もう迷わない!アメリカのサイズ表記をマスターしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界共通ではないサイズ表記

洋服、靴、指輪のサイズ。アメリカと日本とではそれぞれのサイズ表記が異なることを皆さんご存知でしょうか?アメリカのサイズ表記として日本で比較的浸透しているのは、ジーンズのサイズを表す「インチ」ですが、それ以外は気にしたことがないという方もいらっしゃるかもしれませんね。今回ご紹介するのは、ショッピングで役に立つアメリカのサイズ表記。海外旅行だけではなく、日本でアメリカ発祥ブランドでの買物の際にも役に立つこと間違いなしですよ。

アメリカサイズ表記・大人編

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/08/26/21/49/shirts-428627_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/08/26/21/49/shirts-428627_640.jpg

紳士服、婦人服ともに、日本のサイズ表記とは異なります。共通して言えることは、アメリカの長さの単位がインチだということ。ちなみに1インチ=2.5センチメートルです。

紳士服

・ジャケットやシャツの場合
首周り、胸囲、胴回り、裄丈に記載されている数字はすべてインチ表示。またS.M.L表示の場合、アメリカのMサイズが日本のSサイズ同等というようにひとつ下のサイズが同等ということもあります。

・ズボンの場合
ジーンズのサイズでお馴染みのインチですね。これは、胴回りのサイズを表しています。

・靴の場合
サイズの企画単位はインチ、基本的には0.5インチ刻み対応です。靴に関しては、デザインや種類によってフィット感にかなりの差がでますのでご注意くださいね。

婦人服

・ワンピースやスーツの場合
日本でお馴染み、奇数で表す「○号」表示は、実際の洋服の寸法を表すものではありません。これと同じ考え方でアメリカでは偶数が使用されています。例えば5号サイズの日本女性の場合、アメリカではサイズ2となるのですが、この表示に関しては換算方法がありません。試着して実際に把握するというのが一番確実ですね。

・靴の場合
男性と同じくインチ表記です。ただし紳士靴と同じく、素材やデザインだけではなくメーカーによってもサイズが異なるのが厄介なところ。また日本では24cmの靴と言えば紳士、婦人を問わず24cmとの表示になりますが、アメリカではこの大きさに相当するサイズ表記は紳士がサイズ6、婦人がサイズ7となります。お店によってはスケールが置いてありますので、目安のサイズを確かめてみましょう。サイズ表記はあくまでも参考程度にしてやはり試着することをお勧めします。

アメリカサイズ表記・子供編

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/09/26/09/33/girls-462072_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/09/26/09/33/girls-462072_640.jpg

お土産にも人気のベビー、子供服。日本では身長に基づくサイズ表記が多いですが、アメリカの子供服のサイズ表記は月齢・年齢表示されているものがほとんどです。ちなみにベビー服の表示にある3Mとは3Month、3ヶ月用ということ。これが3TとなっていればToddler(幼児)、つまり3歳用です。

アメリカサイズ表記・指輪編

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/01/31/12/11/ring-618439_640.jpg

http://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/01/31/12/11/ring-618439_640.jpg

日本人に人気の海外旅行先、ハワイ。旅先で思い出に残るハワイアンジュエリーを買い求める方も多いですよね。この指輪のサイズというのも日本とアメリカではサイズ表記が異なるのです。

簡単な覚え方は、日本サイズはアメリカサイズの約2倍ということ。つまり日本で7号の方はアメリカでサイズ4、日本の9号の場合アメリカではサイズ5となります。

実際にご自分のものを購入する場合、リングサイザーで採寸し試着しますので特に問題は起こりませんが、これがお土産となると話は別。奥様や彼女にロマンティックなプレゼントを購入したあとに「サイズが全然違うじゃないの!」なんてことにならないようにご注意くださいね。

最後に

一度アメリカサイズ表記の商品を購入すると次回からの目安となるのですが、初回はやはり戸惑うもの。自分のサイズがあやふやな場合はCould you measure me, please?(サイズを測ってもらえますか?)とお店の方にお願いしましょう。また試着したい時にはCan I try it on?の一言を忘れずに。どんどんと試着をして、素敵なアイテムを手に入れてくださいね!