日本のアニメはどうしてクールなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のアニメ文化と海外のアニメ文化の違いについて

「anime」(アニメ)と「animation」(アニメーション)
いま世界では、多くの人が「anime」(アニメ) という和製英語を理解しています。 もともと「anime」(アニメ)は「animation」(アニメーション)を略した言葉でしたが、世界で使われる 「anime」(アニメ) は「animation」(アニメーション)とは別のものになってきています。

日本のアニメと世界のアニメの違いには、「manga」(マンガ)の存在があります。世界中で愛されている「ドラゴンボール」や「ONE PIECE」、「NARUTO」も、少年漫画からアニメ化されました。もともと読み物として描かれたものなので、アニメーションとは区別されています。

https://www.flickr.com/photos/br1dotcom/5360275580/

https://www.flickr.com/photos/br1dotcom/5360275580/

日本アニメの背景

日本のアニメの多くは、ディズニーやスタジオジブリの作品のように大きな予算を費やすことは出来ませんでした。「anime」(アニメ)が作られるようになった頃、予算は非常に限られており、いかに人間の動きにリアルに近づけるか演出や撮影方法を工夫することで、カバーしていくことが出来ました。こうした努力が日本「anime」(アニメ)の魅力でもある、先の読めないストーリーやキャラクター設定の深さに反映されてきたのかも知れません。そして海外から愛される日本アニメをほかにはない独特のものとして確率させ続けることが出来ているのでしょう。

https://www.flickr.com/photos/84906483@N08/8497395824/

https://www.flickr.com/photos/84906483@N08/8497395824/

アニメは子供だけのもの?

日本でアニメは、子供だけではなく大人も楽しむものという認識がありますが、海外では、アニメは子供が観るものという認識がありました。しかし、現在では多くの国で子供だけでなく大人が日本アニメを楽しんでいます。日本のアニメにはストーリー性も強く求められ、多くの人から好まれるキャラクターが多く存在します。西洋のアニメーションで子供向け以外のものはコメディタッチのものが多いです。また、日本アニメは青年向けマンガから発展したアニメなので大人が楽しめるのにも納得が出来ます。

https://www.flickr.com/photos/126166973@N07/14607863596/

https://www.flickr.com/photos/126166973@N07/14607863596/

日本と海外のアニメは何が違う?

アニメの種類にもよりますが、日本のアニメは女性のキャラクターは目が大きく、可愛らしい印象があるとよく言われます。またアメリカのヒーローもののアニメでは子供が憧れる完璧なキャラクターが愛されていますが、日本では、愛嬌があり、感情移入しやすい人間味のあるキャラクターが主人公であることが多いです。スタジオジブリ作品のように、美しい描写と細かな描写で高い芸術性を持っているのも日本アニメの大きな特徴と言えるでしょう。

https://www.flickr.com/photos/seafaringwoman/7717864496/

https://www.flickr.com/photos/seafaringwoman/7717864496/

英語を勉強したい人にオススメの海外アニメ

実は、英語を勉強したい大人に海外アニメがオススメなんです!
「Spongebob」(スポンジボブ)、「Simpsons」(シンプソンズ)、「South Park」(サウスパーク)、「Family Guy」(ファミリーガイ)などは海外でも有名なアニメです。子供向けとはいえ、英語初心者には有用です。アメリカで使われるジョークなども含まれるので、リアルな英話を学ぶことが出来ます。だいぶ聞き取れるようになったら、シャドーイングをすることでより英語を自分のものに出来ますよ。

https://www.flickr.com/photos/tedits/5255592460/

https://www.flickr.com/photos/tedits/5255592460/

おわりに

いかがでしたか?日本のアニメが入った時代の違いから国や地域によって違いはありますが、世界のある年齢層以下の人たちの多くが日本のアニメを見て育っています。アニメーションは子供が見るものという常識を根底から変えた日本のアニメはこれからも世界で愛されていくでしょう。