アメリカで人気の遊びってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、日本で遊びと言えば多くが、テレビゲームやコンピューターゲームを想像してしましますが、アメリカでも同じです。子供が大きくなるにつれて、欲しがるプレゼントはゲームになってしまってます。今回はゲーム以外の遊びで、誰もが知っているアメリカの伝統的な遊びや、若者たちの間でブームとなっている最近の遊びまで紹介します。

日本とアメリカにおける遊びの文化の違い

日本での遊びは、体を動かすことや、協調性を学ぶものとして考えられがちですが、アメリカでは子供の創造性を高めることに特に力を入れています。また、子供の遊び場が公共の場にも多く用意されています。カフェなどでも子どもが遊ぶスペースが一体化している施設が多いです。そこで子どもを遊ばせながら、ママはランチやお茶を楽しめるようになっています。また、アメリカではプールの存在がとても身近で、自宅にプールがあったり、アパートなどで共有スペースにプールがあることも多く、子供から大人までプールで運動したり、遊んだりと楽しむことができます。

https://www.flickr.com/photos/dlytle/8546380614/

https://www.flickr.com/photos/dlytle/8546380614/

アメリカの伝統的な子どもの遊び

「レッドライト・グリーンライト」

日本でいう「だるまさんがころんだ」です。

「ジャックス」

一般的には、(6本の棒が立体的に飛び出た小さなコマ)10〜15個と、ゴムボールを使用します。

「ポーカー」

友達や家族が集まるとよく行われるゲーム。いつも大騒ぎで賑やかになるゲームです。

「ダック アンド グース」

日本のハンカチ落としに似た遊びです。 ①輪になって座り、一人がおにになります。 ②おには、「ダック(アヒル)」と言いながら、一人ずつ頭に軽くふれながら輪の周りを歩きます。 ③おには、一人を選んで「グース(ガチョウ)」と言って、その子の頭に手をふれます。 ④「グース」に選ばれた子はすぐに立って、輪の周りを走り、おにを追いかけます。 ⑤おにがグースにつかまらずにグースが座っていた場所についたら、おには交代し、グースになった子が 新しいおになります。逆におにがグースにつかまったら、おにはそのまま同じ子がします。

「What time is it, Mr. Wolf?」

Mr.Wolf(鬼)を決めます。鬼以外の子たちは、「だるまさんがころんだ」のような感じに端に並んで立ちます。鬼は後ろ向きでも前向きでもどちらでもいいでしょう。鬼以外の子たちが”What time is it, Mr.Wolf?”と聞きます。鬼は好きな時間を言います。”It’s ~ o’clock.”鬼以外の子たちは言われた時間の数だけ前へ進みます。鬼が”It’s lunch time!”と言ったら追いかけっこの始まりです。つかまった子が、次の Mr.Wolf になり、繰り返します。

https://www.flickr.com/photos/44603071@N00/5523099482/

https://www.flickr.com/photos/44603071@N00/5523099482/

若者の間で流行っている遊び・ゲーム

「キネティックサンド」

大人でも凄く楽しめる大人気のねんど。スウェーデン生まれの不思議な砂「キネティック・サンド(動く砂)」屋内で遊べる砂です。感覚意識、細かい運動能力と創造性を高めることができ、アメリカ・ヨーロッパでの安全基準を合格している商品です。

https://www.flickr.com/photos/duffbert/15725023743/

https://www.flickr.com/photos/duffbert/15725023743/

「レインボールーム」

輪ゴムを利用したブレスレット制作キットです。プラスチック製の輪ゴム編みキットに、さまざまな色の輪ゴムをはめ込み、専用のフックを使って輪ゴムを編み込んでいくだけのもの。制作時間は簡単なもので約10分ほど。

https://www.flickr.com/photos/comedynose/14542375102/

https://www.flickr.com/photos/comedynose/14542375102/

「カップス」

アカペラ女子大生青春コメディ、「ピッチパーフェクト」。この映画の中で出演者が「You’re Gonna Miss Me When I’m Gone」という曲に合わせて、カップをリズミカルに動かしているシーンがYouTubeで約1億8300万再生され、社会現象を巻き起こしました。自分の好きな曲に合わせればさらに盛り上がる!必要なのはカップと音楽だけ!

https://www.flickr.com/photos/deanhochman/9734906988/

https://www.flickr.com/photos/deanhochman/9734906988/

まとめ

いかがでしたか?全体的に何かを作り出す遊びがアメリカでは人気のようです。アメリカの遊びで創造性を養ってみてはいかがですか?