カード社会アメリカ・日本とはまったく異なる仕組みを知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードは信用の証

日本国内で買物をする際、あなたは現金派ですか?それともクレジットカード派?アメリカでは、数ドルの買物であってもカードでの支払いが主流です。それと言うのもカードでの支払い&返済によって「社会的信用の証」をコツコツと積み重ねているから。
アメリカで生活するには、このクレジットカード支払い実績=クレジットヒストリー&クレジットスコアがモノを言います。日本とは少し異なるカード事情、早速ご紹介いたしましょう。

生活全般に影響するクレジットヒストリー&スコア

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/05/10/21/28/accounting-761599_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/05/10/21/28/accounting-761599_640.jpg

まず最初に、クレジットヒストリーとはクレジットカードを使用し支払いを行った履歴のこと。期限内に問題なく支払っているのか、遅延したことはないのか、どれだけの金額を使用しているのか、どのような使い方をしているのか等すべての情報がここにあります。そしてそれに基づき格付けされる、いわゆる信用偏差値がクレジットスコア。高いスコアを持っている=社会的に迷惑をかけることなく、確実に支払うだけの経済力および能力があるということです。

アメリカでは車や家の購入、賃貸契約、融資やローンの申し込み、はたまた携帯電話の新規契約時にまでこのクレジットカードヒストリーおよびスコアの提示が求められます。クレジットカード自体を持っていない場合門前払いとなることも少なくありません。また仮にカードを持っていてもスコアが低ければ金利が高くなる、融資額が低くなる、余分にデポジットを支払わなければならないということが起こります。

そこで人々がするべきことはただひとつ。少額であってもすべてカードで支払い、期限内に返済し、少しでも自分のスコアを挙げるのみ。より良い恩恵を受けるためには実績を作る必要があるのです。

日本人はアメリカでクレジットカードを作れるの?

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/04/17/08/11/dollar-726882_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/04/17/08/11/dollar-726882_640.jpg

いくら億万長者であっても、渡米後すぐにクレジットカードを作ることはできません。不思議に思われるかもしれませんが、クレジットカードを作るためにクレジットヒストリー&スコアが必要だからです。

本来のクレジットカードを手に入れるためには、アメリカの銀行に口座を開設する→セキュアカードと呼ばれるカードを作る→セキュアカードでの実績を作る→スコアが基準点に達したところでクレジットカード発行申請→審査という流れが必要不可欠となってきます。補足ですが、日本国内発行のクレジットカードをアメリカで使用しても、クレジットヒストリー&スコアにはまったく加算されません。

日本発行のクレジットカードをアメリカで使用したい

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/07/24/16/55/credit-card-401076_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/07/24/16/55/credit-card-401076_640.jpg

カード会社の種類、またエリアやお店の種類によって時に使用できないこともありますが、ビザ(VISA)やマスター(Master)カードであればアメリカ国内でも問題なく使用できることでしょう。使用時にまれに身分証明書の提示を求められることもありますので、使用する予定がある時には携帯するようにしておきましょう。

またレジでの支払いの際、「円決済とドル決済、どちらにしますか?」と尋ねられるケースがあります。何のことだかよくわからず適当に選んでしまう方がいるかもしれませんが、お得なのはドル決済。円決済の場合、店が定める両替手数料が上乗せされて請求されます。

最後に

アメリカで新たに生活を始める方には、今後避けては通れないクレジットカード。安易に新規カード発行申請を行い拒絶された場合、その過程さえもがヒストリーとして残りますのでくれぐれも慎重に事を進めてください。

また海外でクレジットカードを使用する方は、不測の事態に備えてお持ちのクレジットカードの緊急連絡先を控えとして持参すること、請求書が手元に届くまでレシートを残しておくことを徹底してくださいね。