IT 用語から来た現代語・スラング

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットが日常になった現代では、様々なテクノロジー用語が日常で使われます。日本語でも調べることを「ググる」なんて言ったりしますよね。英語も状況は似ています。どの位あるのか少し見てみましょう!

With the internet being such a big part of this generation, tech terms are becoming more common. Even in Japanese, we use them. Let’s take a look at the English terms!


thumb

英語という言語は何世紀もの時を経て今に至ります。全ての言語に共通して言えることは、時間が経てば経つほど使い方が変わったり、広まっていきます。私たちの日常生活で使う言葉は、出来事やテクノロジーによって影響しています。新しい言葉が発展したり、古い言葉が廃れたり。若い世代が新しいスラングを作ることで毎年新しい言葉が辞書に載りますよね。テクノロジーの進化と、コßンピューターの使用率があがることで、IT関係にまつわる言葉が私たちの日常会話でも使われるようになりました。それは、携帯であったり私たちの口から発せられるものであったり様々なところで聞きます。今日は現実とパソコンで行き来するワードの紹介をします。

The English language has been around for centuries. Like all languages it changes and grows with the times. Human events and technology influence our daily word usage. New words develop and old words become obsolete, young people create new slang and more and more words are added into the dictionary every year. With the boom of technology and widespread usage of computers more tech-related terms have leaked into our every day conversations…sometimes solely on a communications device or from our own mouths. Let’s take a look at some of the words we use today that dance the line between the real world and the wired.

BRB

すぐに戻る:もとは、友達・同僚がコンピューターを通してチャットをしているときに、席を少しの間離れないといけないときに使われていました。今は、常にデジタルデバイスを身につけているので、話せなくなるときが少ないですが、もし会話の途中で一時的にどこかに行かないといけないときにこれを使えば、失礼のないように会話をいったん止めることができます。私はこれを実際に友達と話しているときでも使ったことがあります。何度かくすっ、と笑われたりしますがそれは仲のいい友達だから別にいいんです。「みんなBRB。ちょっと外に行って休憩してくる」

Be Right Back: Originally used by people who were chatting with their friends/coworkers on their computer and needed to leave the computer for a moment. Nowadays people are constantly connected so you usually don’t have to step away from your mobile device, but if you’re in the middle of a conversation and want to politely put it on hold to do something else…typing “BRB” is a perfectly acceptable exit. I’ve also used this with friends while out and about in the real world. It gets a chuckle or two…usually from fellow nerds. :3 “BRB guys. I need to get some air.”

phone-610148_1280

Lag

この表現の仕方は、会話のペースについていけなくなったり、オンライン上で話しているときに追いつかないときに使うものです。実際の意味は、のろのろ歩くという意味です。情報に追いつくのに困っているときに使います。例えば、メトロの電車に乗っているときに、電波が届かないから友達の会話と追いつかないときにだって使えるフレーズ。友人が最近別れてしまった話に対してスマイルの顔文字で返してしまって、本当は前に述べていたメッセージに返すつもりだったのに、、、「本当に違うの!これはLagだったの!」と言えます。

Is the failure to keep up the pace, or in the online world…the delay of information being processed. Of course this is useful when explaining to your friend that you’re on metro and your signal keeps cutting out…and it was the lag that caused you to respond to their recent breakup with a smiley face that was meant for their previous message.
I swear it was the lag!”

pwned

2000年あたりにオンライン上で使われていたフレーズ。これはなにかにやられた、完敗した、もしくは勝った、という意味にあたります。PとOのキーボードがとなり合わせになっているからよく起きていた打ち間違いからできたとされています。この間違いがしばらく使われるようになり、オンラインにいる友人などに自分の強さや支配力を示すために使われるようになりました。オンラインゲームで遊んでいるときに、相手よりも良いスコアを出したり、相手に勝ったりしたら、「Pwnedされたな!!」と相手に言えます。このぐさっと刺さるような遊び心のある言い方は、相手の友達がより上手くなるようにモチベーションを上げることになるか、顔を殴りたくなるかのどっちかですね!どちらにせよ、相手に自分がナンバーワンなんだっ!っ示すにはいい言葉ですよ!

Is a term that was used online in the early 2000s when something or something was “owned” or conquered. Pwned = Owned…it’s just that P and O keys are adjacent to each other and would cause a common typo. The typo stuck and people playfully used it to express dominance over their friends and fellow online users. If you are playing an online game and you gain the upper hand you can easily say, “YOU JUST GOT PWNED.” This sort of playful jab will force your friend to either try harder to beat your or punch you in the face. Either way, it’s a good way to let them know you’re number one.

cached out (pronounced cashed)(発音:キャッシュ)

疲れたもしくは、へとへとという意味。コンピューター上で使うCacheの意味は、一時的に情報をどこかに簡単に素早くアクセスできるように隠すということです。(Cacheは隠し場という意味)Cached outという意味は、情報を保持する容量がないということ。
「今夜、一緒に遊びたいんだけど、疲れているんだよね。」もしくは「遊ぶ時間や体力がないんだよね」

To be wiped out or tired.
In computing terms cache is a place to keep information temporarily so it is quickly and easily accessible. When you are cached out you have no more space for that information.
“Hey, I’d love to hang out tonight but I’m cached out.”

finger-769300_1280

eye candy

元は、特に機能するためのものに使うのではなく、ビジュアルが良いウェブサイトや画像を見るときに使うフレーズ。今では、何か可愛いものや、きれいなものを見たときに何にでも使えるもの。
「彼、すごくかっこいいよね。でも、ファンの女の子にとってはただビジュアルがいいだけだよね」

Originally used for visually pleasing designed sites or images that didn’t necessarily have a function. Now can be used for anything that is visually pleasing.
He’s hot, but he’s just eye candy for the fan girls.”

meatspace

今では現実世界を表す言葉で、反意語は「サイバースペース」。
パソコンで仕事をたくさんする人や遊ぶ人が、ちょっとおもしろおかしく使う言葉でもあります。仕事の関係で長い間オンライン上にいたり、WoW(World of Warcraft)の中でギルドをたくさん襲撃しててシャワーに入るのが先延ばしになってしまって席を外さないといけない時に使える奇妙な言い方として使われたりします。
「みんな、またあとでね。ちょっと現実世界に一回戻ってくる」
[World of Warcraft-大規模なマルチオンラインRPGゲーム] とても人気の高いゲーム。シャワーをすることすら忘れてしまうくらいかなり熱中してしまうものらしい。

A term now used to refer to the real world as opposed to “cyberspace”
For people who spend a lot of time online for work or play it is a quirky way to say to you have to leave to take that shower you’ve been procrastinating in order to raid a bunch of guilds on WoW.
Later guys, gotta log back into the meatspace.”
[[World of Warcraft – A massive multiplayer role- playing game. It’s incredibly popular. Players have been known to become addicted and not shower for days in order to keep playing.]]

n00b

新人が「専門的に話す」ということ。もとは、オンラインのコミュニティに新しい人たちが入ってきたときに使うようになった。でも、現在では、なにか新しい団体や、グループなどに加入した人のことを言う。
「専門的に話す」:またの名をLeet, l33t, 1337などに変換することもできる。誰かがハイレベルなゲーム技を持っていたり、ハッカーである人たちのことを言う。つまり、これらのレベルの人たちが話す内容なので専門的な言葉が飛び交うわけです。

elite speak” for newbie…originally used to describe someone who is new to the online community, but has now spread to describing anyone new to any sort of community, group, or activity.
Sorry I’m still a n00b. You’ll probably have to explain this to me again.”
[[elite speak – aka leet,l33t,1337 is an alternative alphabet for the English language as well as a term used to describe someone who is a high level gamer or hacker. So elite speak would be jargon used by someone of this level.]]

downtime

コンピューターが上手く起動しない、または回線が混んでいるときに使う。人に対しても使える。
「次のミーティングの前は忙しくないから、キャンディークラッシュでもして遊ぼうかな」

When a computer is not working or busy…can also be applied to people.
I have some downtime before my next meeting. I think I’ll play some Candycrush.”

de-frag

情報やファイルの整理をするということ。それは、関係性のあるものをまとめて、次にコンピューターにアクセスするときに素早く効率的にそれらの情報にたどり着けるようにしたもの。現実世界で使うならば、「ちょっと考えたいことがあるから考えをまとめさせて」とか「頭の中を整理したい」とかで使えます。
「すごくストレスがたまっている。今週たくさんいろいろなことが起きたんだよね。気持ちの整理をするために数日ほしい」

Sorting information/files that are related to each other essentially so the computer can access them quicker and more efficiently. When used in reference to the real world, it would be like saying you need to “Sort your thoughts” or “Clear your head.”
I’ve been really stressed. So much has happened this week…I need a few days to de-frag.”

website-647013_1280

Suckage

情報やファイルの整理をするということ。それは、関係性のあるものをまとめて、次にコンピューターにアクセスするときに素早く効率的にそれらの情報にたどり着けるようにしたもの。現実世界で使うならば、「ちょっと考えたいことがあるから考えをまとめさせて」とか「頭の中を整理したい」とかで使えます。
「すごくストレスがたまっている。今週たくさんいろいろなことが起きたんだよね。気持ちの整理をするために数日ほしい」

The term Suck means to be bad at a particular thing or to have poor quality.
I suck at waiting.”
“This weather sucks.”

Suckage (-age) takes everything that sucks and turns it into a noun.
There are so many things I hate about this class. Major suckage!”

記事から、公開フォーラム、Facebookやツイートまで、これらのフレーズさまざまなオンラインサービスで使われるものです。これらを聞いたことはありますか?あなたがおもしろいと思うオンラインで使うフレーズはなんでしょうか?コメントで教えてください!また、読んでくれてありがとう!
またあとでね!

From articles to forums, Facebook feeds and tweets, these terms are quite common online. Have you heard or seen any of them before? What are some net terms that you think are interesting? Let us know in the comments below! And as always, thanks for reading/listn-ing ;D.

TTYL! Talk to You Later!

Kris