ミス・ジャパンの宮本エリアナさんが教えてくれること

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近話題になったこのニュース、”Japan” が付く大会なので色んな意見が飛び交いましたね。同じくハーフのスピーカーMegumi の考えを聞いてみましょう。この記事も一意見ですが、大事なのは様々な角度からの考えに聴く耳を傾けることだと思います。

Recently this became a big news because there were so many opinions about the competition which has “Japan” in it’s name. Let’s hear the thoughts of our speaker, Megumi, who is also biracial. This article is just one opinion, but what is important is to listen to many thoughts from different perspectives.


最近、日本のメディアが困惑しながら盛り上がった出来事がありました。それは、ミスユニバースに出場するミスジャパンのコンテストで優勝した一人の女性についてです。彼女の名前は、宮本エリアナといい、始めに言っておきますが彼女は日本人です。長崎県で生まれ育ち、父がアメリカ人母が日本人の元で育ちました。どうしてここまでメディアから注目を集めたのかというと、あまり彼女が選ばれたことに素直に喜べなかった人がいたからです。そう思った彼らの言い訳は、彼女が日本人に見えない、ということと「完全なる」日本人ではないから、というものでした。日本に住んでいるハーフとして物申せずにはいられませんでした。

In a recent event, the Japanese media was confused and overwhelmed when the new Miss Japan representative for the Miss Universe pageant was elected. Her name is Eriana Miyamoto. *Note that she IS Japanese. She was born and raised in Nagasaki. Her father is American and her mother is Japanese.The main reason why she got so much attention from the media is because people were a little skeptical about the new Miss Japan.Their reasoning…she doesn’t “look” Japanese enough and is not “fully” Japanese. As a biracial individual living in Japan, I had to step in and express my stand point in this.

今回の出来事を通して日本人の反応を見たとき、私たちみんながなにかを学んだと思います。むしろ、はっ、とさせるようなものだと思いました。まだ日本人は多種多様性を受け入れる準備ができてないということです。日本の人種に対する認知と受け入れのためにも、私たちみたいな社会のことを気にかける人たちが会話を始めないといつまでたっても変わらないと思うんです。
この記事を通して、多くの人がオープンマインドにお互いのことをありのままに受け入れるきっかけになってほしいと思います。そんなに難しいことではないはずですよ。

There is a crucial matter that we all were taught, or, in a sense, slammed from the people’s response in Japan that not many people are ready for diversity yet. In order to promote acceptance and racial awareness in the US it is the duty of every citizen to be mindful of the words and terms they use and be open to discussing issues when they arise.
I hope this article will lead to a more open minded view point and acceptance of each other as WE ARE. It surely should not be that difficult to do so.

「日本人らしさ」の定義 / Defining what is Japanese enough

あなたにとって十分な日本人ってどんな人?「完全なる」日本人でいることはどういう意味?私がどんな和食も食べられてお箸が持てれば十分な日本人?それとも、年配の方に敬語がきちんと使えて正しい角度でお辞儀ができれば日本人?「日本らしい」がどんな意味を持つかは22年間日本に住んでいてもわかりませんが、きっと日本人があなたの顔に向かって「あなた、ちょっと見た目が違うわね、多分仲良くなれないと思うわ」と言いたいところを、「日本人らしさ」という言い方に変えたにすぎないと思うんです。

What does it mean to be Japanese enough for you? Or what does being “fully” Japanese mean to you? Does it mean, I can eat all sorts of Japanese cuisines and use chopsticks properly? Or does it mean that I know how to use polite language to the elders and I bow at the right angle? Whatever “Japanese enough” means, because I have NO clue even though I have lived here for 22 years, it is just an excuse for Japanese people not to say “you’re different, I don’t think we will get along” to your face.

歴史的にみても、世界でなにかを変えよう!という運動が起きても日本はただ見ているというイメージがあります。200年近くも「鎖国」をしてきた事実もあるのでやはり孤立しているのは間違ったイメージではないですよね。現代に置き換えてみても、日本はまだ変化を拒むし、新しいことにチャレンジすることにも億劫です。もっというと、人種に関しては型にはまった考えしかできませんよね。まだアメリカ人には「白人」しか存在しないと思っているし「白人」はみんなアメリカから来ていると思う人もいます。ちょっと話がそれてしまいました。

Historically speaking, Japan has sort of been outside of the loop when it comes to making some changes around the world. We didn’t call our country a “closed-country” for over 200 years for nothing. It does say a lot even nowadays, that Japanese are afraid to admit change or consider new aspects. Even more so, we are sort of stuck in the rut when it comes to race. Some people think there are only “white” Americans and that every “white” race is from America. I digress.

宮本さんがいくつかの取材を受けているときにおもしろいコメントを残したんです。ミスジャンパンになったときに、ハーフである私でもいいのかな、と不安だったようです。そのコメントはこの記事をみてください。これはすごいいろいろな意味が込められていると思うんです。彼女は幼いときから肌の色が人並みより黒かったり、髪の毛の手触りがみんなと違うから、などといった理由で自信をなくしていました。彼女が幼いときにそれを感じたのはすごく共感できます。しかし、20歳にもなってまだそんな風に自分が人と「違う」ことでやましさを感じているのか、とびっくりしたんです。でも彼女の場合は国全体の代表としてテレビに出ることになり、残念ながら必ずしも日本人のみんな、特に上の世代の人たちが受け入れてくれるというわけではありません。

Ms. Miyamoto has mentioned something VERY interesting when she was selected as Miss Japan. She said she felt a little uneasy and wondered if it was ok for a “ha-fu” like her to represent Japan (click here to see the statement). Now, this says a lot. She had always felt insecure because she has a darker skin color or different hair texture than her classmates at school. I understand this struggle she went through as a child, but at this point, I would like to think a 20 year old had embraced her differences by now. Although, in her case, she had to represent herself in front of the whole country, which doesn’t necessarily mean that everyone is accepting, especially the older generations.

私が想像するに、彼女はきっと「完全なる」日本人であることに対してプライドを持っている国民の一部を怒らせたりしたくなかったから、むしろ義務的にそのコメントを述べたような気もするんです。同じ記事に、だし汁から取った味噌汁を作ることが得意だ、と書いてありました。もちろん、これも義務的なものだったのではないかと私は感じているわけです。日本の文化にきちんと敬意を示していますよ、私もみなさんと同じようなことをしますよ、と証明しなくてはいけなかったのです。

I am assuming she almost felt obligated to say so because she didn’t want to “offend” certain people who take pride in being “full” Japanese. Also, in the same article, it says her speciality is to make Miso soup from the dashi. Of course she had to say that to PROVE herself that she respects Japanese culture and she takes part in the same things as other Japanese people do.

繰り返しになりますが、「完全なる」日本人ってどういうことなのでしょうか?日本人のように振舞うのはどういうこと?私は日本人の父がいて、彼女は日本人のお母さんがいる。二人とも日本の国籍を持っています。彼女も私も母国語は日本語です。これらを兼ね揃えていても「完全なる」日本人ではないのでしょうか?私たちは日本という国を敬っていますよ、とあなたたちに説明しないとだめなんですか?いや、むしろ、ハーフとかミックスの人たちは日本の文化を軽視していると思っているのですか?なにを言ってるのかさっぱりわかりません。もうそんなに自分のことばっかり考えないで。いつからあなたちは「日本人らしさ」を決める王様・女王様になったの?

Again, what is “fully” Japanese? What is acting Japanese like? I have a Japanese father, she has a Japanese mother and we both have Japanese passports. Hers and my native language is Japanese. Does this not make us Japanese enough for you? Do we have to explain ourselves that we respect Japan as a whole let alone, do you think just because we’re “ha-fu” or mixed, we disrespect the culture? Get out of here and get over yourself. Since when did you become the king/queen to determine “Japaneseness”?

固定概念はもう古い / Stereotyping is oldschool

外国人やミックスの人たちと日本人が関わるとき、なんだか存在自体にびくびくしていて会話をするのに億劫になっているのでは?と思うのは私だけでしょうか・・・。ハーフとして日本で生まれ育ち、私が徐々に学んだことを教えてあげましょう。

Is this just me or do I think that Japanese people are scared to admit that foreigners, or racially mixed people, are intimidating to them and that they are reluctant to try to hold conversation with them? Let me tell you a story of my own.

私はとりわけ外交的で、自分の思っていることをいうタイプの人間です。初めて会った人たちに対して知り合いかのように話しかけにいきますし、最初の会話を始めるのも私です。この行動には実は意味があってやっています。それは、みんなが私の外国人っぽい見た目から判断して英語で話しかけられたり、ゆっくりな日本語で話しかけてくることを避けるためです。また、見た目が異国風すぎて話しかけづらい人だとレッテルを貼られたくないからです。これは二つの見方ができます。一つは私がとても自己中で私という人間を勝手に判断してほしくないから、というのと、二つ目は、私はあなたとまったく同じ人間だと思っているのでほかに違いなんて見当たりません、のどちらかです。

Something that I have developed to learn as a biracial individual living in Japan. I have relatively an out-going and out spoken personality. I tend to go up to people whom I have never met as if I have met them before or I will be the first one to start a conversation with them. This act of mine has actually been done purposefully since I can remember. I do this so that people won’t feel the need to talk to me in English or slow Japanese just because I look foreign or label me as an unapproachable “exotic” human being. You can take this both ways; I’m either selfish because I don’t want people to jump to conclusions of who I am, or I’m just embracing my differentness to make them think that I’m actually the same human being. Just as you are, and I see nothing else.

アメリカ人とか外国人だからってすごくうるさい、感情的、エネルギッシュだ、などと一概に言われますが笑っちゃうんです。常に多くの人が外国人やハーフと話し始める前に決まり切った固定概念を頭に植えつけてから、話しかけてくるんですよ。せめて私はみんなが人種にまつわる質問攻めをしてくる前に、みんなに話しかけて質問を避けたいわけです。その質問はできれば避けたいですからね。もし、ミックスやハーフの人や自分と見た目が違うからって、その人のことを知る機会の前に、固定概念を植えつけたまま話しかけにいったことがあるあなた、反省してください。宮本さんもきっと同じことを言いますよ。

It’s almost amusing to me that people think half American kids are more likely to be out-going or whatever because they generalize all Americans or foreigners as being loud, emotional, or energetic. When people from any where in the world can be shy or quite or unemotional. The majority of you guys tend to categorize us first, and then start talking to us. At least I am better off talking first before you start coming at me with a bunch of racial questions. I’ll avoid those as much as possible. Shame on you if you ever stereotyped a mixed person or ha-fu just because we look different from you guys. Ms. Miyamoto will say the same.

日本人から見るこの出来事 / The POV from our fellow Japanese citizens

日本の代表として宮本さんが選ばれて、インターネットのお友達はあまり気持ちよく受け止めませんでした。そのツイートやコメントを見て、私の率直な反応は「私、(私たち)あなたたを怒らせるようなことしたことあるっけ?」ってね。どうしてこんなにも宮本さんとかハーフの人を的にしたがるの?と思ったわけです。多くの日本人が宮本さんが日本代表は「不適切だ」とか「間違っている」と言っていたときにはショックを受けました。日本はもうちょっと成長したはずなんじゃないの?と思ったわけです。

Since Ms. Miyamoto has been selected as the representative of Japan, our internet friends did not take it so easy. My instant, and most honest, reaction to these tweets and comments was, HAVE I (WE) EVER OFFENDED YOU AT SOME POINT? Why can’t you leave the girl alone and keep the ha-fu people out of it? This was the most devastating part to me, that some Japanese people think it’s “inappropriate” or “not right” for a ha-fu to represent Japan. I personally thought Japan has established some type of acceptance by now.

今のマスメディアみてください。ローラ・ダレノガレ明美・ベッキー・ウエンツ瑛士などみんな日本人とのハーフタレントでエンタメ業界でお金を稼いでいるんですよ。これって、エンタメ業界はハーフとかを受け入れる余地があって、私たちがいる「こっちの世界」はないってこと?それとも、ハーフとかはエンタメ業界で成功するアドバンデージがあって、「こっちの世界」はむしろハーフを理由にいじめられたりディスアドバンデージになるの?それはすごく不快な思いがありますし、エンタメ業界のハーフが楽しい人生を歩んでいるときに、なぜこっちでは「私は日本人なんだ!」と主張してもあなたに「日本人らしさ」を証明しないと受け入れてくれないの?

Look at the mainstream media nowadays. Rola, Darenogare Akemi, Becky, Wentz Eiji and whatnot are all ha-fu Japanese talents that are making money in the entertainment business. Does this mean the entertainment business has room for acceptance of racially mixed people but the “real world” doesn’t yet? Or does it mean that racially mixed people have an advantage to make it in the entertainment world but in the “real world” it’s actually a disadvantage because people ostracize us. What is the line between the entertainment world and the “real world” in terms of race? I strongly disapprove that people in the entertainment world are having the time of their lives while we, on the other hand, are being criticized and that we can’t even claim ourselves as Japanese unless we prove to you that we are.

だからこそ、私は宮本さんが今回選ばれて希望の光を照らしてくれると強く信じているんです!日本で人種にまつわることで苦しんで悩んでいる子供、学生、若い大人たちを助けてくれると思うんです。この人たちに、私たちは日本人なんだよ、と強いメッセージを送ってくれると思いますし、自分でそれを信じていたらそれだけで十分なのだ、と。残念ながら、宮本さんは先に日本代表になるために何人かの日本人に自分の「日本人らしさ」を証明しなくてはいけなかったのですが、その彼女の努力を水に流さないようにしましょうよ!

This is why I think Ms. Miyamoto is the silver lining for all of this. She can actually raise awareness and help kids, teenagers and young adults who are struggling with their racial identity in Japan. She can help these people by making them feel like we ARE Japanese and if we believe in ourselves. And that’s all that matters. Unfortunately, she had to prove to some of us in order to be elected as Miss Japan, but someone has to start somewhere, so let’s not let her effort go down the drain.

あなたはあなた / Do you Boo

一気にたくさんのことを書いてしまってすごく理解するのが大変だったと思います。私は、年々自分の周りとの「違い」を愛するようになって、自信も身についたし、ありのままの自分が一番だと思えるようになりました。美しさは内側からくるっていうのは本当で、もし美は一つの色、サイズ、感触、とかなにか一つのものに限るんだ!と思っているならあなたは間違っています!宮本さんは日本に対して、せめて私には自分は美しく日本人として輝いているのだ、と教えてくれました。しかも、それを受け入れられなくても彼女はミスジャパンに選ばれたんだから、それはもうあなたがどうこういってもどうしようもないよね!彼女のこれからの活躍にみんなも私みたいにわくわくしていることを願うし、ミスユニバースの冠を日本に持ち帰ってきてほしいですね!

That was a lot of information at once. I don’t blame any of you if you got overwhelmed by it. I have become so much more confident and comfortable in my own skin after I started embracing my “differentness” over the past few years. The whole “beauty comes within” is SO true. And if you think beauty only comes in one particular size, color, texture, or anything, you are WRONG. Ms. Miyamoto was schooled in Japan, and at least to me, she is beautiful and very much Japanese just the way she is. LIKE IT OR NOT, that is why she got selected as MISS JAPAN! Just leave the girl alone and let her do her thing. I hope you guys are excited as much as I am for her to prosper in the competition and let’s hope that she brings that Miss Universe crown back to Japan!

美とはバリエーションがあるということ!

The definition of beauty should be VARIATION.

xoxo
~Megumi~