Work とJobってどう違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

間違いやすい2つの単語の使い方

日本語ではWorkとJobはどちらも「仕事」と訳すことができます。しかし、実際にはWorkとJob とでは意味と使い方が異なります。What’s your job? はよく使われますが、What’s your work? とは普通言いません。では、いったいどのように違うのでしょうか。それぞれの違いを見ていきましょう。

文法的なWorkとJobの違い

まず、文法的な違いから見ていきましょう。
Job は名詞だけで数えられる名詞です。一方、 Work は動詞としても名詞としても使われ、「仕事」 と言う意味で使われる時は数えられない名詞です。ここを間違えないようにしましょう。

名詞で考えると、Workは一般的な仕事、Jobは具体的なポジションなどを指します。

意味的にはどう違うの?

Work は働くという activity(労働)や働く場所のことを指しています。
Job はひとつひとつの作業・業務内容やポジションなどを指しており、教師、医者、税理士のように職業や職種を特定することが出来ます。

したがって、What’s your job?(どのような仕事をしていますか?)と聞きたい場合には、Job を使います。(しかし、このWhat’s your Job?という表現は、シーンによっては失礼になることもあるので、相手のことをよく知らない場合はWhat do you do?を使いましょう。)

そして、どこの場所で働いているのか?、どこの会社で働いているのか?を聞きたいときにはWorkを使います。

Work > Job -Workの方がより広い意味での「仕事」

それぞれのニュアンスとしては、
Jobは収入を得るための「職」、具体的な仕事を指し、
Work はお金を稼ぐ稼がないを問わない、「働く」という行動を表します。「何かする」という意味の「仕事」や「活動」に近く、かなり広い意味があります。

また、Workは機械や家電の稼働状況を表す時にも使うことが出来ます。

【例】
The iPod works fine. (このiPodはちゃんと動きます。)

This car isn’t work! (車が動かない!)

仕事の内容について話す時は通常 Job を使います。
その他にも 「仕事を探している」 のであれば、ポジションを探しているので、

I’m looking for work ではなく、I’m looking for a job のように Job を使います。

WorkとJobを実際に使ってみよう

・I’m between jobs at the moment.(私は現在、失業中です。)

・I am looking for a job. (私は仕事を探しています。)

・I have found a new job. (私は新しい仕事を見つけました。)

・My job is a chef. (私はコックです)

・I’m going to work. (私は仕事へ行くところです)

・I have a lot of work to do today. (今日はたくさん仕事があります。)

また、同じような場面で以下のように使われることがあります。

・You did a good job! (よくやった!)

・Good work! (よくやった!)

意味はほぼ同じですが、「Good job」は結果が良かった場合に使い、「Good work」は結果に関わらず、頑張ったことに対して使われることが多いです。

まとめ

いかがでしょうか。WorkとJobのニュアンスの違いはつかめましたか?
これらをふまえて、洋楽や洋画で「Work」「Job」が使われている表現を注意してみてみると違いがだんだんと分かってくると思います。是非、「Work」「Job」が使われるシーンを気にかけてみてくださいね。