海外と日本のお化粧事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性はみんなおしゃれが好きですね。
日本にも海外ブランドのお化粧品が溢れています。ひっきりなしに人気の商品情報が入ってきます。
さて海外はどうでしょう。日本と海外の女性たちのメークについて比較してみました。
欧米では女性のメークがどのように捉えられているのかも見ていきます。

海外の女性が化粧をするときの特徴

海外では、いろんなブランドがある割には日常で凝ったメイクをしている人はあまり見かけません。
もちろん、パーティーなどの然るべき場面ではみんな入念なオシャレをしますが。
外国人の女の子たちによく聞かれることがあります。

「日本の女性はコンビニに行く時も、ちょっと散歩に出る時もお化粧をするってホント?」

肌の色や質の違い、気候の違い、人前での感覚の違いと色々理由はあげられますが、
海外の女性の日常メークは、日本人の女性より質素なものだと思います。

そしてやはり、日本人は「濃い目」の印象があるみたいですよ。

日本人の意識

隠す、変える、飾るというイメージを感じます。そして人前に出る時の礼儀やマナーとしてメークをします。
見られること・・・への反応としてお化粧をしているように感じます。
目指すところが全く日本人とタイプの違う「欧米的な顔」なので、やることはたくさんになってくるでしょう。
目鼻立ちをくっきりと出し、まつ毛のながーいパッチリ二重、きめの細かい白い肌、などなど。
そして流行っているものが大好き!という傾向。そしてアイテムについてもテクニックについても、とっても研究熱心。
本来の自分の顔立ちや肌タイプより、トレンドにフィットしているかの方が重要度が高め。

海外の人の意識

お化粧は自分の美しさを際立てるためのものという意識があるようです。
自分の「素」が隠れるほどにメークをするのは、特別なシーンだけでしょう。
普段の彼女たちの日常メークは、とても簡単で質素。
一日の中の時間の使い方の感覚の違いからの影響もあるのかもしれません。
自分に合った心地よく使えるアイテムを取り入れて、そして自分の気持ちをUPさせているようです。

男性の化粧に対する考え方

海外の男性も自国の女性で見慣れたナチュラルメークの範囲から外れていると、奇妙に見えるのだとか。
素顔が隠れているという印象は、どんなに高度なテクニックでも好感度を下げてしまうようです。

まとめ

海外の女性たちもキレイになることに無頓着なわけではありません。
実はナチュラルに見えるようにメークをすることは、色んな意味で高度な女子力なのです。
まずは素肌をきれいに保つための食事や運動に気を配ったり、ナチュラル感の出るファンデーションやポイントメークの方法を知っていたり。
足し算ばかりではなくて、引き算のメークが海外ではウケるのかもしれません。