日本と海外・こんなに異なる‘おみやげ’事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

おみやげ文化は日本だけ?

国内海外を問わず、旅行に出かけるとおみやげを購入する方、おられますよね? 家族はもちろん、恋人、親戚、友人、隣近所、職場へと多岐にわたるお相手のために、旅先ででも色々と心配りをし、時間とお金を費やすわけです。

私たち日本人にとっておみやげの存在、文化とは、子供の頃から慣れ親しんできた風習。しかし海外と比較すると、私たちにとってごく当たり前のおみやげに対する考え方がどうやら異なるようです。

そもそも異なるおみやげに対する考え方

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/24/17/13/stall-352978_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/24/17/13/stall-352978_640.jpg

日本人がおみやげを購入し相手に贈る時、そこに込められている思いは「旅先で見つけたものをおすそ分け」「いつも良くしてもらっているから」「留守中の面倒を見てくれてありがとう」というもの。もしくは、特別な思いはなくても「旅行したら何か買っていくものだ」という考えが刷り込まれているかもしれません。

一方海外では、(一概には言えませんが)家族や本当に親しい人におみやげを購入することはあっても、自分を取り巻く多岐にわたる人たちにまでおみやげを持ち帰ることはないようです。

ちなみに私の周囲のアメリカ人を見ていると、「自分の正当な権利を使って取得したバケーションだから、職場に迷惑をかけてはいないしおみやげを買って帰る必要はない」という考え方が圧倒的です。

どちらが良いとは言い切れませんが、旅先であっても人間関係の「和」を重んじる日本人、「個」を重んじるアメリカ人の特徴がよく出ていますね。

外国人が喜ぶ日本のおみやげ

http://http//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/29/16/08/taiyaki-19419_640.jpg

http://http//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/29/16/08/taiyaki-19419_640.jpg

「外国人はよほど親しい間柄でないとおみやげを購入しない」と先程ご紹介しましたが、彼らは特別に親しくないとしても職場の人間やクラスメイト等からおみやげを貰うことは大好きなようです。

特に人気の高いおみやげは、なんと言っても日本のお菓子。進物用はもちろんのこと、日本人が普段口にしている駄菓子であっても大いに喜ばれます。ただし日本らしさをアピールするのに、あんこや餅系をチョイスするのは辞めておく方がよいでしょう。日本文化に慣れ親しんでいる日系ファミリーにはまったく問題ありませんが、食に対してあまり冒険しない人が多いアメリカ人には受け入れがたい独特なもののようですよ。

外国人が日本で夢中のおみやげは?

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/26/14/51/japan-218631_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/26/14/51/japan-218631_640.jpg

安くてデザイン性に優れており、当然のように性能のよい雑貨や文房具。本物思考のインスタント食品(国によって持ち込み禁止物あり)。100円とは思えないほどのクオリティの高さ、品揃えの充実度に驚きの100円ショップグッズ。日本に住んでいる方々にとって当たり前のモノ、そしてさほど高価でもない品物の数々が外国人にとっては驚きと新鮮さに満ちあふれているようです。

高価な品物で人気があるのは家電製品、特にアジア系外国人には高性能炊飯器が人気だそうです。また一般的ではないものの海外からの料理人がこぞって足を運ぶのが、包丁を専門的に取り扱うお店。これらはおみやげと言うよりも、自分たちの実用的な目的のための購入だと思いますが、外国人が夢中になるメイドイン・ジャパンのひとつでもあります。日本の技術の高さが世界で認められている証とも言えますね。

最後に

国民性や風習、文化の違いが顕著にあらわれるおみやげ。旅先で観光もそこそこにおみやげ購入にいそしむ人を見かけると「あぁ、もったいないなぁ」と思う気持ちが正直ありますが、おすそ分け文化のひとつであるおみやげは大変素敵な風習です。日本を訪れた外国人が自国へ持ち帰ったおみやげを通して、さらに日本の魅力が世界へ広まるとうれしいですね!