偏見の無い世界へ。Love Has No Labels という運動

このエントリーをはてなブックマークに追加

外見的・精神的な違いからマイノリティと思われていた人達と、健常者と呼ばれる多くの人達をレントゲン写真で見ると何の差も無いですよね。どのような運動か見てみましょう。

From the outside to the inside, people who are considered minorities stand behind an x-ray screen to show that there is no difference. Let’s see what happens…


Screen Shot 2015-05-28 at 12.27.33 PM

愛って何?どんな言語に置き換えても愛の概念って説明したり理解するのって難しいよね。正直なところ、みんな自分たちの気持ちを元に大雑把なアイディアを持っているけど、言葉にするのは難しい。辞書上の愛は私たちが感じたり経験するほんの少しの部分しか説明が載ってない。でもそれは私たちが人間として欲しがったり感じたりするものですよね。

What is love? In any language the concept of love can be difficult to explain or understand. To be honest I think most of us have a rough idea of what it is based on what we feel, but find it hard to put to words. The dictionary definitions of love only touch on a small part of what we feel and experience. But it is something we all feel and crave as humans.

1900年代にあった産業革命と平行して社会革命をも引き起こしました。
支配階級の人達にただ労働でこき使われるよりも人として認めてもらいたい下流階級の人たちを皮切りに、違う人種の人たちも白人と同じ権利を欲し、仕事や選挙権を手に入れるために女性は戦い、今では別の生き方や同じ性を好きになることへの差別に直面した人達が戦っています・・・私たち人は自由や平等さを持った人間へと進化しようとしている。スーザン・B・アンソニーやマーティン・ルーサー・キング・ジュニアが活躍した日から長い道のりを歩いてきましたが、それでも私たちにはまだまだ長い道のりが残っています。

Alongside with the Industrial Revolution of the 1900s came the push for Social Revolution. Starting with those from lower classes wanting to be respected as people instead of solely being used for labor by the ruling class, to people of color wanting the same rights as those of white people, to women fighting for the right to vote and have a career, to the current day struggle of people who face discrimination for loving someone of the same sex or living an alternative lifestyle…we as humans are trying to evolve into beings that can exist freely and equally. Though we have come a long way since the days of Susan B. Anthony and Martin Luther King Jr., we still have a long way to go.

Lovehasnolabels.com はサイトとハッシュタグで少数派の人達が感じる差別や偏見に気づいてもらい、全ての人々をもっと受け入れたりポジティブになってもらうように手引きしてくれます。問題を認識しない、他人を守れない、黙ったまま、これら全ての偏見は続いている。

Lovehasnolabels.com is a site and #(hashtag) that spreads awareness of bias and prejudice minorities face, as to guide others to be positive and more accepting of all people. Not acknowledging the problem, not defending another person, being silent, all enable bigotry to continue.

http://lovehasnolabels.com/

http://lovehasnolabels.com/

ウェブサイトで彼らは公の場で個人の経験談などをシェアしています。これらの経験談をシェアしている人達には太ってること、文化の違い、障害を持っている、様々な性的指向を持っていたり悩んでいることでで差別を受けてしまっている男性、女性や子供がいます。彼らの願いは自分たちの経験談から他の人達が学んでいけること。願わくば、読者が関連するような人を見て一人じゃないということを感じて欲しい、または自分たちが今までにどれだけ人に対して無神経だったかを知り、将来関わる人達についてもっと気遣ったり理解できるようになって欲しい。知識を共有することは人を助けること。

On the main website people share their private stories with the public. The people who have shared their stories range from men, women and children who have dealt with discrimination for being overweight, a different culture, having a disability, or for questioning/having a different sexual orientation. It is their hope that others will learn from their experiences. Hopefully readers will either see someone they can relate too and feel less alone, or learn that they might have been insensitive to someone in the past and try to be more caring and understanding when regarding people in the future. Sharing knowledge is all about helping others.

私たちの人間性に入ってます。私たちは何かを共有したいし繋がっていたい。だからこそ会話をすることを学んだ。そして書く人は・・・考え、気持ち、体験を共有し・・・他の人達に自分の苦悩を知ってもらうことで、痛みを忘れさせてくれるだけじゃなく・・・他の人達の痛みも癒してくれる。

It is in our human nature. We want to share, we want to connect. That’s the reason why we learn to communicate. And for the writers…to share thoughts, feelings, experiences…by letting others know about your struggles, not only helps you move past the pain…it helps others move past their own hurt as well.

lovehasnolabels.com をチェックしてどう思ったか教えてね。今までに自分が見た目や行動によって違う扱いを受けたことはありますか?アメリカではカウンセラーを利用したり、ホットライン、オンラインサイトやチャットを使うことは知ってる。日本ではそういう選択があるのかは確かじゃない。私は必要なときに自分の話を聞いてくれたりする良い友達が作れてすごくラッキーだと思う、でも人生の中で時々はラッキーじゃないこともある。でもあなたは独りじゃない。あなたに同情してくれたり関わってくれる人がいます、もしかしたら画面越しにもいるかも。

Check out lovehasnotlabels.com and let us know what you think. Have you ever been treated differently because you looked, acted, or were…just felt different? I know in America we utilize councelors, hotlines, and even online sites and chats. I’m not sure about the options here in Japan. I’ve been lucky enough to make some good friends who are willing to listen to me when I need them, but sometimes in life you aren’t that lucky. But you aren’t alone. There are other people who can sympathize or relate, maybe they’re just a screen away.

Hugs bitches. <3 you all.

~ Kristina