
団体であっても、ガイドが付いていても、世界には日本ほど安全な国はないことを肝に銘じておいてください。