英語ネイティブが使う、話に興味がない時のあいづちってどんなもの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あいづちもひとつのコミュニケーション

スムーズな会話に必要なもの、それはあいづち。言葉であったり、時には態度や表情で「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」「あなたの話に興味がありますよ」ということを伝えるものですよね。
それでは逆に、話に興味がない時のあいづちって考えたことはありますか?英語ネイティブは、どのような態度や言葉で相手に伝えているのでしょう?今回はあいづちにまつわる日米文化の違いについてもご紹介したいと思います。

興味がない時に打つあいづち

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/23/10/55/pretty-351884_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/23/10/55/pretty-351884_640.jpg

日本語同様に、英語にも「興味がない時にはこれ!」と決まった単語があるわけではありません。たとえばYeah, Yep, Huh, Hmm, Uh huh, Oh ya?は興味がない話の最中に打つあいづちとしてよく使用されますが、もちろん話が弾んでいる時のあいづちとしても使用されます。要はイントネーションとあいづちを打つタイミングがポイントです。

いわゆる生返事のような覇気のないゆるい返事やあいづち、また話の腰を折るようなタイミングでのあいづち、どちらも話者にとっては話し心地が良くないことでしょう。勘の良い人ならばこちらの気持ちに気がついてくれるはずですがそれでも話が続くようであれば、By the way,(ところでさぁ)と話の内容をすり替えるのもひとつの方法です。

日米文化の違いが出るあいづちの打ち方

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/03/26/10/07/restaurant-690975_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/03/26/10/07/restaurant-690975_640.jpg

日本人はあいづちを打つことで、相手の話に興味があることを表現しますよね。これは努めてしている訳ではなく、日頃無意識のうちに行なっている行動です。一方アメリカではこれは失礼にあたることも。相手の話に興味があることを示すためには、余計な口を挟まず=あいづちを挟まずに、話者とアイコンタクトを取り、頷くのみにしておくことが一般的です。

これを踏まえてみると、英語ネイテイブとの会話で「その話、興味がないんだけど」ということをアピールするには、日本人同士の会話並みの頻度であいづちを打てば良いということになりますね。

「やたらと反応されると鬱陶しい。しかしなさすぎるのも相手が話を聞いているのか、それとも興味がないのか不安になる」というジレンマを持つあいづち。その使い方にお国柄や文化の違いが出るのは、とても興味深いものです。

無視するのではなくきちんと断る

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/16/10/japan-220688_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/16/10/japan-220688_640.jpg

あいづちからほんの少し話は変わりますが、アメリカで接客業についている私が店頭で日々「文化の違いっておもしろいなぁ」と感じていることをご紹介します。

今買うつもりはないけれど、ふらりと立ち寄ったショップで店員から話しかけられた時、あなたはどのように対応しますか? 興味がない話し相手に対する態度という点では、興味のない話にするあいづちと状況としては似ています。

日本人に多いのは、無視する、「興味がある」とも「ない」とも言わずにその場を濁す、避けるようにして商品を見てそそくさと店をあとにするパターン。はっきりとした態度で断ることを良しとせず、「なんとなく・曖昧な感じ」でやりすごす方が多いです。

反面、日本人以外の人種に共通するのは、はっきりと自己主張をするということ。たとえ買う気がない場合でも店員の問いかけに対して無視することは皆無です。もしあなたが海外旅行に行きショップで店員に話しかけられた際には、たとえ見ているだけであっても無視はしないでくださいね。きちんと挨拶を返し、I’m just looking, thank you.(見ているだけなので。でも気にかけてくれてありがとう)と答えましょう。

日本は「いらっしゃいませ」に対して返事をすることはまずないですが、アメリカでは店員とお客様とで相互に軽く挨拶することが一般的。買う気はなくともそこを無視するのは、お店からすれば「変な人」扱いです。文化の違いって本当に奥深いですね。

最後に

場所が変われば異なるコミュニケーションと表現力。海外ドラマや映画、リアリティチャンネルを見てみると、私たち日本人とは異なる会話のやりとりが見えることと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。