アメリカのカフェの雰囲気を探る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本も色々なスタイルのカフェが増えています。さてアメリカではどんなカフェが人気を集めているのでしょう。。
州によっても雰囲気のテイストも違ってくるようです。有名所をチェックしてみました。
また、アメリカから日本に入ってきたカフェもご紹介します。

アメリカ人にとってカフェはどんなところ?

日本の昔ながらの喫茶店ほどこじんまりとはしてなくて、もちろんコーヒーの味や淹れ方にはお店独自のこだわりを持つ。
老若男女どんな人でも入れて、仕事中でも、いつも家にいる人も、ぶらりと気軽に立ち寄れる。
日本ではちょっとおしゃれなイメージがありますが、アメリカでは当たり前のくつろげる生活空間。
趣向はお店やロケーションによって様々ですが、リラックスを提供する場所であることは共通しているようです。

LAで人気のカフェ

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/04/14/15/47/coffee-722270_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/04/14/15/47/coffee-722270_640.jpg

「アース・カフェ」
2013年に東京代官山に進出
オーガニック食材を使ったドリンクや料理を提供。世界中のオーガニックコーヒーも楽しめます。
素敵なロケーションを満喫できるオープンカフェです。

「コーヒー・ビーン & ティー・リーフ」
2015年に東京日本橋に進出
アメリカで1番古い老舗コーヒーチェーン。
気軽にサクッと入れる便利なカフェ。

NYで人気のカフェ

https://farm4.staticflickr.com/3820/10252327126_8b9a896dfc_o.jpg

https://farm4.staticflickr.com/3820/10252327126_8b9a896dfc_o.jpg

「ゴリラコーヒー」
2015年に東京渋谷にも進出
ブルックリンが発祥、ゴリラのように力強さを感じるガツンとくるコーヒーが飲めます。
オーガニック100%のコーヒー豆を使用。パッケージデザインのインパクトが絶大!

「マッドコーヒー」
2012年に東京渋谷にも進出
マッドとは”泥”のことで、濃い目のどっしりとした味わいが特徴。
創立者がロックミュージシャン出身なこともあって、レンガ造りの温かみの中にファンキーな雰囲気が漂っています。
若者にとっても人気!

SFで人気のカフェ

https://farm9.staticflickr.com/8630/15852178151_e24aa29c24_o.jpg

https://farm9.staticflickr.com/8630/15852178151_e24aa29c24_o.jpg

「ブルーボトルコーヒー」
2015年に東京清澄白河にも進出
マニュアル化せず、心を込めて丹念に淹れるコーヒーを提供。
ワンカップずつのこだわりが、多くのファンを惹きつけています。

「フォーバレルコーヒー」
2015年に東京代官山に進出
カフェの空間に流れる雰囲気と、人との繋がりを大切にしてくれるお店。
現代の中にあって、Wifiは引かず、パソコンも置きにくい高さになっているのだとか。
コーヒーを味わい、そこにいる人たちと時間を共有する、カフェ本来のあり方かもしれません。

「サイトグラスコーヒー」
2階建て吹き抜けで手作り感溢れる工場のような雰囲気。
大型焙煎機を見ながらコーヒーを楽しむことができます
日本に入ってきたアメリカのカフェ

まとめ

日本もカフェで過ごす人が多くなってきましたね。
海外から、色んなタイプのカフェが続々と進出しています。
お気に入りのお店で、美味しいコーヒーと一緒に素敵なひと時を過ごしましょう。