和製英語ーそれはネイティブに通じません

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人が知らず知らずに使っている和製英語。これを英語圏の人に使っても実は通じないことがほとんど。英語圏の人には通じないような和製英語の紹介をしていきたいと思います。

和製英語が使われるようになったのはどうして?

カタカナなので英語みたいな感覚で使ってしまいがちな和製英語(カタカナ語)がたくさんありますね。
皆さん!それは英語ではなく、日本語です。外国の人たちにはちんぷんかんぷん??ですよ!

これらの言葉が日本で良く使われるようになってしまっている原因にはいくつかあるようです。
★発音能力の違い
発音しにくかったり、単語が長いなど、日本語になじみにくい場合、それらしい単語をあてはめたり、ちょっと短くしてみたり。
★日本製の商品名
日本で作られた商品名がカタカナで、それを英語と勘違いしていることもあります。
★英語圏以外の国が由来
フランス、ドイツ、イタリアなど、由来が英語圏からのモノでない場合も見受けられます。

きちんとそのカタカナの意味する「英語」を知っておきましょう!

和製英語

パソコン
personal computer (パーソナルコンピューター)
ノートパソコンはlaptop(ラップトップ)です。

エアコン
air conditioner(エアーコンディショナー)
リモコン
remote controller(リモートコントローラー)
セットで覚えておきましょう。

コスパ
cost performance(コストパフォーマンス)

アンケート
questionnaire(クエスチョネア)
アンケートという言葉はフランスから来てます。

マナーモード
silent mode(サイレント モード)
日本らしいカタカナ語です。

ボールペン
ball-point pen(ボールポイントペン)

セロハンテープ
Scotch tape(スコッチテープ)
ガムテープはduct tape(ダクトテープ)packing tape(パッキングテープ)

パンティーストッキング
pantyhose(パンティーホース)
ストッキングだけだとスポーツ選手などが履く長い靴下を意味する

ハーフ
mixed(ミックス)
半分という表現は失礼です。

アルバイト
part-time job(パートタイムジョブ)
アルバイトはドイツからの言葉

フロント
reception(レセプション)

オーダーメイド
made-to-order(メイドトゥオーダー)
custom made(カスタムメイド)でもOK

チャック/ファスナー
zipper(ジッパー)

ホッチキス
stapler(ステープラー)
これは日本の登録商標なのだそうです。
同じような使われ方でウォークマンがあります。
いずれも英語ではなく、通じません。

スマート
slim(スリム)
スマート=smart=賢い という意味なので、
全く意味が違ってきます。
細身のことを言いたい時はslimを使います。

パン
bread(ブレッド)

バイキング
buffet(ビュッフェ)

通じないというだけなら、自分が困るだけなのですが、カタカナの中には使って相手を不愉快にさせてしまうものや違う意味にとられてしまうものもあります。そうなると大変!まだまだたくさんあるようなので覚えておいた方がよさそうです。
参考URL:和製英語・カタカナ英語を正しい英語に直す翻訳辞典