End upを使いこなしてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

「~するハメになる」というように、悪い意味で使うことが多いEnd up。「最終的にこうなる」というイメージを持っていれば文脈に合わせて良いイメージの意味でも使うことができます。ネイティブの英会話では好んで使われるフレーズですので是非覚えて活用しましょう。

End upってどういう意味?

まずは、基本的な意味から見ていきましょう。

“end up”という表現は、

“end up doing”で、「ついには~することになる」

“end up in ~”で、「最後には~に入ることになる、~に落ち着く」

“end up with ~”で、「~で終わる」

“end up as ~”で、「最後には~になる」

ということが出来ます。

主に最終的な、目的地、場所、運命、状況などがその後に続きます。

動名詞の場合はend up ~ing、直接名詞が来る場合はend up in 名詞の形になります。

End up+過去分詞という表現も出来ます。

End upという単語のイメージ

「End」の意味はよく知られている通り、「終わる」という意味です。この「End」に「up」がついて「最終的には~することになる」という意味になり、「予期していなかったけれど、こういう結果になった」というイメージになります。

【例】

・If you continue driving like that, you’ll end up dead.(もし、あなたがそんな運転をし続けるなら最後には死ぬだろう)

・We always end up repeating the same mistake.(私たちはいつも同じ間違いを繰り返してしまう)

・I end up thinking of you.(私はあなたのことを考えてしまう)

どんなときによく使われる?

結局そういうハメになると言った、いい結果を予想しないとき、それを警告するときなどに使われます。

【言い回しの例】

・end up all alone (一人で障害を終える)

・end up as a loser (敗者で終わる)

・end up being poor (最後には貧乏になる)

・end up doing everything (結局は何もかもやるハメになる)

・end up failing (不成功に終わる、思わしくない結果になる)

・end up in the air (中途半端に終わる)

ほかにも様々な言い回しがあるので、使えそうな言い回しを覚えておくと便利です。

End upは悪い意味だけじゃない

普段は悪い意味でばかり使われがちなEnd upですが、良い意味の例も見てみましょう。予期していなかったけれどいい結果になったというイメージです。End upの後に続く動名詞、名詞をポジティブな単語に置き換えるだけで表現できます。

I ended up with the top prize.(一位の賞をもらいました)

I ended up in first class.(ファーストクラスになりました)

良いことがあったときに頻繁に使えそうですね。

また、疑問文ではこういった使い方ができます。

Where did you end up going last night?(結局昨日はどこへ行ったの?)

What did you end up eating at lunch?(結局お昼ご飯に何を食べたの?)

Who did you end up going to the party with? (結局誰とそのパーティーに行ったの?)

まとめ

いかがでしたか?悪いイメージの多いEnd upですが、イメージを掴むと使い回しやすいフレーズです。「Finally」を普段使っていた人、代わりに「End up」で置き換えてみることも出来そうですね。ぜひ、覚えて会話のボキャブラリーを増やしましょう。