憧れの海外ウエディング

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月といえば「ジューン・ブライド」結婚式をする人が多いですよね。でもせっかくなら海外で挙式をあげたい!!そこで今回は海外のウェディングについてちょっと紹介します。

海外で挙式をするメリット

近年、有名芸能人の海外ウエディングのニュースも多く、漠然と海外ウエディングに憧れる人も多いのではないでしょうか。海外で挙式をすると高いというイメージがありますが、国内で挙式、披露宴をしてハネムーンに行くよりも、実は海外挙式の方がリーズナブルなんです。最近では専門の会社に頼めば、それほど大変ではなくスムーズに行えるようになったことで、 その人気により拍車がかかっています。また、呼べる人数が限られるからこそ、本当に呼びたい人だけを厳選する必要があります。しかし言い換えれば、本当にお祝いしてくれる人々だけを招待出来るということです。そして一緒に海外旅行の思い出を作ることが出来ます。

どこの国や場所が日本人に人気なの?

ハワイ

リゾートウエディングの中で断トツで選ばれているのは王道のハワイ。一年を通して天候が安定しており、日本人カップルの挙式実績が多いのも人気の一つ。また、挙式後の充実したアクティビティで、家族みんなで思い出を残せるところがいいですね。ビーチで美しい写真が撮れることも選ばれている理由です。

http://pixabay.com/en/aloha-sand-hawaii-beach-tropical-305853/

http://pixabay.com/en/aloha-sand-hawaii-beach-tropical-305853/

グアム

リゾート地としても人気のグアム。日本国内の多くの空港からグアムまで直行便があり、所要時間は約3時間30分です。そのため、新郎新婦も海外旅行に慣れていない家族でも気軽に行けます。新郎新婦だけではなく、家族のことまで考えると、治安が良く、日本語が通じるところが多いのは嬉しいですね。グアムが持っている本来の事前を感じながら、大パノラマの中で永遠の愛を誓います。

https://www.flickr.com/photos/greensurvey/171358784/

https://www.flickr.com/photos/greensurvey/171358784/

バリ

神々が宿る島として知られているバリ、近年特に人気を集めているアジア随一の挙式エリアです。メジャーなハワイ、グアムに比べると少し珍しさがあります。エキゾチックで神秘的な空間、文化と歴史によって育まれたバリの人々の優しさに触れることが出来ます。ウゆったりとしたプライベート感を大切にしたいというカップルに愛されています。また、自然が多いバリでは美しい生花を安く手に入れることが出来ます。

https://www.flickr.com/photos/27156764@N05/3243436262/

https://www.flickr.com/photos/27156764@N05/3243436262/

海外で挙式を挙げる費用や注意点はなにか

渡航や滞在に費用はかかりますが、新婚旅行を兼ねる場合が多いため、総合的にみるとリーズナブルなのが海外ウエディングの特徴です。国内平均相場が310万程度なのに比べて、海外ウエディングは100~120万程度です。注意点としては、海外なので日本語が使えない時もあるということです。しかし、基本的に挙式中は現地の言葉が使われますが、通訳が付くことが多いです。また、招待したいゲストには早めに声をかけておくことが大事です。ゲストにとっても海外旅行は大きなイベントになります。旅費はどちらが負担するのか、ご祝儀は必要かなど、お金の話は敬遠されがちですが、大きな金額が関わってくる事柄なので説明はきちんとしておきましょう。

海外で挙げた日本の芸能人の紹介

小倉優子(ハワイ)、藤本美貴(ハワイ)、山田優&小栗旬(ハワイ)、優木まおみ(ハワイ)、吉川ひなの(ハワイ)、スザンヌ&斉藤和巳(グアム)、上原さくら(グアム)、福田萌&中田敦彦(バリ)

https://www.flickr.com/photos/azchael/8816575462/

https://www.flickr.com/photos/azchael/8816575462/

まとめ

現地のすべてが素敵な撮影スポットになるのも、海外ウエディングの魅力の一つです。ゆっくりとした特別な時間を大切な家族、友人と共有できるなんて素敵ですよね。こういった機会がないと家族で海外旅行なんてなかなか出来ません。二人の結婚を特別なものにするために、両親へのこれまでの感謝の気持ちも込めて、海外ウエディングを企画してみてはいかがでしょうか。